「自衛隊婚」『自衛隊プレミアムブライダル』で国防男子をゲット!

「自衛隊婚」『自衛隊プレミアムブライダル』の仕組み&サービス完全ガイド

 

自衛官の男性と結婚したいという女性が増えています。自衛官が出席する婚活パーティーはいつも超満員。でも、なかなかそうした機会自体がありませんよね。

 

今回紹介する『自衛隊プレミアムブライダル』は男性会員を自衛官に限定した特別な婚活サイトになります。その使い方などを以下で紹介していきます。

 

自衛官が人気の理由

以前の記事
自衛隊婚活やパーティーが面白すぎる!婚活ライターが徹底解説します!
(http://konkatu-walk.jp/category11/entry102.html)
で書いたように、自衛官の男性と結婚するのは非常にメリットがあります。詳しくは↑にあるので簡単にまとめます。

 

自衛官の男性と結婚するメリット

安定している

 

国の防衛を担う職業ですので、国家公務員としてその地位は非常に安定しています。

 

公務員を減らせという声はよく聞きますが、自衛隊を減らせという声はほとんどありません。地位は安泰と言ってもよいでしょう。

 

収入面も安定

 

元々の収入も国家公務員平均より高めに設定されています。

 

また、災害派遣やPKO活動などで海外派遣があればその分の出張手当、危険手当なども付きます。

 

福利厚生面でも優れている

 

自衛官専用宿舎など住環境も整っていて、わずかな負担で暮らすことができます。

 

その他自衛隊OBからの支援など様々な面で普通の公務員よりも優遇されていると言えるでしょう。

 

心身健康

 

国防男子はたくましいのは当然ですが、自衛官としての任務に耐えられるわけですから、健康診断をしても全く問題がない人たちです。

 

病気があれば自衛官を続けることはできないわけで、国から健康だというお墨付きをもらっています。

 

自衛官の男性と結婚するデメリット

転勤が多い

 

日本各地の駐屯地を数年単位で異動していきます。

 

なかなかその土地に定着することはできませんし、共働きをする場合も仕事が限られてしまうでしょう。

 

危険な任務もある

 

自衛隊開設以来、他国との戦闘で命を落とした人はいませんが、災害派遣なども自衛隊でなければできない任務です。

 

その中で命を落とす、怪我をする可能性はゼロではありません。また、毎年、訓練中に命を落とす自衛官も存在します。

 

 

メリット、デメリットを比較して、それでもメリットが大きいからこそ、自衛官の男性は婚活で人気があります。

 

自衛隊に対する国民の好感度は92.2%(2015年内閣府調査)と、あらゆる公務員の職業の中で圧倒的に高いです(ちなみに警察はその半分くらいだと言われています)。

 

災害救助や国際貢献を国民はよく見ています。だからそんな自衛官が夫ならば、世間体やご近所づきあいも全く問題ありません。

 

『自衛隊プレミアムブライダル』の概要

それではそんな自衛官と結婚できる婚活サイト『自衛隊プレミアムブライダル』について説明いたします。

 

『自衛隊プレミアムブライダル』は、元自衛官の方がプロデュースする結婚情報サービスで、ネット上で男性自衛官と一般女性の引き合わせを行います。

 

毎月5名の異性が専用システム上で紹介されます。

 

特徴として、よくある自衛隊との婚活パーティーは20代の若い自衛官が多いのに対して、『自衛隊プレミアムブライダル』は30代〜40代の自衛官が中心です。「頼もしいけど年下は・・・」とためらっている女性もここならば安心ですよね。

 

基本的には男性が自衛官限定の婚活サイト+婚活イベントを運営しているところだと思いましょう。

 

毎月の紹介

よくある婚活マッチングサイトと同様に毎月異性の紹介があります(5名)。その中で気に入った人がいれば申し込みをし、双方OKならばやり取り→交際となります。

 

婚活パーティー

各地の自衛隊と協力して、婚活パーティー、婚活イベントを開催しています。当然男性は自衛官ですから、率先してリードしてくれるはずです。

 

引っ込み思案な女性もこれならば安心して話すことができるでしょう。

 

合コンセッティング

登録している自衛官向けのメニューです。自衛隊では結婚するまでは寮で集団生活が基本です。したがってなかなか自分の時間が取れず、パソコンへのアクセスも時間が限られてしまいます(就寝時間が決まっていますから)。

 

忙しい自衛官に変わって『自衛隊プレミアムブライダル』がそれを代行するメニューになります。

 

会費

通常の婚活サイトや結婚相談所と大きく異なる点として、男性自衛官が大人気なので料金設定が逆になります。

  • 男性(自衛官):ほぼ無料(マッチングした人と「お見合い」をする場合のみ5000円)
  • 女性:入会金数万円+月会費3000円〜5000円程度

こちらは有料になります。ただし、年齢に応じて傾斜配分がされていて、若い女性のほうが安く活動できます。自衛官が売り手市場なので、「若い女性」により多く入会してもらうための料金になっています。

 

その他マッチング後のお見合いでは、男性と同様に5000円発生します。

 

自衛官の収入が少ないわけではないのはご存じのとおり。しかし、この(男性優位の)料金設定にしてもなお、女性の入会が殺到する現状を知ってください。やはり自衛官は大人気なのです。

 

『自衛隊プレミアムブライダル』はなぜ安心できるのか?

元自衛官が運営を行っている

『自衛隊プレミアムブライダル』は元航空自衛官の方がプロデュースしているため、各自衛隊、駐屯地とのコネもあり、自衛官の生活や考え方、結婚することに対する価値観なども熟知しています。

 

自分も同じ立場だったから分かることは絶対にあり、だからこそいい加減な活動ではなく、本当に自衛官の男性と結婚すべき女性がどのような人なのかも分かります。

 

 

入会審査が厳格

男性(自衛官)
婚活サービスなので独身証明書は絶対に必要ですが、本人確認書類は自衛隊員証があればOKです。日本国から認められているこれほど確実な証明書はありませんから大丈夫です。

 

収入証明はいりません。なぜなら自衛官であるということがこれ以上ない収入証明になるからですね。

女性
通常の婚活時に必要な「独身証明書」「本人確認書類」(免許証、保険証、パスポート等)、「写真」に加えて以下の条件があります。

 

年齢 20代〜30代限定
40代の人は入会できません。自衛官が希望するのは若い女性だからです。自衛官売り手市場だということを理解してください。

 

写真審査 写真審査もあります。
容姿の基準は各自の価値観ですが、少なくともその辺の証明写真などを提出すれば落とされてしまうでしょう。若くて美人がいいのは多くの男性に共通しますが、ここは自衛官が売り手市場です。超ハイクラス限定パーティー(医師、弁護士等)と同じ基準だと思ってください。

 

この条件でも納得できる人だけが参加して構わないというスタンスですし、それで十分成り立っているのですから仕方がないですよね。

 

「国防男子」をゲットするハードルは意外と高いということをお分かりいただけたと思います。

 

その他のサービス

自分磨き応援

女性向けにメイクや話し方などのコンサルティングを行っています。パーティーなどで自衛官に好かれるファッションなどがあり、それを身に付けておくことでカップリングしやすくなるというわけですね。

 

『自衛隊プレミアムクラブ』

『自衛隊プレミアムブライダル』の恋活版です。『プレミアム』は30代〜40代の結婚前提の出会いになりますが、こちらはそうではなく20代自衛官や防衛大生の彼女を探すことがメインになります。

 

両方登録することもできますし、こちらで出会った自衛官と結婚してももちろんOKです。素敵な出会いにつなげてください。

 

『自衛隊プレミアムブライダル』まとめ

 

  • 「国防男子」(自衛官)は安定した収入と地位、持ち前のたくましさで女性に大人気
  • 『自衛隊プレミアムブライダル』は元自衛官が運営する国防男子と女性とのマッチングサイト
  • 自衛隊の現場を知り尽くしているため、サービスが行き届いている
  • 自衛官の利用は無料、女性は年齢に応じた入会金、月会費を支払う
  • 年齢制限や写真審査があり、そのことが国防男子人気を示している
  • 紹介のほかにも婚活パーティーや合コンなどのオプションメニューも豊富

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング