婚活における学んでおきたい知識

婚活を一人で参加する勇気応援中!一人限定もある?

【題名】婚活で一人参加の勇気を応援!一人限定も?ツアーやパーティーで起こる出来事5選

 

婚活をしていることは友人にも話したくない、そういう人が多いですよね。一方で、一人では心細いし、うまくいく自信がないからだれか一緒に行ってほしい、という人もいるかと思います。

 

知られたくないけど自信がない」この状態を解決するのはなかなか容易ではなさそうです。今回紹介するのは、一人参加の婚活のメリットについてです。勇気を出して一人で参加することができれば、相応の見返りがあればがんばって一人参加できますよね。

 

友達とではなく一人参加がなぜいいのか考えて行きましょう。

 

■真面目な「婚活」になるほど一人参加が増えていきます

婚活パーティーなどでよくありますが、友人と一緒に来てパーティーの最中も異性と話さずに、その友人とだけ話している人がいます。

 

不安だから一緒に来たのだと思いますが、これでは何のためにお金を払ってきているのかわかりません。異性の人にも失礼ですし、やる気がないその人たちが参加したせいで、定員に達して参加できなかった人に対してもチャンスを奪ったわけですから、大変なことになります。

 

女性が無料や500円程度のパーティーによくあるパターンで、メシモクで男性は二の次(本当にいい男がいた場合だけ考えないでもない)というケースがこれに該当します。私も過去に参加したパーティーでそういう人がいました。

 

はっきり言ってむかつきますし、「とっとと帰れ!」という気持ちが正直なところになります。

 

カジュアルなパーティーや「街コン」はむしろ「お友達も誘ってきてください」というものありますが、それは本気度が低くてむしろ行かない方がマシです。

 

結婚相手を友人と一緒に選びますか?そういうことはないですよね。自分自身で本当にいい人を見つけるために婚活するのですから、その場に友人がいる意味はないはずです。むしろ友人がいることで、「この人がいいけどアタックしたら『変な人〜』と笑われてしまうのでできない」「積極的に話しかけることができない、ガツガツしていると思われてしまう」ということがあり得ます。

 

友人と一緒だということは「友人に見られている、監視されている」ということと紙一重なのです。だからマジな婚活ほど一人参加のものが多いはず。少なくとも「お友達も誘って」というものはないはずです。

 

勇気を出して一人参加の婚活をすることをおススメします。

 

■ツアーやパーティーで起こる出来事5選

 

婚活パーティーや婚活バスツアー、婚活イベント(スポーツ婚)などに参加するといきなり恋人関係になることは稀ですが、以下のようなことが起きます。

 

□その1:連絡先の交換

当然ですが、婚活パーティーや婚活イベントの主目的は意中の異性やなるべく多くの異性の連絡先をゲットすることです。

 

誰の連絡先も交換できなかったら、婚活イベントに行った意味がありませんよね。最低限のノルマとして誰かと連絡先を交換するのが「ノルマ」になります。

 

□その2:2次会に行く

ひょっとすると、参加者同士で2次会に行くことになるかもしれません。メンバーも減って凝縮されたトークが期待できます。婚活パーティーではわからなかった一面や素顔がここで覗けるかもしれません。

 

連絡先の交換も2次会になればやりやすくなるはずです。ひょっとするとLINEのグループを作ることになるかもしれません。そのグループに登録してある個人のIDへ直接アプローチをかけていくという流れになります。

 

だからこそ婚活の際には今はLINEが必須なんですね。

 

※婚活とLINEについての記事はコチラ

 

婚活に必須ツール「LINE」の使い方完全ガイド!

 

□その3:後日改めて会う約束

連絡先の交換と同時に後日2人で会う約束を取り付ければ、大きな戦果になります。連絡先を交換しても結局やり取りが続かなくなり自然にフェードアウトしてしまうケースが少なくない(というか半分以上はそうなります)ので、その場で日時も含めて約束してしまえばまた会う可能性が高くなります。

 

そうなれば、婚活サイトや結婚相談所と同じように定期的に会う「仮交際」の関係に発展します。できればこの段階で日時を含めた次回の約束を取り付けたいところです。そのためには友人とではなく一人参加のほうがいいですよね。

 

□その4:友人を交えての合コンの企画

私もこの方法をしたことがありますが、当日出席していた異性と話す中で「今度それぞれの友人を集めて合コンしませんか!?」と提案します。話している同士はお互いそれほど好感していなくても、友人にはいい人、合う人がいるかもしれないと思えば、とりあえず次回につなげることができます。

 

友人と一緒ならば「その程度の友人しかいないのか・・」と思われてしまいますが、まだ見ぬ友人の存在を過大に(?)アピールすることで次につなげることができます。

 

婚活で重要なのは、できるだけ回数を会うことです。その中で徐々に好感度を高めていくのが大切です。合コンになれば正々堂々それぞれの友人間の連係プレーができますしね。そこでLINEのグループなどを作れれば目標達成といったところでしょうか?

 

□その5:同性の婚活仲間ができる

最後、これがかなり重要なのですが、同性の「婚活仲間」ができる可能性があります。これは友人とは別に、婚活という共通の目的を持った同性の仲間ができることを意味します。

 

従来の友人は婚活にはあまり積極的ではないかもしれませんし、恋人がいる友人もいます。でも婚活で知り合った同性は皆さん婚活をして相手を見つけたいというモチベーションが高い人ばかりです。

 

そういう人と情報交換し、連絡先も知ることができれば様々なメリットがあります。

 

詳しくは

 

婚活における同性は敵ではない!むしろ味方にするのが重要な理由!

 

を読んでいただければと思います。

 

こういう「婚活仲間」を作るためには、一人参加のほうが圧倒的に有利です。婚活というフィールドで共通の目的を持つ新しい友人を見つけるためには、一人参加でないと難しいかもしれません。

 

この記事を読んでいる人の中には、「運命的な出会いをしてその後バーに行きそのまま・・・」的な展開を期待している人もいるかもしれませんが、そういうのは取らぬ狸の皮算用です。

 

現実的なラインとしては上に書いた5つの出来事であり、それを達成するために実際のイベントでは動きたいものです。

 

■一人参加のメリット

 

以上のようなことが婚活では期待できます。そしてそうなるためには友人と参加するのではなく一人参加のほうが明らかにメリットがあります。具体的に以下に書きます。

 

周囲の目を気にしなくていい

友人と参加すれば評価の基準が自分自身の「絶対評価」ではなくて、友人からもいいと言われるかつ友人と意中の人がバッティングしない、という「相対評価」になってしまいます。

 

ご自身が「この人がいいな」と思っても、友人が「ちょっとやめておいたら」と言えばそこで引き下がってしまうかもしれませんよね。友人と一緒に参加するということは友人にも相手を値踏みされるということです。

 

結婚は友人のためにするのですか?そうではないですよね。ご自身が信頼できる、いいなと思う人を見つけるために行うのですから、付き合っていく中で友人に紹介することはあっても、最初から「友人フィルタ」をかける必要はないはずです。

 

一人参加ならば友人の目を気にしなくていいので、ご自身の信念、直感で婚活することができます。

 

積極的な行動に移れる

友人と一緒にパーティーなどに出ていると、一人果敢に異性にアタックすることができないかもしれません。

 

「そんなにマジになってどうするの?」と友人に言われてしまうのが嫌で、適当にお茶を濁してしまうこともあるでしょう。

 

友人と一緒に出て、異性と話さずに友人とだけ話している人たち(特に女性)は、いい男性がいないだけではなく、積極的に異性にアタックするのを友人に見られたくないということもあるでしょう。だったら友人と参加するなよ、ということになりますが・・・。

 

結果的にアタックして失敗することも含めて、一人参加のほうが果敢に挑戦できるのは明らかです。

 

結婚というものを強く意識する

一人で婚活パーティーや婚活イベントに参加すると、自分の意見と感情に責任を持つことになります(友人のサポートがないから)。

 

恋愛も結婚も友人のためにするものではなく、自分のためにするのは自明の理です。もちろん相手のためだけにするものではありません。自立した自己、相手に対する尊敬、感謝の念、自分の将来への責任、それらを感じるには一人参加のほうが明らかに意識します。だから一人参加をおススメします。

 

本気度が相手に伝わる

友人と参加していると「本気さがない、冷やかしなんじゃないの?」と思う人もいます。少なくとも一人参加であれば「本当に相手を見つけたいんだな」という気持ちが相手に伝わるはずです。

 

仲間がいて最初から安全な「逃げ場所」を用意している人と、退路を断って一人参加している人では後者の方が圧倒的に異性の印象がいいはずです。

 

婚活はなれ合いではありません。だから一人孤軍で奮闘した方がいいのです。

 

いろいろな人から声をかけてもらえる

友人がいれば例え誰とも話せなくても、会場の主催者やスタッフは完全放置にすると思います。でも、一人参加であれば、誰とも話せなくてポツンとしていると、周囲の人が色々気を利かせてくれるはずです。

 

特に女性で一人参加の場合は、男性が声をかけてくれる可能性があります。そういうことができる男性は包容力や責任感がある婚活上のスペックが高い人です。だから、むしろ一人参加してそういう気が利く男性に声をかけられるのを待つ、という選択肢すらあります。

 

友人と一緒ならばそういう男性も現れないでしょうね。

 

■「一人参加限定」婚活も増えて来ています

最近では、二人(以上)参加が原則の「街コン」でも「一人参加OK」「一人参加限定」の回を積極的に設けています。

 

これは、誘う友人がいない人を助ける意味もありますし、一人参加限定にした方が結果も出やすいということもあります。

 

友人と参加すれば、友人とだけ話し続けて、結局、街コンとして異性と知り合える機会を自ら奪ってしまうことになるからです。

 

お友達と駄弁る機会を提供するために街コンなどをしているわけではありません。積極的に異性との交流を促す意味では、むしろ一人限定にした方がイベントとしても評判が上がることもあります。

 

だから二人参加が原則の「街コンジャパン」のイベントであっても

 

街コンジャパン|「一人参加限定」のイベントを含む検索結果

 

これだけの一人限定イベントがあるのです。

 

■一人参加で婚活することはまったく恥ずかしくない

以上、一人参加の婚活について書きました。何度も言いますが一人のほうがメリットがあり、全く恥ずかしいことではありません。

 

むしろ、友人としか婚活へ行けない人は本気で結婚したいのか疑うレベルです。知らない人と出会い共に生活していくのに、最初から友人という逃げ場所、言い逃れの口実、安全地帯を確保しておくのはむしろ邪道です。

 

「自分は自信がない何もない空っぽの人間ですよ」と公言しているのと変わらないかもしれません。私なら友人と一緒に来ている女性は最初から対象外です。地雷である可能性が高いですからね。

 

「友人と来れば友人がサポートしてくれる」というメリットもありますが、交際に進みプロポーズの際も友人にサポートしてもらうんですか?そういうことはないですよね。ならば最初から一人で婚活に臨んだほうが経験値もスキャンも身につくはずです。

 

ですので、正々堂々一人参加していただきいい出会いを見つけてください。友人と参加よりも一人参加のほうが上手くいきます。応援しています!

 

■婚活で一人参加の勇気を応援!一人限定も?ツアーやパーティーで起こる出来事5選 まとめ

  • 婚活は一人参加した方がメリットが多い
  • 婚活で起こるであろう出来事(本文参照)は一人参加のほうが可能性が高くなる
  • 友人と参加していると本気度を低く見られてしまう
  • 一人参加して失敗の中から自分で経験値を積んでいった方がいい
  • 同性の婚活仲間を見つけるためには一人参加に限る
  • 従来友人との参加を原則としていた街コンなども「一人参加限定」回を積極的に設けるようになった
  • 周囲の目を気にせず積極的に一人参加してアタックしてみるとよい

 

\ 基本は結婚相談所で一人もオススメ! /

結婚相談所の選び方 一括で比較できる無料資料請求&ランキング

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング