婚活に疲れる、疲れたと感じる場面やポイントは男性・女性で違う?徹底比較

婚活疲れは誰でもおこる!?男女で比較してみた!!

婚活疲れ」という言葉があります。婚活は本来ならば結婚相手を探す活動ですから、楽しいものであるべきなのですが、就職活動以上に心が折れることが多いです。就活ならば複数の内定を取ることができますが、婚活で内定=婚約を複数の相手とできるわけがありません。うまくいかない場合、人はどんどん自信を失って辛い、疲れたと感じてしまいます・・・

 

男女ともだった一人の相手を探すための活動になりますから、妥協しづらく断る、断られる、で疲弊してしまいます。疲れた、疲れると言われる婚活ですが、男女でそうした疲労ポイントや場面は違うのでしょうか?

 

今回この記事でまとめてみましたので参考になさってください。

 

婚活疲れのボリュームが多いのでもっと記事を作っていこうと思います

 

なぜ婚活は辛い?疲れるのか?

 

婚活による疲労が進行すると「婚活うつ」と呼ばれる症状、状況になってしまいます。なぜ婚活をすると疲れてしまうのかについては、過去に私が書いた記事

 

婚活うつに気を付けよう〜婚活で疲れた心をいやす方法と予防

 

に詳しく書いています。

 

簡単に言うと

 

  1. 就職活動以上に人格を否定される
  2. 働きながらなのでスケジュールがハード
  3. 長時間神経が張り詰める
  4. 異性が信用できなくなる

 

ということが重なるため、自分をどんどん追い込んでしまいます。就職活動ならば(交通費以外は)お金がかかりませんが、婚活は真逆で非常にお金がかかります。また、決まらないと何年もそれが続くことになるので、心が一向に休まらないんですね。

 

どうすれば疲れた状態を回復させられるのか、特効薬は相手が見つかって婚活を終えることですが、なかなかすべての人がそううまくはいきません。

 

疲れた状態を回復させる方法
についても、上の記事で述べています。

 

  1. 休養をしっかりとる
  2. スケジュールを入れ過ぎない
  3. リフレッシュする
  4. 婚活自体を一旦休む

 

などの方法が考えられます。就職活動と違って婚活は「卒業までに決めないと・・」ということはありませんから、適宜休みながら行うというのも1つです。ただ、短期集中で決めた方がいいという人もいまして、答えがない問題ではあります。

 

婚活疲れ対策!を辞めよう、挫折しそうになった時に励みになる言葉、名言集

 

 

で婚活の教訓のようなものを書いてみました。人類の半分が異性なのだからチャンスはある!と考えてあきらめずに進みましょう。

 

しかし、婚活の場合男女で疲れるポイントが違うようです。就活の場合は、男性が基本で女性にハンディがある感じになりますが、婚活はそうでもないようです。以下で婚活における男女の疲労ポイントの違いについて考えたいと思います。

 

婚活での男性の疲れるポイント

 

まず男性の疲労ポイントについて考えます。

 

申し込みが通らない、上手く自分のおもうようにならない・・・

 

一般的に婚活の初期は「女性上位」言われています。

 

婚活パーティーに出たことがある人ならわかると思いますが、男性は可能な限り女性に申し込みますが(相対評価)、女性は「これ!」と自分の中の基準を超えた人でないと申し込みません(絶対評価)。

 

つまり、女性の方に選択権があり、いくら申し込んでもダメな人は断られ続けてカップルになることができません。

 

これは婚活サイトでも同様です。100名以上の男性から申し込みがある女性は少なくありませんが、どんなにイケメンハイスペックでも(つまり婚活サイト最上位の男性)でも、申し込まれる件数は20人〜30人です。

 

やはりカップリングの選択権は女性にあり、いくら申し込んでも希望が通らないため、男性は疲れてしまいます。賽の河原に石を積むような徒労感だけが残ってしまうわけですね。

 

□金銭的な負担が大きい

 

婚活では基本的に男性のほうが出費が圧倒的に多くなります

 

婚活パーティーの参加費や婚活サイトの利用代を見てもわかりますが

 

男性:

婚活パーティー 5000円〜6000円
婚活サイト 3000円前後

 

女性:

婚活パーティー 無料〜3000円
婚活サイト 女性無料のものもあり

 

という感じで、女性はお金を一切かけなくても実は婚活ができるのですが、男性の場合万単位の出費を続けないと婚活自体に参加できないんです。

 

カップリングしてからも男性の出費は続きます。IBJなどの結婚相談所では初回(お見合い)時は男性がすべて負担する、と定められているところもあります(仲人同席の場合は仲人の分も男性が支払います)。

 

ホテルのラウンジなどで行いますから、飲み物1杯1000円以上するところもざらです。以降もデート費用は男性が多く出さないと、割り勘にしただけで切られてしまう可能性もあります。

 

そうでなくても、サクラではありませんが「メシモク」(食事目的)の女性というものは特に婚活サイトや婚活パーティーなど、本人確認項目が少ない婚活にはいますので食事だけ奢らされてそのまま消えてしまう、ということも結構あります。

 

そうなると「自分は体のいいATMなのか・・・」とショックを受けてしまい、金銭的ダメージだけではなく精神的な疲れにもつながっていきます。女性に悪意はなく、男性がふがいないばかりに切られてしまうのは自業自得ですしやるせないですね。

 

□エスコートの経験値がない

 

男性は女性をエスコートしなければいけません。結婚相談所の場合指導があると思いますが、男性は先にお見合い場所に行って女性を待つ、座席は女性が上座、しっかり席までエスコートするなど、しなければならないことがたくさんあります。

 

結婚相談所でなくてもその傾向は同様です。立食付きの婚活パーティーで、自分の食べる料理だけ持ってくる男性は相手にされないでしょう。女性の分も取り分けてタイミングよく渡すなど、職場の飲み会以上に気を使わないといけなくなっています。

 

もちろん交際が始めればお店の選定やデートコースを決めることなどは、男性が主導してやらないといけません。

 

そんな「男女平等ではないか!」と思うかもしれませんが、婚活市場に来ている女性はそういう人たちが多いのです。能動的に男性を引っ張ってくれるタイプならば、婚活せずとも相手は見つかっているでしょう。

 

つまり、学生時代にデートをしたことがないような男性は、女性との接し方に慣れておらず、かつ、求められるスキルが高いので経験がないと非常に負担になります。これもまた、男性を疲れさせていくポイントになります。

 

□出会いの機会が日常にない

 

男だけの環境で生きてきた男性には、日常的な出会いがありません。固い職場、理系で研究職だった、そういう人は婚活しか相手を見つける方法がありません。昔ならばお見合いをセッティングしてくれる人もいたでしょうが、今の時代はなかなかいません。

 

でもどうしても結婚したいという男性はいるわけで、周囲の人がカバーしてくれない分自分で動かざるを得ない時代になっています。だから、昔の男性がしなくてもよかった苦労をして疲れるのです。

 

■婚活での女性の疲れるポイント

 

女性が疲れるポイントについても考えてみました

 

□今までの人生でなかった申し込みの殺到

 

女性の場合、婚活をしてまず驚くのが、男性陣からの申し込みが殺到するということです。婚活のシステム上男性が女性に申し込むことが多いのですが、それまで生きてきてあまり縁がなかったような女性でも、数十人の男性から一斉に申し込まれることがあるようです。

 

「モテモテでラッキーじゃん」と思うかもしれませんが逆で、こんなに男性が群がってくることに恐怖するそうです。

 

「絶対おかしい」「私の体目当てなの?」など不安、心配によって婚活の入口で引いてしまい、なんとも言えない疲労感に覆われてしまいます。

 

□男性からの唐突で強引なアプローチ

 

いざ婚活をして仮交際などを始めたとしても、婚活男性はモテない感じのタイプが多く、女性との適度な距離感というものがつかめない人がいます。

 

初回のデートなのに高級レストランのフルコースを予約したり、その逆で安い居酒屋に連れていかれたりということがあるようです。

 

もちろん、会って間もないのにいきなり手をつないで来たり、ハグして来たり、キスを迫って来たり・・・、女性と触れ合いたいのは男性の本能でもありますが、それを上手にコントロールできない男性と会うと精神的に参ってしまいます。

 

もちろん、セクハラ案件、もっとひどい案件になることも考えられます。結婚相談所など相手の職場や住所などをしっかり把握している婚活であれば、そういうことは少ないと思いますが、婚活サイトや婚活パーティーならばどこの誰だかわかりません。怖いですよね。

 

その逆で、既婚者や彼女がいる男性が「遊び目的」「ヤリ目的」で婚活女性を弄ぶということも考えられます。婚活女性の中には(男性と同様に)異性に免疫がない人もいますから、引っかかって心身ともに傷ついてしまいます。

 

「疲れる」以上に「傷つく」可能性があるのは女性の方です。

 

□自分の中で妥協できなくなる

 

上でも書きましたが、男性は比較的「相対評価」なのですが女性は「絶対評価」の傾向があります。これは突き詰めると、男女の生物学的違いにもなるので一概に悪いとも言えないのですが、婚活を続けていくとどんどん「婚活思考」の蟻地獄に陥ってしまいます。

 

次々に申し込みが来ますから「もっといい人がいるはず」と高望みしてしまい、全く妥協できなくなってしまいます。妥協しなさいということではありませんが、100点を取れる男性が婚活にいるはずありません。

 

もっと言うと100点の人間自体この世にいないはずで、どこか欠けている部分を男女で補っていくのが結婚のはずです。でも、妥協できなくなってしまうと、存在しない男性を求めて婚活を続けるのですから(そして決まらない)、それは疲れてしまうのだと思います。

 

□再婚へのハードルの高さ

 

女性の場合再婚の難しさも婚活疲れにつながります。男女ともに離婚歴アリは婚活ではマイナスなのですが、まだ男性は年収やステータスでカバーできます。

 

しかし、女性の場合はバツイチ(それ以上)を選ぶ男性は非常に少ないです。まして、前の夫との間に子供がいる、シングルマザーならば再婚への難易度は格段に高くなります。

 

そして、それでもいいという男性は、はっきり言うとモテない中でもさらにモテない、とにかく「結婚だけでもしたい!」という男性ですから全然イケていない。女性は絶対評価になりがちですから、そんな男性が評価の基準をクリアできるわけがありませんよね。

 

よって離婚歴があり再婚を目指そうとすると、非常に難解なゲームになってしまい、疲れが増幅していきます。クリアできないゲームをすると、そりゃ心身ともに疲れてしまいますよね。

 

■男女の疲れるポイントは違う

 

このように、男女の疲れるポイントはかなり違うことがわかりました。同じ婚活疲れでも性質が違うんですね。

 

少しでも疲れるポイントを減らそうとすれば

 

  • 男性は年収や社会的ステータスを上げること
  • 女性は目をつぶって妥協できるようになること

 

だと思います。でも簡単なことではないですよね。

 

婚活というシステムは合理的過ぎて自由恋愛以上にスキルがいります。若いときは女性にモテて仕方がなかった男性が、結婚するタイミングを逃して、仕方がないので婚活しようとしたら箸にも棒にも引っかからないという話はよく聞きます。

 

恋愛で求められる能力と婚活で求められる能力は違うんです。だからこそ、モテない感じだった人でも婚活で結婚相手が見つかるんですが、そのためにはなるべく疲れないで男女の違いを理解して、短期決戦で決めるのがいいという結論になります。

 

就活のようにリミットは決まっていませんが、いつまでも引き延ばしても有利になる条件はありません。「婚活のベテラン」は決して誉められるものではないことを理解しましょう。

 

なお、愚痴を2chなどの掲示板に書き込んだりするものありかもしれませんが、傷の舐めあいになりますし、特定されかねない情報を書いたら大変なことになります。「こういう人もいるんだな〜」と読むだけにしておいたほうが賢明です。

 

男女の疲労ポイントの違いを理解することは、男女の考え方などの違いを理解することにもつながり、婚活の成功やその後の結婚でうまくいくための(そして疲れない)条件になります。ぜひとも「異性がダメだ!」と考えずに理解してみましょう!

 

 

■婚活に疲れる、疲れたと感じる場面やポイントは男性・女性で違う? まとめ

 

・婚活は基本的に疲れるものである
・就活のようにリミットはないので疲れたと思ったら休むのが大事
・しかし、短期決戦で決めた方がメリットが多い
・男性の疲れるポイントは金銭的なものと、経験値のなさからくるエスコート力不足
・女性の疲れるポイントは男性からの過度なアプローチと自身の男性へ求めるハードルの高さ
・お互いに歩み寄ることが何より大切
100%完璧な100点を取れる人間など存在しないことに気づく
・やはり短期で決めた方が疲れない

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング