医者と結婚するメリット

男性医者と結婚するメリット 高収入で安定した生活ができる

婚活

女性にとって男性はしっかり稼ぎ、包容力があれば十分幸せになれることでしょう。
それでも、特定の仕事に関しては誰もが羨むものがあるようです。
その仕事の1つが「医者」です。
今回は、男性医者と結婚するメリットについて紹介していきます。

 

目次
1.高収入
2.高い社会的地位
3.余裕のある生活
4.育児環境の充実

 

高収入

婚活

医者にもいろいろなタイプがあります。
開業医、勤務医、僻地や外国の支援に向かう医者など様々です。
国内で活躍する医者としては、勤務医の給料が安いと言われますが、30代後半男性で課長クラスとなれば年収が1,000万円を超えることはよくある話です。

 

厚生労働省の試算では、医者の平均年収は約1,200万円だとするものもあります。

 

婚活

平均年収が400万円と言われる時代において、この年収は圧倒的な高収入であることは間違いありません。

 

高い社会的地位

婚活

医者という職業に対する社会的地位は相当高いものです。
社会学という学問において、一般的な社会的地位というものは「職業威信」というジャンルで数値によってランキング化されています。

 

この職業威信によると、数十年間「大学教授/医師/法曹」がTOP3を独占し続けています。

 

婚活

一般的なイメージでも、学問的でも医師は高い社会的地位を持っていると考えて間違いありません。

 

余裕のある生活

婚活

医師といっても、勤務医成り立ての頃は研修の意味も込めて激務にさらされるようですが、これが開業医だったり、昇進した勤務医だったりすると経済的な余裕だけでなく、時間的な余裕もあります。

 

人の健康を預かる仕事なので、高い技術とともに信用も必要です。

 

婚活

気ままに休診にすることはできませんが、開業医の多くが日曜祝祭日は休診、特定曜日は午後休診、診療日でもきっちり1時間は昼休憩を取る、こんなことが可能です。

 

育児環境の充実

婚活

芸能人の子供が芸能界に携わるように、医者の子供も医者になることが多いですね。
一般的に考えて、医大に進学するだけでもすごいこと、そこから本当に医者になるなんてほんの一握りです。
しかし、医者同士が結婚し子供を3人もうけ、3人ともが医者になることは意外とよくあることです。

 

これは家庭環境がまったく異なるからです。

 

こういう知的レベルの高い家庭は、子供をとりまく環境が洗練され、自然と子供もそれに順応します。
想像してみてください。

 

年収1,000万の医者が、家賃3万円のボロアパートで散らかり放題の部屋で適当な育児をすると思いますか?

 

育児の中で習い事なども自然と早くから検討するでしょうし、それにかかる費用は特に問題ないので、ハイレベルな教育を受けさせることに迷いはありません。
環境がもたらす影響はとてつもなく大きなものなのです。

 

子供を医者にしたいかどうかは別として、学歴を要する仕事を含め、選択肢が広がることは言うまでもありません。

 

いかがでしたか?

 

男性医者と結婚すると、一般家庭が抱える悩みの多くを解決できることでしょう。
もちろん、そうなると新たな悩みが出てくるかもしれません。

 

しかし、何より生活レベルを安定させられることは、この上ないメリットなのではないでしょうか。

 

職業から選べる婚活サービスも最近では増えてきています。
医者と出会う確率を上げたいと思う人はこちらの記事も参考になると思います。⇒職業で相手を選べる婚活サービス完全ガイド

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング