婚活で贈るプレゼントの相場ってどのくらい?具体的な品物はこれ!

婚活のプレゼントは相手との関係で全部変わります!!

婚活中のプレゼントについて、この段階ではこういうものがいいよ、ということを書きます。最初の段階では食べ物か消えモノ(消耗品)がいいのですが、なかなかそれを知っている人は多くないようです。プレゼントは婚活で効果的なアイテムであると同時に、下手を打つと大失点につながるものでもあります。注意して、適切なタイミングで相手に贈ることができるようにしてください。

 

■段階ごとのプレゼントの相場と贈っていいもの

 

まず、婚活の段階ごとにプレゼントを考えていきます。そのステージに合ったものを贈らないと大変なことになってしまいます。

 

□お見合い、初面接

 

初めて会うときはプレゼントは基本的に不要です。だって、お茶代の支払いについてすら、喧々諤々の議論があり何が正しいのかわからないのが現実です。その人とまた会うかどうかもわからないのにプレゼントを贈るのは良くないですし、全く話したことがない人からもらうのも変ですよね。ただし、以下のことは頭に入れておいてください。

 

・お見合い(家同士)

 

正式な家同士のお見合いの場合、お見合い相手に贈るのではなく、後日(当日ではないです)仲人さんにお菓子などを贈るとされています。お見合いをセッティングしてくれたお礼ですよね。

 

略式のお見合いで当日仲人が立ち会わない場合には特に何も持って行く必要はありませんし、相手に何か渡せば仲人から注意が来るかもしれません。

 

ただし、相手の「親」が同席する場合、お菓子などを渡すことは「あり」のようです。いわゆる「消えモノ」でお菓子にしてください。実は私の人生最初のお見合いは相手の親が立ち会っていたので5000円のお菓子を渡しました(お見合いが始めると親は退席)。

 

結果は・・・、その日のうちに「二度と会いたくない」と断られました(笑)。お菓子をもらった親は「もう1回くらい会ってもいいんじゃないの?」と翻意したそうです。そういう意味では全く効果がなかったともいえないかもしれません。

 

・婚活サイト、大手結婚情報サービス

 

婚活サイトで知り合った人の場合、初回の面接では何も渡す必要はないです。どんな人かもわからないのにあげてももったいないだけです。オーネットやツヴァイなどの情報マッチング型結婚相談所の場合も初回は同様に必要ありません。

 

ただし、事前のやり取りで盛り上がり、ある程度趣味のことが分かっていた場合、1000円程度のものを持って行くのはOKです。例えば相手の女性が「歴女」だと分かった場合、近所の歴史的な建物のグッズや博物館等(歴史に関係する)のお土産を渡すと喜ばれるかもしれません。

 

原則必要なし、場合によっては簡素なものはあり、と憶えてください。

 

・仲人型結婚相談所

 

仲人型結婚相談所(IBJやNNRなど)の場合、お見合いのルールやお金の支払い方などは明確に決まっています。その中では、初対面では相手の名前も完全にわからない状態でしますし(名字か名前しか知らされません)、ルール以外のことをしてしまえばペナルティになります。

 

というわけで、お見合い時に相手に何かプレゼントするのは絶対にダメです。

 

■仮交際の時のプレゼント

 

初面接でOKをもらい、連絡先などが交換されて「仮交際」になりました。この段階は、「交際」ではありますが、「恋人未満の関係」です。つまり恋人と同じようなプレゼントを贈ってはいけないことになります。だってよく知らない他人なわけですから。

 

この段階でのプレゼントは「消えモノ」にしてください。

 

「消えモノ」とは、形に残らない消費してなくなるもののことです。言うまでもなく指輪やネックレスなどのアクセサリーは論外です。「気持ち悪い」と思われてそのまま中古買取ショップで換金されてしまうでしょう。

 

恋人でもない人から「心のこもった」ものをもらってもうれしさよりも嫌悪感が先立ちます。女性だけではなく、男性も1回会っただけの女性からネクタイやベルトをもらっても「どうなの?」と思うでしょう。まだこの段階ではメモリアルなものは必要なく逆効果になります。

 

そこで、「消えモノ」なのですが、消費されて消えるものということで

 

・お菓子
・ハンドクリームや化粧水、ブランド物の油取り紙

 

などがいいでしょう。実用品がいいからといって洗剤を贈る人はいないでしょうが、ファッション関係で消費されるもの(いくらあっても困らないもの)あとは食べ物ですね。嫌いなものをそれとなく聞いておいて、それは贈らないようにしましょう。

 

問題はこの仮交際の時期に相手の誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどカップルの年中行事が来た場合です。高いプレゼントを贈ったほうが効果的と思うかもしれませんが、やはりこの段階ではメモリアルは必要ありません。しかし、この時に何も渡さないのは完全にマイナス点になります。

 

だから、「消えモノ」で少々高いものを渡す、でいいと思います。仮交際ですから、複数人とあっている人もいるはずで、12月24日、25日と別の人と会うパターンもあると思います。あまり高いものを贈っても金銭的にダメージですし、この段階は恋人ではないですからね。

 

誕生日の場合は、消えモノのプレゼントの他、お店に事前にお願いして「デザートプレート」「お誕生部プレート」などをサプライスすると喜びます(特に女性は)。

 

相場ですが

 

誕生日、クリスマス等の記念日:5000円未満
通常会う時のちょっとしたプレゼント:1000円前後

 

でいいと思います。「近所に評判のお菓子屋があって」といって1000円くらいの詰め合わせを贈ると少しだけ次へ進める可能性がアップします(経験談)。高すぎない、けれど何か渡すというのがポイントです。

 

■本交際後のプレゼント

 

ここからは恋人同士ですし、婚活ですから「プロポーズ」も視野に入ってきます。プロポーズの場合はエンゲージリングを用意することになりますから、高価なメモリアルプレゼントになります。消えモノである必要は全くありません。むしろ、何かの折に形に残るものを贈らないと「本気ではない」と思われてしまいます。

 

お互いの誕生日には1万円くらいの形に残るプレゼントを贈っても何の問題もありません。また、プロポーズの際には男性から女性にエンゲージリング(平均的な相場は35万円くらいだそうです)を贈らないといけません。

 

ただ、この段階になれば愛情も恋愛感情もあるわけで、気をつなぎとめるための1000円くらいのお菓子などは不要です。

 

婚約後は、会うたびにお菓子を買ってくればむしろ「結婚後のために無駄な出費はやめよう」と言われてしまうかもしれませんね。

 

初対面→仮交際→本交際に移ってくる中でプレゼントの相場も中身も全く違ってくることになります。一番ダメなのは、相手の誕生日などを無視して(知らずに、意識せずに)何も贈らないことです。そうなると、即刻振られてしまうということもあるでしょう。

 

婚活で誕生日を書くのは、こういう時のプレゼントやイベントを企画するためのものです。単に「何月生まれなんだ〜」と思うだけでは結婚まで至ることは至難の業ですよ。

 

というわけで、各段階のプレゼントについて以下の表にまとめてみました。

 

 

(エクセル挿入)

 

 

 

■婚活で贈るプレゼントの相場ってどのくらい?具体的な品物はこれ! まとめ

 

・誕生日やクリスマスなど記念になる日にはプレゼントを贈ったほうがいい
・仮交際まではあまり高く形に残るものを贈られても相手が困る
・お見合いや初対面の時には何も渡さない
・本交際(恋人関係)になれば形に残るメモリアルなプレゼントをする
・仮交際時の「消えモノ」はお菓子かハンドクリームなどのファッション系日用品
・間違っても洗剤やハンガーなどの日用品は贈らない
・相手の親が同席する場合には何か手土産を持って行くのもあり
・記念日に何もプレゼントしないと大幅減点になってしまう

 

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング