婚活でライバルに一歩差をつけるコツ 独身証明書を取ろう

婚活でライバルに一歩差をつけるコツ 独身証明書を取ろう!

婚活

結婚相談所に登録しても、理想の女性には他のライバルが多すぎて結局出会えないでしょ??
なんて考えている人はいませんか?

 

たしかにあなたが男性の場合なら高学歴、高収入、もしくはイケメンでも無い限り、多くの女性が興味を持つことは無いでしょう。
しかし、実は誰でも特定の相手から興味を持ってもらえる方法があるのです。

 

婚活

その方法とは独身証明書の取得です。

独身証明書をとることで理想の女性と出会える可能性が大幅にあがります。

 

今回はその独身証明書についてご紹介致します。

 

目次

  1. 独身証明書ってなに?
  2. 独身証明書のメリット・デメリット
  3. 婚活での使いみち
  4. 独身証明書の取得方法

 

独身証明書ってなに?

独身証明書とは簡単にいうと、私は独身ですよ。と各区長や市長が証明する書類です。
外国人の方と結婚する際や結婚相談所に登録する際に必要となります。(提出義務は結婚相談所によって様々です。)

婚活

婚活

大半の人が結婚相談所に登録する際に利用はしますが、そういったサービスと無縁の人や日本人同士で結婚される人は知ることも無いような証明書です。

 

独身証明書のメリット・デメリット

婚活

この独身証明書ですが、使い方によってはプラスに働くことはあってもマイナスに働くことはあまりありませんが、相手によっては嫌がる人もいます。

 

婚活の場で独身証明書が役立つ場面

婚活

1.結婚相談所に登録する際

 

結婚相談所で独身証明書の提出義務は会社によって違います。中には運転免許証やパスポートなどで証明をOKとする会社もあるようです。

 

反対に独身証明書を義務としている会社もあります。

 

大手の結婚相談所は独身証明書を必須としているので、結婚相談所に登録するときは必ず取っておきましょう。
※独身証明書は取得から3ヶ月以内のものと指定される場合があります。

 

独身証明書が必要な結婚相談所 一覧

 

  • 結婚相談所 IBJ
  • ツヴァイ
  • 楽天オーネット
  • ゼクシィ相談カウンター
  • サンマリエ
  • パートナーエージェント

 

2.婚活サイトでは結婚を前向きに考えているというアピール

 

婚活サイトでこの独身証明書を持っている男性はほとんどいないと思います。
この証明書をもっていれば結婚を意識している女性からは好印象アップとなるでしょう。

 

3.証明書の提出により信頼感アップ

 

サイトによりますが独身証明書の提出をすることで提出欄にチェックがつく場合があります。
書類提出欄しているかどうかは女性も見れるのでそれに気づいた女性からはあなたへの信頼度はアップするでしょう。

 

独身証明書を出してはいけない場所

婚活

結婚の意欲が相手にある場所やコミュニティなら独身証明書はとても強い味方です。
反対に出会いだけを求めている場所では独身証明書は相手を避けてしまうかもしれません。

 

1.出合いを求めるサイトやコミュニティ

 

出会いだけを求めまだ結婚を考えていない女性が集まる場所には独身証明書は役に立ちません。むしろマイナスだと思います。

 

つまり男性側に結婚願望がありすぎて、相手の女性が重いと感じてしまう可能性があるということです。

婚活

若い女性が集めるサイトや明らかに遊び目的の人が集まるサイトなどでは提出するのは控えましょう。

 

と、ここまでで独身証明書の使い道が分かったと思います。
主に結婚相談所以外では使う機会はないかもしれませんね。

 

マッチドットコムみたいな日本人以外も多く登録している婚活サイトで外国人の方と出会い結婚するとなれば必要となりますが、他の方は必要無いでしょう。

 

そしてここからは独身証明書の取得方法を紹介していきたいと思います。

独身証明書の取得方法

婚活

独身証明書の取得は別に難しくはありません。
区役所や市役所に行って、住民票を取るのと同じぐらい簡単に行えます。

 

ただ、念のため知りたい人向けに今回は誰でも迷わずに取得できるよう細かくをご紹介して行きます。

 

独身証明書の取得の準備は何が必要?

独身証明書を取るのに必要なものを紹介します。

 

手数料 場所によって違いますが、恐らく100円〜400円
身分証明証(氏名、生年月日、顔がわかるもの)

 

当日はこの2つがあればOKです。身分証明書は免許証が理想ですね。

 

その他にも

パスポート
写真付きの住民基本台帳カード

などがあります。

 

今後、マイナンバー制度が進めばそれで大丈夫なんてなるかもしれませんね。

 

本人じゃないと申請できない?

いえいえ、そんなことありません。

 

本人以外でも家族が申請することもできます。委任状があれば代理人や第三者でもできます。

 

※委任状には本人の直筆のサインと印鑑が必要なります。また証明証のコピーが必要な場合もあるので、事前に本籍がある役所に問い合わせるのが一番でしょう。

 

会社の近くの役所でも大丈夫?

これはダメですね。会社の近くや家の近くの役所でもダメです。自分の本籍を置いてある役所に届け出る必要があります。

 

また申請方法として、直接役所に申請に行く方法と郵便で発送してくれる方法の2パターンがあります。

 

時間に余裕がある人は直接行った方が早いでしょう。反対に本籍が遠い人や日中は仕事で絶対に行けない人は郵送サービスを利用した方がいいでしょう。

 

調べてみると各役所でルールも手数料も違います!

私が調べた中でも発行方法のルールもそれにかかる手数料も全然違いました。役所によって申請する部署も違います。

 

もしかすると代理人手続きはダメという役所や郵送していない役所があるかもしれません。(私が探した中ではどちらもありましたが。)

 

婚活

なので、まずは自分の本籍の役所に問い合わせをしてどこに行けばいいのか、手数料はなどをはっきり聞くかネットで調べると良いでしょう。

 

ちなみに私はわからなくて案内の人に独身証明書はどこで申請できますか?と聞きました。かなり恥ずかしかったです。
さらに発行部署でも利用目的を聞かれました。少し恥ずかしかったですが、婚活と答えるとあっさりわかりました!と納得してもらえました。

 

いかがでしたか?
結婚相談所以外ではあまり使う機会が無い独身証明書ですが、相手も結婚に前向きな人にはかなり有効な相手だと思います。

 

それこそ他のライバルと一歩差をつけるために取得してもいいと思います。

 

ただし、TPOをしっかりと見極めて下さい。結婚を意識している人が少ない場面や場所では独身証明書は相手を遠ざける場合もあります。

 

関連記事:婚活サイトでの写真掲載は抵抗ある女性が多い?!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング