婚活アプリの有料課金の仕組みと無駄課金をなくしてバッチリ出会う方法

婚活アプリ全般の有料課員の仕組みを解説

 

婚活アプリはその謳い文句に「まずは無料で!」「女性は無料!」などとお金がかからず出会えます!とPRをしているものが多いです。

 

無料で出会いの機会を提供してくれるならば確かにありがたいのですが、それは慈善事業ではありません。利益を出さなければいけないのは絶対的な真理であり、どこかから課金をさせて運営しているのは事実です。

 

ここでは、婚活アプリ全般の有料課員の仕組みを解説し、無駄な課金を極力避ける方法について考えてみたいと思います。

 

無料でできるのは女性だけ?

ここで紹介している婚活アプリは優良な運営会社のもので安心して利用していただけますが、実際に出会うまでには有料課金をしないといけないものばかりです。

 

女性完全無料モデル

 

Pairsやゼクシィ恋結びなどいくつかの婚活アプリでは、女性については完全に無料で活動することができ、お金をかけずに男性と会うことができます。

 

これは女性分の料金も男性が負担していることなのですが、男女差別、男性蔑視などではなく需給バランスの関係によります。婚活パーティーの参加費が 男性>>女性に設定されているのと同じ理由です。

 

収入を平均すると 男性>女性 なので傾斜配分しているというわけではなく(だって婚活アプリ1か月3000円前後ですしこれが払えない人が婚活はできないでしょう)、こうしないと集まらないからです。

 

性別の本能的傾向として
男性:より多くの女性と子孫を残したい→出会いの機会を増やしたい、数を打つ
女性:より優秀な男性との遺伝子を残したい→出会いの無駄打ちはしない、とっておきの人と会いたい
がありますので、男性の方が出会いにアクティブになり、女性は一歩も二歩も引いてしまいます。だから、男性は有料でも婚活アプリをしますが、女性で有料の婚活アプリをやってもいいという人は男性よりも少ないのです。
その差を「タダでもできます」といって埋めているんですね。

 

男性完全無料はほとんどない

 

従いまして、女性完全無料婚活アプリはありますが、男性完全無料アプリはほとんどありません。
無料にしなくてもいくらでも男性が集まるわけで、ここで運営会社が利益を上げないとビジネスとして成立しないからです。

 

とはいえ、稀に「男性完全無料」の婚活アプリがあります。
これは、婚活アプリの稼働が開始され、要はオープンしたばかりなので人を集める必要があり「新規入会キャンペーン」として、例えば3か月間は男性も完全無料で全ての機能を使うことができますよ、というものです。

 

ただし、稼働間もない婚活アプリですので、会員数は少なく(特に女性)、大都市でもない限りはそもそも検索しても会員がいない可能性もあります。

 

出会いの機会を増やしたいならば、実績のある婚活アプリのほうがいいのは当たり前です。
3000円程度をケチって、全く出会いがないというのは本末転倒ですよね。

 

メッセージ交換には課金が必要

 

でも、いきなり「有料会員になって課金してください」という婚活アプリはあまりありません。「登録だけなら無料」「まずはお試しで使ってください」というものが多いはずです。
でもそれは本当にお試しで、実際にメッセージのやり取りはまずできません。

 

無料でできるのは(完全女性無料以外。女性有料の婚活アプリも含めて)

  • 異性の検索
  • 申し込み(「いいね」など)
  • マッチング

までです(アプリによって検索までしかできないもの、申し込みはできるものなど差があります)。

 

実際にマッチングしても、それ以降は有料会員にならないと何もできません。

 

この段階で相手のメアドが分かるわけがないのですから、メッセージのやり取りが必須です。
だから、出会うためには課金して有料会員にならないと何もできないんです。

 

ごくごくまれに、自分の写真にアドレスを書いている人がいるようですが(アドレスを画像として取り込む)、当然違反行為ですので、見つかり次第ペナルティ(下手すると強制退会)になってしまうでしょう。

 

どうやっても連絡先を交換して会うためには有料会員にならないと話にならないというのが正直なところです。

 

具体的な有料課金の仕組みを紹介

有料会員になり課金をしないと話にならない、ということについては共通の理解をしていただけたと思います。
次に、課金の仕組みについて考えたいと思います。以下で代表的な仕組みを紹介します。

 

コースに分かれた定額制タイプ

 

「1か月3000円」といった定額制、使いたい放題プランです。
これならば、スマホゲームのガチャのように、気が付いたら何万円も課金していた、という事態を避けることができます。
多くの婚活アプリがこのシステムを採用しています。

 

悪評が立たないためには、「○○○○円ぽっきり!」といいうことが大切なのでしょう。
ユーザーも月会費しかかからないのですから、安心して使うことができます。

 

ただし、あらかじめ1か月、あるいは1日に申し込める回数は決まっています。
使いたい放題といっても、申し込み回数には制限があり、マッチング後の専用システムのやり取りはいくらでもできると考えてください。
もし、1か月や1日の申し込み人数制限を超えて申し込みたい場合は、次の「有料オプションの購入」になります。

 

なお、多くの婚活アプリでは、1か月コースの他、3か月、6か月、12か月などまとめて支払うコースも用意されています。
1か月あたりに直すと、長期間のコースのほうがお得なのですが、それまでそのアプリで婚活するのか?という話になります。
前払いですので、もし1か月で相手が見つかり、交際、結婚となれば前払いした残りの部分は無駄になってしまいます。

 

オプションを購入するケース

 

定額制のアプリでもだいたい「オプション」があり、有料でさらに数千円の「プレミアムコース」に入ることや「コイン」などを購入してこれを消費することで他の人よりも有利なアクションができます。

 

具体的には

  • 申し込み制限を超えて申し込む(申し込み権利を買う)
  • 申し込み時に簡単なメッセージをつけられる
  • 一度申し込んでダメだった相手にもう1回申し込める(リトライ)
  • プレミアム会員しか見られない「裏プロフィール」(もっと細かいもの、勤務先など)が見られる

などをオプションとして購入します。

これは任意であり、絶対に購入しないといけないものではありません。
確かにオプションに課金すればマッチングする確率は高くなるでしょう。
ただしそれに見合った費用対効果があるかはよくわかりません。

 

例えば、1人への申し込み権を数百円で買う感じになります。
そこまでしなくて・・・というのが正直なところです。

 

メールにお金がかかるタイプ

 

これは昔の「出会い系」のシステムを踏襲している婚活アプリにあります。

 

「いいね」→相手もOK→マッチング成立→専用システムでやり取りではなく、1通○○○円で無制限にいきなりメッセージを送り続けるシステムです。
マッチングという概念がないので、実際に会うまではひたすら課金し続けることになります。

 

課金額に制限がなく、相手から反応がなければひたすら課金してメールしないといけないわけで、気が付いたら1か月10万円の請求が!ということも大いにあり得ます。

 

相手に貢がせる(課金させる)システムですので、いないとは公言していてもサクラの存在は否定できません。

 

このシステムを採用する婚活アプリで、女性も有料のところはありません。
要はキャバクラと同じだと思います。
アフターまで持って行くためには、ちょっとあり得ない課金が必要になりそうです。

 

筆者としてはこのシステムを採用する婚活サイトは「お試しで何通か送ってみる」(これだけなら定額制よりも安い)以外では利用してはいけないと考えます。
婚活アプリの雰囲気に慣れる以外ではやってはいけません。

 

抜けられない課金方法を避ける

有料会員になる必要性は認識できましたが、どうやって課金するのかも重要です。

 

課金方法(支払方法)はいくつかあります。

  • クレジットカードによる引き落とし
  • コンビニ振り込み
  • 銀行振り込み
  • スマホアプリ決済(Google Play 、App Store)
  • 電子マネー

支払い方は実は問題があります。

クレジットカード決済

クレジットカード決済にすると、自動的に更新されて放っておいても毎月自分のコースの料金が引き落とされていきます。婚活アプリで婚活していなくても、有料会員から退会しないといつまでも課金されてしまいます。

 

退会フォームが極めて分かりにくい作りになっているアプリもあり、有料会員への導線は誰でもわかるようになっていますが、無料会員に戻る導線はなく、ネットで「退会方法」を検索しないと分からない不親切なアプリもあります。

 

コンビニ・銀行振り込み

コンビニ振り込みや銀行振り込みは、自動的に更新されることはなく、期間が過ぎれば勝手に無料会員に戻りますので安心です。

 

しかし、振り込み確認に時間がかかるため実際に有料会員として活動できるのは手続きの数日後になり、また1か月コース不可で3か月コースなど複数月のコースを「まとめ買い」しなければならないところが多いです。


スマホアプリ決済

スマホアプリ決済(Google Play 、App Store)は手軽で、クレジットカード情報を伝える必要もないため情報漏洩の面でもリスクヘッジできます。しかし、簡単に有料会員の権利を「購入」するため、クレジットカードなどと比較して1か月あたりの月会費が割高になっているアプリが多いです(数百円ですが)。
また、振り込みとは逆で1か月単位での契約しかできないところもあります。


電子マネー

電子マネーは余計な情報を伝えずに即有料会員になれますが、そもそも取り扱っているアプリが少ないのが欠点です。


 

以下、それぞれの支払い方法を表にまとめてみました。

  長所 短所
クレジットカード決済 一度登録してしまえば、以降手続き不要 退会、解約方法が面倒。放置すると課金が続く
スマホアプリ決済 スマホで簡単に決済できる 他の支払い方と比較して1か月あたり割高
銀行、コンビニ振り込み決済 期間が過ぎれば自動的に無料会員に戻る 長期コースしか契約できない。入金から活動開始までスパンができる
電子マネー決済 WEB上で簡単に決済可能 取り扱っているアプリが少ない

 

無駄課金をなくしていくためには?

  • 出会うためには課金が必要
  • 必要以上の課金は避けたい

この2つの命題をクリアするためにはどんな活動をすれば良いのでしょうか?

 

婚活アプリは婚活パーティーや結婚相談所など他の婚活と比較して圧倒的に安いわけで、ここで出会いがあれば費用対効果は抜群です。安く活動したいのは皆さん共通の思いでもあります。

 

 

しかし、出会いがないからといってオプションを購入しまくってしまえば、結果的に他の婚活よりも割高で結果が出せないということにもなりかねません。ではどのように婚活アプリを使えばよいのでしょうか?

 

1通○○○円の婚活アプリは避ける

お試しで使ってみるならば可と書きましたが、安心な使い方ではありません。
できればそれは避けて、定額制(1か月2000円〜3000円)のものを選んでください。
このサイトで紹介しているアプリは全て許可のある安心できるものです(悪質な出会い系サイトはありません)。

 

マッチングするまでは無課金でいい

自分がどのくらい婚活での価値があるのかわかりません。
ですので、とりあえず無料で何日かやってみて、どのくらい申し込みに対して反応があるのか確認してみてください。
何人かとマッチングしてから有料会員になっても構わないと思います。

 

ためらわず有料会員になる

マッチングしたのなら後はためらわずに有料会員になり、徹底的に攻めの姿勢で行きましょう。
婚活がうまくいくのはマメな人です。
メッセージは必ず返信して、相手が返しやすいような質問を入れるのもポイントです。

 

活動期間を区切る

いきなり6か月コースや12か月コースを契約するのは得策ではありません。
本当にそれだけ活動するならば割安ですがせいぜい数千円です。
しかも、本当にしっかり申し込んでいたら半年〜1年後には新規会員以外申し込める人はいなくなっているでしょう。

 

特に地方の方は1つの件で会員数十人ということもあります。
いきなり12か月コースを申し込んでも、誰も申し込めなくなってしまいます。
まずは1か月コースか3か月コースで様子を見るのが賢明です。

 

うまくいかなければアプリを変える

1か月〜3か月やって思うような出会いがなければ、別の婚活アプリにしてみましょう。
それぞれのアプリで違う点もあるので、ひょっとすると向いているアプリ、向いていないアプリがあるかもしれません。

 

それでもだめなら別の婚活に変える

全ての人が婚活アプリ、婚活サイトと親和性があるわけではありません。
独特のやり取りが苦手な人もいます。

 

もっと言うと、婚活アプリ(ネット婚活)を絶対にやらない層がいます。
そういう人は、結婚相談所や婚活パーティーしか婚活をしません(婚活自体しない人は除きます)。

 

そういうネット婚活をしない人とご自身が合う可能性もあります。
向かない婚活を続けても意味がなく、お金の無駄ですので、半年やってダメなら婚活を変えてみましょう。

 

オプションはしない

有料オプションですが、しなくていいです。
費用対効果が悪すぎますし、そこで能力をお金で買ってかさ上げされても、実際に会って結婚まで持って行くのは至難の業です。
「書類選考」をお金で有利にする程度の効果しかありません。
それならば基本料金で多くの人と会うスキルを磨いて、浮いたお金はデート代に充ててください。

 

忙しい皆さんの婚活アプリのペースとは?

 

忙しい社会人の皆さんですから、婚活アプリを効果的に使えるペースというのがあります。

 

婚活アプリの掛け持ちはしない

1つのアプリに集中してください。
申し込みは数打つことが重要ですが、マッチング後は相手に真摯に丁寧なメッセージを返さないと続きません。
だから、複数のアプリを掛け持ちしても逆効果です。

 

1か月〜3か月コース、短期決戦で

人間、やる気も集中力も続きません。
お金に余裕があるから12か月コースでゆっくりやろうと思っても、結果としてあまりやらずに終わってしまう可能性が高いです。

 

結婚相談所などではカウンセラーの叱咤激励、圧力(「もっと申し込みなさい!」)などがありますが、婚活サイトは自分自身の動機づけが必要です。

 

とにかくこの期間は毎日集中して婚活する、アプリを開くと決めて活動してください。
その方がうまくいきます(ログインが空くと、検索条件でフィルタにかけられます。やる気がない人だと思われて申し込みも減ります)。

 

女性も有料会員になって活動してやる気を見せる

女性の有料会員のシステムがない婚活アプリは別ですが、有料会員コースがあればせいぜい月額3000円です。
支払う余裕がないわけではないでしょうから、有料会員になってみてください。
その方が男性からも分かり、「やる気がある人、遊びではない」と好印象で申し込みも増えること確実です。

 

以上、忙しい人は時間を決めてその時に全力で集中して婚活するのが無駄課金をなくしていくコツになります。

 

婚活アプリの有料課金の仕組みと無駄課金をなくしてバッチリ出会う方法 まとめ

  • 男性は有料会員にならないと(課金しないと)まともな婚活はできない
  • 毎月定額のコースがある婚活アプリを選んだほうが良い
  • オプションへの課金は費用対効果が低い
  • 支払い方にはそれぞれメリット、デメリットがある
  • 6か月〜12か月の長期コースは避けたほうがいい
  • 1か月、3か月の短期コースの有料会員になり集中して婚活する
  • 複数の婚活アプリの掛け持ちは意味がない
  • 結果が出なければ別の婚活を考えてみる
  • 短期集中で一生懸命頑張ってみる
  • 結果としてその方が無駄なく効果的な課金ができる

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング