足あと機能のある婚活サイト【アプリ】の活用術

足あと機能がある婚活サイト【アプリ】と実際の活用術を解説!

 

婚活サイト、婚活アプリには日々様々な機能が実装されていきます。
新機能を使いこなすことでより有利に婚活を進めることができます。今回紹介するのは「足あと」機能です。

 

「足あと」機能って何?

SNSなどに実装されている機能で、他人(婚活サイトの場合異性)が自分のプロフィールページを見た場合、その履歴が残ります。○時○○分に△△さんが自分のページを見たこということが分かります。

 

SNS「mixi」に実装されていた機能として有名で、相手の足あとがある=自分と何らかの接点がある(共通するコミュニティに入っている、経歴で同じ学校出身者、同級生など)可能性があるため、そこから友人としてつながることが容易になっていました。

 

 

一時期、mixiが足あと機能を廃止したことがあり、ユーザーから批判などが出ていたのも記憶にあるところです。足あとがあるということは相手が何らかの意図があり、自分に興味があって訪問したことですので、縁事である婚活サイトでは非常に重要な要素になります。

 

少なくとも、足あとを付けた異性はあなたに無関心ではないということです。

 

足あと機能がある婚活サイト、婚活アプリ

足あと機能がある婚活サイト、婚活アプリは以下のものがあります。

 

マッチドットコム

世界最大の婚活アプリです。

 

会員数も最大級なので足あとがつく機会も非常に多くなっています。


マッチドットコムサービス特徴ナビ

Pairs

Facebook連動型の婚活アプリです。
最大の特徴はmixiのようにコミュニティがあり、共通の趣味や価値観の人を見つけることができます。
コミュニティ経由で異性を見つけて足あとをつけるだけで「興味があるんだな」と思ってくれるでしょう。

 

ブライダルネット

日記機能が有名なサイトですが、足あと機能も装備されています。
ある人の日記のファンになり、毎日訪問し足あとをつけている間に自然と距離が縮まっていた、なんてことがあるかもしれません。

 

ブライダルネットについてもっと詳しく読んでみる

 

パートナーズ

比較的新しい、パーティ運営会社が作っている婚活サイトです。


足あと機能の活用術と注意点

足あと機能は良いことばかりのようにも思えますが、上手に利用しないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。ここでは利用法と注意点について解説します。

 

足あとがある人から優先的に選ぶ

 

足あとがある人は、少なくとも検索やコミュニティを通じてあなたに興味を持った人です。

 

そうではない、1回も足あとを付けたことがない人よりは、「いいね」をして申し込んだ場合のマッチング率が明らかに高くなるでしょう。

 

 

とはいえ、足あとを付けた異性に片っ端から申し込んでいけば、特に男性の場合はすぐに1か月の申し込み制限を突破してしまいます。さらに課金して申し込み続けるのも方法ですが、効果的なのは優先順位をつけることです。

 

優先順位1

「足あと」がある人の中で「自分がマッチングしたいと思える人」

 

優先順位2

「足あと」がある人の残り

 

優先順位3

「足あと」がなく「自分がマッチングしたいと思える人」(検索などで探す)

 

優先順位4

残り(毎月の「いいね」を使い切る場合など)

 

「優先順位2」と「優先順位3」が逆なのでは?と思われるかもしれませんが、私の持論として婚活では「まず会う」ことを優先させるべきです。いくらいいなと思っていても、会えなければ可能性0です。ひょっとすると実際の会ってみて印象が変わるかもしれません。

 

まず「会える」「会ってみる」ことを優先させるべきで、そのためにはマッチングしやすい「足あと」がある人のほうがいいのです。

 

 

もし、申し込みの権利とお金(課金してもいい)に余裕があれば、まず足あとがある人に片っ端から申し込む、で大丈夫です。マッチングすることが最優先事項ですのでそれで構いません。

 

足あとの日時に注意

足あとがある人を優先させるとはいっても、遡って片っ端からということではありません。

  • アクティブではない人(そのサイトで活動していない人)
  • 退会してしまった人
  • 他の方とカップリングしてお付き合いが始まった人

などがいる可能性があります。

 

そうした人に申し込んでも、申し込み権を無駄打ちしてしまいます。

 

できるだけ最近の足あとを付けた人に申し込んだ方が可能性は高くなります。

 

最近足あとを付けた人は、少なくとも現在進行形で活動していますから、無視されず返信や「いいね」がある可能性が高いのです。

 

相手のプロフィールをよく確認する

足あとがついたということは、相手とご自身に何らかの共通点がある可能性が高いです。通常ならそれほど読み込まない相手のプロフィールも、この場合は「目を皿のようにして」読んでみましょう。

 

 

相手と共通する部分(趣味、出身、仕事、学校など)が分かればそれを深められるように、メッセージを添付するなどして申し込めば、よりマッチングする可能性が高くなります。

 

相手が「自分と似ているよ〜」というサインを送っているのですから、それを見逃さないようにしましょう。

 

しつこい人は要注意

足あとはチャンスで積極的に申し込もう!とこれまで申し上げてきましたが、注意していただきたいケースがあります。

 

あまりに特定の人の足あとが多いケースです。
1日に何回も、1時間おき、10分おき…
こうした足あとを残す人がいた場合警戒してください。

 

 

足あとは興味の反映でもありますが、あまりに多い人は「ストーカー」的な性格を持っている可能性があります。すごく好意があるならば相手から申し込みがあるべきで、それがなく足あとだけ残し続けているこということは、あなたが反応するのを待っていて、マッチングした後に変なメールや写真を送り付けられる可能性が否定できません。

 

全ての人がそうだとは言えませんが、いくら本人確認をしているとはいえ、問題がある人を0にはできません。

 

相手のプロフィールを見て「おかしいな?」と思えば、ブロック機能がある場合はそれを使う、あるいは運営に報告するなどしてください。
マッチングして実際に会い、連絡先やお互いの住所を知ってからトラブルに巻き込まれてしまってもそれは「自己責任」になってしまいます。危険に近寄らないための警告も足あとは教えてくれます。

 

このようにして、足あと機能を「フィルタ」として活用して、効果的にマッチングしやすい状況を作り出すことができます。

 

「ログイン」機能も知っておきましょう

足あとではありませんが、最後に「ログイン機能」についてお話しします。最後にサイトやアプリにログインしたのが「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」「1か月以内」などが分かる機能です。

 

「24時間以内」であれば毎日サイトで活動している人ですので、申し込みに対して何らかの反応がある(承諾orお断り)可能性が高くなっています。

 

 

一方で「3か月以上」の人は、もうこのサイトで活動していないといってもいいでしょう。そうした人に申し込んでも申し込み権やお金の無駄なので止めます。

 

ちなみに、意地悪な使い方ですが、サイトで知り合い交際している相手がまだ退会していない場合、その活動具合を知ることができます。付き合っているのに毎日のようにログインしていれば、あなたは本命ではないかも。修羅場にならないようにしてください…。

 

婚活アプリ 女性より男性が抵抗なし

通勤の電車の中やお昼休みに手軽に使えて便利な婚活アプリ。
婚活アプリに対するあるアンケート結果を見つけました。

 

婚活アプリをどう思う?という問いに対する回答がこちら。

男性

  • 抵抗がある ⇒ 50.0%
  • 抵抗はない ⇒ 50.0%

 

女性

  • 抵抗がある ⇒ 70.8%
  • 抵抗はない ⇒ 29.2%

 

男性は半々の回答ですが、女性は少し警戒しているようです。
何となくわかる気がしますね。

 

ただ誰でも簡単に登録できるものばかりではなく、登録時のチェック体制が厳しいものもあります。
こうした点などしっかりチェックして、よく見きわめる必要がありますね。

 

一方、男性で抵抗があると答えた人は、アプリが不安と言うより『自分で見つけたい!』『自然な出会いが良い』といった気持ちが強いようです。

※マイナビウーマンのアンケート結果より

足あと機能と婚活サイト、婚活アプリ まとめ

  • 足あと機能は異性があなたのプロフィールを見た時に記録される履歴
  • 少なくともあなたに何らかの関心がある
  • 足あとがついた人へ申し込む方がマッチング率が高い
  • 足あとの日付に注意。あまり以前の人は活動していない可能性もあり
  • しつこく足あとをつけてくる人は「ストーカー」気質の可能性があり要注意
  • ログインの日付機能も合わせて活用する

 

婚活アプリランキングをチェック>>

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング