婚活の為にグラフでわかる結婚の年齢の推移と生涯未婚率

晩婚化、未婚化が進む生涯未婚率を完全ガイド

 

「晩婚化」「未婚化」などが騒がれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
結婚は早くすべきものという価値観自体が古いものですし、そもそも結婚相手が見つからないからこそ皆さん婚活をするわけです。

 

また「生涯未婚率が過去最高になった」というニュースもあります。何で一生のうちに結婚しない人の割合が分かるのでしょうか?

 

ここでは平均結婚年齢や生涯未婚率といった結婚をめぐる数字について考えてみたいと思います。

 

上昇を続ける結婚年齢

 

 

結婚年齢は「全婚姻」「初婚」「再婚」と3種類あります。

 

再婚年齢が高くなるのは当然で、全婚姻の結婚年齢もそれにつられて高くなります。
3組に1組が離婚する時代と昔を再婚年齢で比較してもあまり有意な結果はないと思いますし、みなさんが関心があるのは初婚年齢だと思います。

 

初めて結婚した結婚した年齢の平均がどうなっているのか、というかどのくらい平均結婚年齢が上がっているのか、以下のグラフで見てみましょう。

 

※グラフの作成に当たっては厚生労働省 夫・妻の平均婚姻年齢の年次推移等を参考にしました。

 

平均結婚年齢(初婚年齢)の推移(グラフ)

 
昭和45年 26.9 24.2
50年 27.0 24.7
55年 27.8 25.2
60年 28.2 25.5
平成2年 28.4 25.9
7年 28.5 26.3
12年 28.8 27.0
17年 29.8 28.0
19年 30.1 28.3
20年 30.2 28.5
21年 30.4 28.6
22年 30.5 28.8
23年 30.7 29.0
24年 30.8 29.2
25年 30.9 29.3
26年 31.1 29.4
27年 31.1 29.4

 

 

グラフはこうなりました。

 

グラフを見ていただくとわかりますが、平均結婚年齢は上々の一途をたどっています。
一度も下げに転じたことがないので、日本社会の構造的な問題なのだといえます。

 

実際に普通のルートで結婚する人はもっと年齢がいっている?

 

この平均結婚年齢ですが、色々な人の結婚を加味してこの数字だと思ってください。
つまり、高卒くらいで「できちゃった婚」をするような人たち、「ヤンキー」や「ギャル」といった人たちの早婚も含まれています。

 

ということは実際に大学卒業して就職して・・・、というルートを歩んでいる人の結婚年齢はこれよりも高い可能性があります。
婚活のボリュームゾーンが平均結婚年齢よりも高いのは、30歳を過ぎて結婚できずに焦って・・・という人もいますが、案外、普通の大学卒業ルートを通ってきた人には「適齢期」だから、なのかもしれませんね。

 

なぜ結婚年齢は上がり続けるのか

結婚年齢が上がり続けることについては、様々な方が様々な分析をしていますので、ここであえて述べません。

 

女性の社会進出によって「早く結婚しなさい」という圧力がなくなったのは事実でしょうが、それなら社会進出をはじめからしている男性の結婚年齢も同じように上がっていくのが説明できません。

 

婚活ライターとしては、婚活の見地からこのように結婚年齢の上昇要因を考えます。

 

モテないタイプの男性に対して縁談の紹介がなくなった

昔も今もモテない男性はいます。

 

今の男性は「草食化していてだらしない」というのは年寄りの戯言です。
お年寄りが若いころだってモテないタイプの男性はいたはず。
そういう人は、お見合いによって結婚できていました。

 

相手となる女性も断ることが世間的に許されない空気がありましたから、仕方なく、しぶしぶ結婚していたわけですね。

 

恋愛結婚はそのまま、他者が介入するお見合い結婚が減った

 

時代の変化とともに、近所のおせっかいおばさんや会社の上司が縁談を持ってくるという機会が減りました。良くも悪くも濃かった近所づきあいはマイルドなものになりましたし、会社の男性上司が部下の女性に「彼氏いないの?」などと聞けば即セクハラ案件になる時代です。

 

「最近の若い女性は怖い」。これは私のお見合いを担当したお見合いおばさんが言った言葉です。男女とも裏で何をしているのかわからないので、自信をもって勧めることができなくなっているようなんですね。

 

しかし、昔も今もコミュニケーション力があり、対異性で上手に恋愛できる人はいて、その人たちは20代で問題なく結婚していきます。みなさんの職場でも、新卒入社数年で学生時代の恋人と結婚する人はいますよね。あのタイプはいつの時代でも問題なく早くに結婚していきます。

 

底辺男性と中間女性が「売れ残っている」!?

 

となると、結婚できずに「売れ残っている」のはどういう人たちかと言いますと

  • 恋愛的に底辺のモテない男性
  • そこそこおしゃれできれいな中間レベルの女性

です。

 

詳しくは私の記事婚活で売れ残り?底辺の男性と中間の女性が残ってしまう法則がヤバイを読んでください。

 

かつてはお見合いなどで救われていた(半強制的に結婚させられていた)この層が放置プレイになっているため、結婚できずに平均結婚年齢が上がっていると考えるべきです。

 

結婚できない社会の到来?「生涯未婚率」の上昇について

平均結婚年齢の次は「生涯未婚率」です。

 

最近のニュースで「2015年の生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%になり、男性は4人に1人が一生涯結婚できない」と騒がれましたが、これをどのように捉えたらいいのでしょうか?

 

※参考朝日新聞|生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高

 

生涯未婚率の定義

 

平均寿命や平均余命は今現在の数字ですから、例えば平均寿命は今現在の「0歳(赤ちゃん)の平均余命:どのくらい生きるのか」であり、最新の数字で男性80.98歳、女性87.14歳ですが、今年生まれた赤ちゃんが実際に80歳になるころにはもっと伸びているでしょう。
つまり、女の子なら平均90歳くらいまで生きる可能性があるというわけです。

 

生涯未婚率も同じような考えで、生涯結婚できないか、未来のことはだれにもわかりません。

 

そこで「50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない人間の割合」と定義しました。
つまり、みんなが婚活して50歳までに結婚できればこの数字は減ることになります。

 

また、50歳過ぎて初婚の人も少数ですがいるはずです。
その場合、「50歳の時点で一度も結婚したことがない」には該当するので「結婚したのに『生涯未婚』」という奇妙な立場に置かれてしまいます。

 

平均結婚年齢のような絶対的な指標ではなく、相対的にどのくらい結婚できない社会になっているのかを見る数字だと思ってください。

 

生涯未婚率の推移(グラフ)

 

それでは生涯未婚率のグラフを見て行きましょう。

 

※グラフの作成に当たっては平成26年版厚生労働白書 〜健康・予防元年〜図表1-1-2  生涯未婚率の推移等を参考にしました。

 

男性 女性
1950 1.5% 1.4%
1955 1.2% 1.5%
1960 1.3% 1.9%
1965 1.5% 2.5%
1970 1.7% 3.3%
1975 2.1% 4.3%
1980 2.6% 4.5%
1985 3.9% 4.3%
1990 5.6% 4.3%
1995 9.0% 5.1%
2000 12.6% 5.8%
2005 16.0% 7.3%
2010 20.1% 10.6%
2015 24.2% 14.9%
2020 26.6% 予想 17.8% 予想
2025 27.4% 予想 18.9% 予想
2030 27.6% 予想 18.8% 予想

※2020年以降は国の予想値

 

 

予想では、男性30%弱、女性20%弱で「上げ止まる」と言われていますが、もっともっと悪化するのではないかともいわれています。

 

男性と女性で生涯未婚率に差があるのはなぜ?

 

グラフをみていただくとわかりますが、生涯未婚率には男女差があります。
平均結婚年齢のように、「男性の方がちょっとだけ高い」とは次元が違います。それはなぜでしょうか?

 

また、1960年代〜70年代の未婚率は女性>男性でした。

 

まず、現在、そして今後男性と女性の生涯未婚率に10%差があるのは、男性の中に再婚→離婚→再婚を繰り返す層がいるからです。
一度でも結婚すれば「生涯未婚」ではありませんから、女性の中には離婚した人やシングルマザーになってしまった人もいます。

 

モテ男による「時間差一夫多妻制」ともいえるかもしれません。
一部の男性が女性を「とっかえひっかえ」するので、とっかえられた女性の未婚率が低くなります。

 

一方で、非モテ男性はお見合いなどの機会が減るため、昔なら結婚できていた(させられていた)ような人でも結婚できなくなっています。

 

もちろん、積極的に結婚しない人生を考える人が増えて、それが許容される世界になってきたのも事実ですが、このサイトを見ている人も含めてネガティブな要因で結婚できなくなっている人のほうが多いでしょうね。

 

60年代〜70年代

 

次に60年代〜70年代の今とは未婚率が逆になっていた時代ですが、これは特に病気や障害などがない男性ならばほぼ100%「結婚させられていた」と考えるべきです。

 

恋愛できない人には当然どこからともなくお見合い(≠婚活)のお誘いがあり是非もなく結婚させられていたと考えるべきで、親や世間の結婚圧力は相当なものだったのでしょう。

 

じゃあなぜ女性の未婚率が男性よりも(2%くらいですが)高かったのか、これについては詳しい分析がないのですが、私はこう解釈します。婦人科系に問題があり「産めない女性はいらない」という理由ならば、1950年代も女性の未婚率のほうが高いはずですよね。

 

つまり、女性の社会進出によって積極的に独身を選ぶ層が1%〜2%くらいいるということです。中にはLGBTの人もいたかもしれません。

 

男性は世間体のために無理やり結婚でしたが、女性はその時代に積極的に結婚しない人たちですから、世間体とかどうでもよくて自分を貫きたかったはずです。

 

60年代〜70年代は昔の「家制度」は女性を家に縛るのではなく、男性の方を「家を存続させるために」縛っていたのかもしれません。男性だってLGBTで女性と結婚したくない人はいたはずですが我慢したんでしょう。

 

晩婚化と未婚化・非婚化は必ずしも同じ理由ではない

 

以上、平均結婚年齢と生涯独身率について数字を見てきました。
どちらも傾向として「晩婚化」「非婚化」という大きな流れがあるのだとわかります。

 

その理由として

  • 結婚圧力の減少
  • お見合いの機会がなくなる
  • 女性の社会進出
  • 自分らしい生き方の許容

などが挙げられますが、昔よりも遅くてもともかく結婚するのと、一度も結婚できないのでは中身が違います。

 

「結婚したくてもできない人たち」が増加していると考えるべきで、それが生涯未婚率の男女差に出ています。

 

ざっくり
男性の生涯未婚率(23%)−女性の生涯未婚率(14%)=9%
男性の9%は結婚したくてもできない人ですね。

 

これは男性特有の事情があり、安定した職に就ける人が減っているからです。それに伴い、収入についても正規雇用と非正規雇用で断崖絶壁ができています。

 

男性の場合、年収と結婚率には明確な相関関係があり、収入が低い男性ほど結婚できません。
それは

  • 家族を養えないと男性が思い、婚活しようとしない、あきらめる
  • 女性は非正規の収入が低い男性は選ばない
  • 今の婚活はお金がかかるから婚活そのものに参加できない

という理由です。
昔のように「お見合いおばさん」がいればほとんどボランティアですからお見合いできたと思います。

 

 

意外と「男が引っ張って家庭を作っていくべき」という昔の考え方にとらわれている男性が多いんです。だから「無理」だと判断してしまう・・。

 

年収が低くても共働きすれば十分生活できるのですが、婚活女性は法則によると底辺ではなく「中間」なので、底辺男性と共働きはまっぴらごめんなんですね。

 

年齢が上がれば上がるほど、正規雇用の安定職に就くのは難しくなりますから、どんどん婚活の難易度が上がって「無理ゲー」になります。それが、数字から見る今の日本の結婚と婚活の現状というわけです。

 

解決法は・・それが分かればこうなっていないはずなのでわかりませんが、結婚したいならば婚活を始めてみること、家族親族知り合いに「お見合いおばさん」的な人がいないかさがすことだと思います。

 

婚活の為にグラフでわかる結婚の年齢の推移と生涯未婚率

  • 晩婚化、未婚化は年々進んでいて改善の兆しが見えない
  • 結婚したい人が結婚できない状況になっている
  • 男性の方が女性よりも結婚が難しい状況になっている
  • 女性は結婚できても男性に捨てられる可能性がある
  • 非モテ男性を救う方法がなくなってきている
  • 晩婚化と非婚化の原因は必ずしも同じではない
  • すこしでも結婚したいと思ったら婚活をできるところから始める
  • 「お見合いおばさん」的な人を探す。昔はこの人たちに多くの人が助けられて結婚できていた

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング