AI婚活が婚活を変える未来が近い!!

昨今、「AI」(エーアイ)の技術が発展していますよね。これまで人が行っていたものをコンピューターが代行することで、人にはできない効果、結果をもたらすことができるようになりました。

婚活は人と人との縁ですが、その仲介を仲人さんではなくAIが行います。
これは果たしてうまくいくものなのでしょうか?

そもそもAI(エーアイ)って何?

みなさんの中には「AIってなんのこっちゃ?」という人もいるかもしれませんので、まず解説したいと思います。

「AI」は「人工知能」です。
人間の思考をコンピューター上で実現するもので、コンピューター技術の進歩とともにAIもより人間の知能に近いように改善されてきました。

機能がいい家庭用電気機械器具の制御システムや、ゲームソフトの思考ルーティンなどに応用されることが多いです。2006年の「ディープラーニング(深層学習)」の登場や2010年以降のMAZEデータの登場などによって、より身近なものになりました。

と書いていてもよくわからないと思いますので、ゲームで例えたいと思います。

ドラクエとAI

ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズでは『ドラクエⅣ』より戦闘シーンにAIが導入されました。
主人公(たいてい勇者)は自分で戦闘時の行動を入力しますが、他の仲間はAIによって勝手に行動をします。今は仲間も選択すれば自分でコマンドを入力できますが、ファミコン板の『ドラクエⅣ』当時は勇者以外の仲間は完全AIで戦闘していました。

ドラクエに詳しくない人もいるので詳細は省きますが、AIによって徐々にコンピュータ(要は仲間)も学習し、適時適切なタイミングでホイミ(回復)の呪文を使ったり、スクルト(守備力アップ)の呪文を使ったり、アイテムとして「やくそう」を持ってる場合はそれを使ったり、

  • 戦闘時のステータス
  • 戦闘時の「めいれい」

の違いを学びながら、その時に最も効果的な行動を選択するように徐々に鍛えられて行きました。

最初はやられそうになったときに回復していたのが、そうなる前に余裕がある時点で回復するなど、赤ちゃんの知能が徐々に鍛えられていくようです。

とはいえ当時(1980年代後半)の技術ではAIに限界があります。いくら戦闘シーンを体験しても、ボスキャラにザラキ(一撃死の呪文)をかけ続けるクリフト(登場キャラ)など今でもネタにされるのですが、当時はこれが最先端だったのです。

今のドラクエはそういうことはなくなり、戦闘シーンでもしっかりと判断されたAIによって適切な行動が選択されています。

ボードゲーム(囲碁、将棋等)とAI

最近の将棋ブームの加熱はすさまじいものがあります。でも、少し前「カンニング疑惑」がありましたよね。
そう、コンピューターのAIの方が人間の頭よりも強い時代が来ているのです。(疑惑は隠れてスマホからAIによる最善手を見たのでは?とうものでしたよね。冤罪でしたが)

AIの発展によって、人間の頭以上に働くようになり、人間対AIでは人間が勝てなくなってきています。囲碁や将棋の棋士の人は、その類まれな頭脳で何億通りもの手を考えるのですが、AIがそれを上回るパフォーマンスを発揮するようになってしまいました。

ボードゲームによってAIが勝てる難易度(=人間が強いゲーム)は違っていてAIが勝てる順に

  1. オセロ:単純な二人零和有限確定完全情報ゲーム
  2. チェス:駒によって動きが複雑
  3. 将棋:チェス+とった駒の再利用、駒が「成る」(と金など)による複雑性
  4. 囲碁:広大な盤面による合法手の多さと、説明の難しい石の強弱、死活

だと言われていました。
最後の砦である囲碁も最近トップ棋士がAIに負けるなどして陥落してしまいました。

今度はボードゲームからさらに発展して「人狼」をAIがやるプロジェクトがあります。
どんどん複雑で人間の頭でしかできないと思われていた分野に、AI(人工知能)が食い込んできているのがわかりますね。

VRとAI

AIと相性がよいのはVR(ヴァーチャルリアリティー)でしょう。
仮想現実空間の登場人物に高性能AIが搭載されれば、二次元恋人も二次元家族も可能になります。もう、実際の世界に戻って来られないかもしれませんよね。
VRと婚活については以下の記事も合わせて見てみてください。
婚活VRとARで婚活市場の広がりを予測!完全ガイド

人間ではない存在が人間以上の知能を持つ、近未来のSF世界に現実は突入しているのかもしれません。

婚活とAI

既存の婚活でAIを利用しているところはあるの?


データマッチング(大手結婚情報サービスや一部婚活サイトに実装されている機能)はAIと混同されがちですが、AIではありません。
それぞれのステータスをもとに人工知能を使わずに、文字通り「機械的に」マッチングさせるだけです。
仲人のように人の思考や配慮が入る余地はなく、データが合わない部分は自動的に排除されます。

ただ、最近はAIを婚活に導入したいというところも出て来ていますよ。


IBJとAI

【ロボット×AI】会話ロボットが婚活パーティーを明るくリード!IBJがヘッドウォータースと共同で婚活サービスに人工知能を導入

大手仲人型結婚相談所を運営するIBJでは、人工知能を搭載したロボット「sota(ソータ)」を、IBJが運営する婚活パーティー「PARTY☆PARTY」に導入し、婚活パーティーの受付案内パーティー説明といった、ルーティン業務を担当してもらうそうです。

  • 顔認証による受付→席案内
  • パーティーの流れ説明
  • 席替えの案内
  • 待ち時間中に参加者と会話
  • 複数人パーティーの賑やかし

を想定しているとのことで、AIが実際のカップリングに関わることはなくマスコット的役割に終始するようですが、もっとAIが発展すれば、AI搭載のロボットが特定の男女をくっつけるべく動く、という展開もあるかもしれません。

PairsとAI

婚活アプリ国内最大手のPairsでは、2014年からAIを婚活アプリに取り入れるべく研究を行っています。
縮む日本の先に:AIと生きる/8 婚活サイトで相性算出 スマホ検索、意外な出会い – 毎日新聞

条件検索にて「いいね!」というベーシックな使い方ではAIが入る余地はなさそうなんですが、実はお互いに「いいね!」をし合ったケースと、そうではなくお断りになったケースについて、AIに会員それぞれの年齢や居住地、趣味、サービスをよく使う時間帯など数十項目にわたる情報インプットさせます。

それをもとに「相性度」というものを算出し表示できる機能が搭載されました。
相性度90%以上は本当に相性がいいのですが、そうなるのは全体の3%くらいだそうです。

PairsのHPには
「Pairs独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度です。
相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されています。
※相性はマッチングを保証するものではありません。おすすめの目安として参考になさってください。」
相性について | pairs help
という記載があります。
この場合の「アルゴリズム」がAIということのようです。

この他にもAIを売りにする婚活サイト、婚活アプリはいくつかあります。
AIという言葉自体トレンドワードですから、どこまで性能がいいのかどうかは別にして、今後もAI搭載の婚活サイト、婚活アプリは増えていくかもしれません。

婚活、恋活のメリットデメリット

婚活や恋活でAIを活用するメリット、デメリットを考えてみました。

メリット

自分が気付かないことを指摘してくれる

Pairsの相性度も自分では「なぜこんなに高いのかわからないケース」があるようです。機械的マッチングや自分の検索ではわからない潜在的な相性をAIによって発見することができれば婚活は大きく進展するでしょう。

情に流されないアドバイスができる

人間の仲人ではどうしても情の要素が発生します。
感情がある人間なのだから当然ではありますが、時には厳しく現実を伝えることも必要です。AIならば人間ではないのですから、その人にとって必要な、かなり厳しい指摘もできます。心を鬼にしたくない場合、AIや役に立ちます。

安価でできる

結婚相談所の仲人のアドバイスは有効ですが、それだけ人件費が発生しますよね。でも、AIならば働かせ放題。労働者でも何でもない人口のものですから、結婚相談所だけではなく婚活サイトなどでも利用すれば、安価に的確なアドバイスを受けることができます。

将来的には人間に取って代わるのではないか?人間が職を失うと危惧されているAIですが、婚活、恋活のアドバイスに絞れば、仲人、カウンセラー不足解消に役立ちそうです。


デメリット

人間ほどアドバイスが的確ではないのでは?

囲碁や将棋でAIがかなり強くなっているのは前述のとおりです。しかし、これらは限られたボード(盤)の上で決まったルールに基づいて行われるゲームです。
しかし、婚活や恋活は決まったルールがあるわけではなく(結婚相談所の決まりは置いておいて)、恋の駆け引きをアルゴリズムに落とし込むことは至難の業です。

やはり、経験と勘に裏打ちされた仲人のおばちゃんのアドバイスにかなうものはないと思う人もいるでしょうね。
外見、性格、諸条件すべてをAIが総合的に判断できる日は来るのでしょうか?

対コンピューターではやる気が出ない

アドバイスや個別の紹介はやはり人間の手によってされたいという人も絶対います。
どこかの事務仕事ならばAIやAI搭載ロボットでもいいかもしれませんが、結婚という自分の一生を左右するものについては、ちゃんと血の通った人間から受けたいというのも本音でしょう。

「お前に何がわかる!」と激怒しがちな婚活ですが、言われる相手が人間ではなくコンピューターならなおさらムカついてしまいますよね。

このように、現状でもAIを婚活や恋活に応用するのは色々ありそうです。ただ、本当に性能が良いAIが実装されれば、これまでの婚活とは違った流れが生まれるかもしれません。これまで婚活していてあまりうまくいっていない人は、ルールを変える=変化が生まれるチャンスですので積極的にAI付き婚活を試してみてもいいと思います。

おススメAIマッチングアプリを紹介します

最後に、AIを正面に出した当サイトおススメのマッチングアプリを紹介します。
マッチングアプリですから、婚活はもとより恋活用としても使えるので安心してください。

aite(アイテ)-AI婚活エージェント マッチングアプリ

2018年春リリース予定

iphpne版が先行してリリースされています。以下で概要を説明します。

aiteの概要

自分でプロフィールを入力して自分で検索して探すマッチングサイトではなく、AIの質問にどんどん答えて行くことによって、自分に合った異性が紹介されるという「探さない、待つ婚活恋活」のためのアプリです。

AIによって

  • 数十万人に及ぶリサーチデータを元に性格を分類した相性診断によるぴったりの相手が紹介される
  • 自分のことを教えれば教えるほど自分に合った相手が紹介される
  • 合うかわからない人を条件で絞り込まなくても、AT婚活エージェント(AI)が相性の良い人を紹介してくれる

ということがなされます。

性格タイプに基づいた相性、趣味嗜好、価値観、習慣など300を超える項目をAIが判断して、本当に相性が合うであろう異性を紹介します。

検索はできない、aiteの使い方

aiteには他の婚活サイト、婚活アプリには当たり前にある検索機能が一切ありません。
すべて、AIの質問に答えて、それをもとにAIが最適だと判断した異性を紹介するというシステムになっています。

毎日AIの質問に答えていき、これによってAIがあなたという人を徐々に把握していきます。
毎日異性の紹介があり、その人に「いいね」するかどうかを決めます。
お互いに「いいね」をすればマッチング成立で、以後、専用のシステムを通してやり取りをして実際に会うことになります。

安心のFacebook連動型

aiteの登録に際してはFacebookのアカウントが必要になります。

Facebook連動型の婚活アプリのメリットは別記事にも書いてますが

  • Facebookは実名登録なので本人である可能性が高く、サクラの可能性が低い
  • リアルに友人が多いまともな人
  • ステータスで「既婚」や「交際中」になっている人は登録できない
  • Facebookの友人は紹介されないし使っていることもバレない

というメリットがあります。aiteもそのメリットそのまま享受できるということです。

>>婚活アプリおすすめランキング※facebookアプリや独自SNS

価格が安い

aiteは男女とも有料のアプリです。
マッチングまでは無料でできますが、マッチング後メッセージのやり取りの際に有料会員になる必要があるので、お試しは無料でやってみていい人とマッチングしたら有料会員に切り替える、でいいです。

会費

プラン 男性 女性
12ヶ月プラン 1,900円/月
一括払:22,800円
950円/月
一括払:11,400円
6ヶ月プラン 2,633円/月
一括払:15,800円
1,317円/月
一括払:7,900円
3ヶ月プラン 3,100円/月
一括払:9,300円
1,500円/月
一括払:4,500円
1ヶ月プラン 3,900円/月 1,900円/月

1か月だけなら男性の場合、他の婚活、恋活アプリよりやや割高です。
しかし、女性からも会費を取っていることからして、真剣度が高い人たちの集まりだといえるでしょう。
実際にどういう人がいるのか、検索できないのでわかりませんが、ハイスペが揃いそうなシステムだと思います。

通常、婚活サイト、恋活サイト等では「短期決戦」をおススメしていますが、aiteは時間をかけてAIを賢くさせた方が結果としてうまくいく可能性もあります。
よって、最初から長期コースに登録してどっしり構えて婚活するのもアリです。他の婚活サイトとは戦略が異なることになります。


安心安全のシステム

マッチングサイトですので、当然インターネット異性紹介事業届は提出済みです(【受理番号:30170081000】)。

登録の際には18歳以上の本人であることを写真付きの運転免許証やパスポート等で確認します。
サイト内は24時間体制でパトロールをしていて、違反報告、運営への通報も容易ですので安心してください。

運営は結婚式のプロ!ノウハウがあります!

aiteは、長年結婚式場クチコミサイトを運営している「ウエディングパーク」グループ子会社「株式会社aite」が運営しています。

つまり婚活のゴールである結婚式を扱う会社ですから、婚活に対する思いは本物のはずです。「すべての人に”最愛”の出逢いを」というスローガンも伊達ではないということですね。これは信頼できるでしょう。

待ちの姿勢、でもインプットを忘れずに!

以上、全く新しいAIを利用した婚活恋活アプリ「aite」を紹介しましたが、これまでのアプリと違って、全てをAIに委ねて「探さない、待つ婚活恋活」というのはかなり面白いと思います。

全ての人におススメできるかどうかはわかりませんが、相手を見つける戦略や方法論が全く違うので、これまでうまくいかなかった人でもいい結果が出る可能性があります。AIは時間をかければかけるほどいいアウトプットが出ます。そのためには情報のインプットを常に心がけてください。

この姿勢は単に対AIのことだけではなく、婚活トータルでも前向きに進むいい要素であると思います。

AI婚活で結婚が変わる?探さない、待つ婚活恋活のメリットデメリット まとめ

  • AIは人工知能である
  • AIは日々進化していて今では将棋や囲碁でプロを打ち負かせられるほどになっている
  • AIを婚活に応用する例が増えてきている
  • 単なるマスコットにとどまらず、広く異性紹介のために利用する動きがある
  • AIは感情がないゆえ、婚活で使うにはメリットデメリットがある
  • 複雑な婚活、恋活ゲームを全て把握できるほどまだAIは進化していないかも
  • 安価にアドバイスを受けられる(人間だとお金がかかる)メリットもあり
  • AIを前面に打ち出した「探さない、待つ婚活恋活」アプリ「aite」が登場した
  • aiteはこれまでの婚活アプリ、恋活アプリとは違い時間をかけてAIを鍛えることが不可欠
  • 短期決戦ではなく長い目で婚活をするツールになり得る

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング
婚活walk