相席アプリで恋活♪イヴイヴでドリンク飲んで15分解散の仕組みと口コミ

相席アプリで恋活♪イヴイヴでドリンク飲んで15分解散のメリット

婚活アプリは日々進化しています。今回紹介する「イヴイヴ」もそうした新興アプリの1つですがどのような仕組みなのでしょうか?相席アプリという名前で最近流行りの相席屋を想像してしまうイメージですが少し違います。

 

 

聞くところによると「ドリンク飲んで15分で解散」というシステムがあるようですが・・・。婚活に使えるのかどうかも調べてみたいと思います。

 

\ 無料登録でスタート /

 

■イヴイヴの使い方は2種類

日本初!完全審査の相席アプリ

 

 

「相席屋」「相席バー」など「相席」で男女の出会いを支援するお店が増えているのは皆さんご存知だと思います。今回紹介する「イヴイヴ」は相席店ではなく「相席アプリ」というものになります。具体的にどのような仕組みなのか紹介したいと思います。

 

□通常のマッチングアプリとしても使える

 

「イヴイヴ」はよくあるスマホのマッチングアプリとしても使えます。写真などのプロフィールを登録してあとは検索。うまくマッチングすれば、あとはメッセージのやり取りを専用システムかLINE、携帯メールで行って実際に会う。

 

これについては当サイトでいくつも例を挙げていますので、そちらも合わせてご覧になっていただければと思います。

 

※当サイトで紹介している婚活アプリはコチラ!

婚活アプリおすすめランキング※facebookアプリや独自SNS

 

□15分飲んで解散の即興相席システム

イヴイヴのもう1つの使い方が相席アプリです。実は今はもうないのですが(2017年8月に廃止)、かつては独自の相席システムを持っていました。

 

それは

 

  • ○月○日▽駅で▲時〜△時まで相席しませんか
  • 男女をアプリ内で募集する
  • 相席OKの人が1対1でカップリングする
  • カップリングした人同士がメッセージを取り合って実際に会う
  • 飲食費は相席屋のように男性負担

 

というものでした。ただし場所は渋谷駅周辺など首都圏に限られていたようです。

 

その際に条件があり、それは

  • ドリンク1杯
  • 15分で終了
  • 1つの出会いより多くの出会い
  • 去り際はスマートに
  • 気になった人には後から連絡

 

というものでした。1人の人と長く話すのではなく、短時間に良いイメージだけ与えて「もう1回会ってみたい」と思わせる狙いだったのが洋です。

 

比較できるのが婚活パーティーです。確かに婚活パーティーでは1人の人と話すのは数分ということもありますよね。15分という時間は短くはないと思います。第一印象でまた会いたいという気持ちにさせるのも似ていますよね。ワンドリンクならば(奢るはずの)男性の負担もそこまででもありませんし・・・。

 

ただし現在ではその機能は廃止され、実質通常のマッチングアプリと同様のものになっているところを見ると、条件を守れなくて混乱したケースがいくつかあったのだと思います。

 

要は、会員の善意に任せて「相席屋システムでやってよ」と言っていたのが難しくなってしまったのだと思います

 

代わりに「今すぐ会いたい」というボタンができて、各自で相席するお店を見つけて15分お話しして別れてください、というものになりました。どこまでこの機能が働くのかが、このアプリの鍵だと思います。

 

というわけで今後新しい相席システムができるまでは、今のようにマッチングアプリ機能を使いながら、各自で「相席しませんか」と誘うことになりそうです。「15分、ワンドリンクだけ」というのは意外と効果があるかもしれません。

 

今後、相席システムが改良されてよりいいものが実装される可能性もあります。

 

■イヴイヴの料金設定

マッチングアプリの常で、男性がイヴイヴでメッセージの開封や返信をするには有料会員登録が必要です。その料金は、以下のとおりになります。

 

1ヶ月 4100円
3ヶ月 11800円
6ヶ月 19400円

 

結構高めです。相席システムがあったころはそれに価値を感じる人もいたと思いますが、現在の機能はマッチングアプリですからやはり少々高いと言わざるを得ません。

 

 

■以前は審査制度があった

 

実はイヴイヴにはかつて審査制度がありました。会員になる前に審査があり、それにパスした人しか使えないというものでした。

 

審査する人はすでに審査を通って会員になっている異性です。

 

そして、審査申請して、24時間以内に過半数の異性の「承認」が得られたらOKでイヴイヴで活動を始められます。

 

今はなくなってしまったので深入りはしませんが、これは別のマッチングアプリ「東カレデート」で実装されています。興味がある人はコチラも合わせて読んでいただければと思います。

 

※事前審査制のマッチングアプリはコチラ

東カレデートの審査と口コミ※サービスから使い方ガイド

 

■会員層はどうなの?

 

イヴイヴの会員層ですが

 

男女比(男:女)4:6

 

ボリュームジーンは18〜24歳が一番多いようです。

 

利用者の年齢層として次に多いのが25〜29歳というわけで、婚活アプリというよりも恋活アプリ、マッチングアプリとしての色彩が強そうですね。

 

Pairsやマッチドットコムなど有名婚活アプリのボリュームゾーンは20代半ば〜30代半ばですから、かなり若い人が多いということになります。

 

■イヴイヴの口コミ

・以前は審査制だったので男性の顔面偏差値が高い。そのころの会員さんもまだいるので、そういう人とマッチングできればかなりのイケメンと恋人になれるかも(23歳女性)。

 

・女性に美人が多いのでびっくりした。最初サクラだと思っていたけど他の人の口コミを見るとそうでもないらしい(31歳男性)。

 

・事前審査制をやめてしまったので会員のレベルが明らかに落ちてしまった。これではあまりモチベーションが上がらない(27歳女性)。

 

・相席システムは画期的だと思う。以前あったシステムで実際に会った人が何人もいた(28歳女性)。

 

・15分で帰ろうとしたら「もう帰るんですか?」と女性から言われた。本気でこのシステムを理解している人がどれだけいるのやら(29歳男性※システム廃止前)。

 

・他のマッチングアプリと比較してあっさりしている人が多いような気がする。相席15分というイメージがあるからなのかも(33歳女性)

 

・実際に15分だと物足りない感じ。ルール違反だけど1時間くらいお話ししちゃいました(21歳女性)。

 

■イヴイヴは婚活で使える!?

というわけで、イヴイヴが婚活で使えるかどうかですが、ガチで婚活したいのならば、ペアーズやマッチドットコムを使った方がいいと思います。

 

イヴイヴは会員年齢も若いですし、どこまで結婚を考えている人がいるのかどうか微妙です。恋活用であれば通常のマッチングアプリと変わらないので使っていいと思います。

 

残念なのは相席システムが廃止されてしまったことです。即興で15分でも近くの異性と話すことができれば、通常のマッチングアプリのようにメッセージのやり取りをすっ飛ばして会うことができたので残念です。

 

当然ですが実際に会えば、真剣さや人柄、本気度なども伝わりますから、婚活用に考えていた人もこのアプリで十分相手を見つけられたと思います。

 

その意味では相席システムがなくなったことは残念です。「今すぐ会いたい」で実際に会えるのかどうかがポイントで、それができる人なら結婚相手を見つけるところまで持ち込むことも可能かもしれません。

 

逆に、そういうコミュニケーション能力に不安がある人は、通常の婚活サイトや他の婚活(結婚相談所、婚活パーティー)にした方が無難です。

 

上級者には意外と使い勝手がいいアプリ、と結論付けることができます。婚活も、コミュニケーション能力がある人ならこのアプリで可能ですね。

 

■相席アプリで恋活♪イヴイヴでドリンク飲んで15分解散の仕組みと口コミ まとめ

  • イヴイヴは15分相席してお酒飲んで別れましょう、という即興相席屋を勧めるアプリ
  • かつては相席システムがあり、近くにいる人をマッチングさせて、場所、時間指定で相席させることができた
  • 今はそのシステムがなくなり「今すぐ会いたい」人を見つけて各自で会うようにした
  • 使い方は各自に任されている
  • ・以前は入会に審査があり、その時に入会した会員のスペックは高い
  • ・男性のみ有料。月会費は高め
  • ・婚活用にも使えるが若い人が多い
  • ・コミュニケーション能力に自信がなければこのアプリをあえて婚活用に使わなくてもいいかも

 

\ 無料登録でスタート /

 

 

あわせて読みたい!

 

 

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング