【体験】サクラの正体は悪徳業者!実際にメールしてわかった特徴

【体験】サクラの正体は悪徳業者!実際にメールしてわかった特徴

ここでは婚活サイトとは無関係ですが、婚活サイトに入り込み別のサイトに誘導する悪徳業者の紹介をします。

 

こういった業者がいるせいでクリーンな婚活サイトに悪い評判がたつことが許せません。

 

Mさんの実録体験

アプリ系婚活サイトを利用している28歳のMさん。30歳までには結婚したいと思い勇気を振り絞って婚活サイトに登録しました。

 

自分からも積極的にコンタクトをとったり、相手から「いいね」を貰ったりと日々、婚活に奮闘していました。

 

そんなMさんにある日一通のメールが来ました。

 

「あなたのプロフィールを見てとても素敵な人だなぁと思いました。迷惑かもしれませんがメールを送らせて頂きます。もし良ければ返信下さい。」

 

とても丁寧なメールです。

 

メールの送信者は爽やかでオシャレな26歳の青年だったそうです。顔は超イケメンという今にも怪しい感じでは無く、人懐っこい可愛いらしい感じの男性です。プロフィールをみても特に変わったところが無く、趣味はフットサル。職業はIT関係で年収は600万〜800万円と26歳にしてはかなりいい条件の青年です。

 

しかも相手も結婚を前提とした出会いを求めていました。

男性

Mさんは「いい人に出会えた!!」とうれしくなりすぐにメールに返信をしました。相手も喜んでくれ、最初の1週間は他愛も無いメールをずっと続けていました。

 

ある時、その青年は「男性会員には有料会員登録が必要なのですが、有料登録期間がもうすぐ終了します。Mさんとはもっと色々話しがしたいのでLINE IDを教えてくれませんか??」とメールを送ってきました。Mさんはその青年を信用していたので、すぐにLINE IDを教えました。
※実際に一般の方でも仲良くなればLINE IDを交換することはよくあります。

 

するとLINEには「スマホの調子が悪いからこっちで連絡を取りたい」とまた別のURLを貼りつけたメールがきました。Mさんは何も気にせずURLをタッチして開くとポイント制の出会い系サイトが出てきたのです。

 

Mさんはこの時点でおかしいと感じネットで調べたところそれは婚活サイトが用意したサクラでは無く別の業者が婚活サイトに入りこみ勝手にこういった利用者に迷惑をかける行為をしているという実態を理解しました。

 

Mさんはすぐにその青年とのメールをやめてすぐにLINEもブロックしました。問題はこれで解決しますが、Mさんの心には深い疑心暗鬼の種が生れましたのです。

 

当時は青年の事で舞い上がっていたので他の方からの「いいね」などに気にせずにいました。たった1週間の話しですがMさんはとてもムダな時間を過ごしてしまい、また別の方から連絡が来てもすごく疑い深くなったそうです。そして以前のように婚活に対する積極性を失ってしまい、今は一時休憩という状況だそうです。

 

クリーンな婚活サイトと評判だからこそ勇気を出して登録をしたのに、心無い業者のせいでMさんは休憩を余儀なくされました。

 

現在Mさんはサクラのポイントも掴めたのですぐに変だと気付くこともできるようになり、サクラを避けて婚活をしています。

 

Mさんが気付いたサクラの特徴

1.全てが並み以上

ルックス、身長、年収、学歴が平均以上です。
超ハイスペックでは無く、並以上で探せばいそうな感じです。

2.職業があいまい

IT関係、貿易関係、経営者と普通の方が想像しにくい職業の人が多いです。
得に経営者と名乗る方が多く年収は800万以上と記載している人が多いようです。

3.脈をもたせる。

私はあなたと結婚前提でお付き合いをしたいということを前面に押してきます。実際にMさんに来たメールでは「結婚を前提としたお付き合いで間違いないですよね?変な感じに伝わったらごめんなさい。」とメールが来ました。
※これは最初では無く、終盤にLINE IDなどを教える直前ぐらいに送ってきます。

 

業者と見抜くポイント

防御策1 メールで怪しい点は無いか確認しておく。

今回のケース実は怪しむポイントがありました。
当時のMさんは気付きませんでしたが、冷静になると不自然なメールが有りました。

 

不自然なメール1 仕事が不明瞭

職業欄にはIT関係としか書いていなく、ITのどういった事をしているのか聞いても「説明が難しい、ほとんど表に出ない仕事だから言ってもわからない」と言われはぐらかされたそうです。そしてプロフィール欄には年収が高めに書かれています。MさんはIT関係には疎いので目に見えない仕事があっても不思議では無いと思い、そこは深く考え無かったそうです。

 

他にもMさんがメールをしていてちょっとおかしいなと思った点があります。

 

不自然なメール

1.身内がいない

Mさんの場合は家族構成を聞くと両親とも事故で無くなって兄はいるが何をしているかはわからないと言われたそうです。Mさんはそれ以上の深入りは良くない、両親の事は二人とは関係が無いと考えたので気にも止めなったようです。

 

2.会社のホームページやfacebookを教えてくれない。

会社のホームページやfacebookは教えてくれませんでした。サクラいわく、リアルの友人・知人にしか教えないとの事だそうです。理由は一度サクラに引っかかって、その時に色々を教えたら迷惑メールや営業電話が掛かって来たから警戒しているとの事です。

 

サクラを見分ける判断材料にならない情報

facebookの友人数は信用できません。
実際にMさんがメールをしていたサクラには友人数が500人いたそうです。

 

これからわかることはfacebookの友人数はサクラか見分ける方法としては使えません。おそらくなんらかの方法でアカウントをたくさん持っているのでしょう。それらを同じ様に友人登録をして、友人を多く見せるように偽造しているのだと思います。
ブログを偽造している強者サクラもいるそう

 

これはMさんの体験では無く別の方の体験ですが、ホームページとfacebookは教えられないがブログなら教える事ができると言うサクラもいるようです。しかも実際にしっかりと書いているそうです。カラクリは簡単です。

 

まず無料のブログを新しく作り、他人のブログで書いてある文をコピー&ペーストするだけです。

 

写真を自分に変えれば完成です。よってブログはサクラの判断材料にするのは少し難しいかと思います。

 

対策方法

サクラを対策にするにはいくつか方法があります。

対策1 情報の共有化

事前にこういった業者が入っているという情報を仲間で共有する。
もしも周りに婚活をしている人が会社の同僚や友人でいるのであれば情報の共有化をしたり、今メールしている人をどう思うかなど第三者の意見を聞きましょう。冷静な分、怪しいと思ったらすぐに注意してくれます。
そしてアカウント名や本名などをインターネットで検索して下さい。実際に検索に引っかかるサクラは少ないですが、常習犯は検索するとすぐに引っかかります。

 

対策2 婚活サイトに通報する

婚活サイトに通報し明らかに悪質な場合はアカウントを削除することができます。各婚活サイトは常に利用者が効率よく且つ安全に出会えることを最優先にさまざまなヘルプサービスを用意しています。

 

但しこの対策はサクラがアカウントを変えると通用しなくなる事があります。

 

最終的にはあなたの注意点と警戒心がサクラを未然に防ぐ方法です。

 

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング