オタクが教える喪女の婚活!結婚するための戦略的な振る舞いと婚活サービスの使い方

オタクで喪男がオタク喪女の婚活を語ってみる!

自分は喪女だから結婚できない、婚活しても意味がない、何をやっても出会いなどない、などとお嘆きの方はいませんか?モテないことがコンプレックスなのはよくわかりますが、婚活の場合男性の「喪男」に比べてば喪女はまだいけます。戦略的に振る舞えば寄ってくる男性はいますから、その中でいい感じの人を選べばOKです。そのためには何をすればいいのか、オタクで喪男、でも結婚できた筆者が考えてみたいと思います。

 

■そもそも「喪女」とは?

喪男がモテない男、彼女いない歴=年齢の男性を指すことが多いので、喪女もその女性版と思っていただければOKです。

 

高校生喪女の悲哀(自業自得)を描いたマンガで、アニメ化された『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』では喪女を以下のように定義しています。

 

  1. 男性と交際経験が皆無
  2. 告白されたことがない人
  3. 純潔であること

 

(アニメ公式PV)

 

 

この考えで行くと「彼氏いない歴=年齢の告白されたことがない処女」=「喪女」ということになります。告白されて断ったことがある人は喪女ではなく、事実、このアニメの主人公黒木智子(もこっち)はそういう人でも「ビッチ」扱いです。

 

でも、婚活市場にいは「彼女いない歴=年齢の告白されたことがない童貞」はたくさんいますから気にする必要はありません。

 

最近では明らかにリア充っぽいキャラでも喪女だったというケースもあります。喪女であることがダメなのではなく、喪女を意識しすぎて卑屈な態度を婚活でとってしまうと男性から引かれてしまうというわけです。

 

■婚活では喪女はモテるのでは?

喪男は婚活ではモテませんが、喪女は婚活でモテないということはありません。むしろ「彼氏しない歴=年齢」などは加点要素にもなり得ます。喪女を狙う男性は喪男だけではなく、遊び人、ナンパ師的な人から真面目な誠実男性まで様々です。

 

これは「男は最初、女は最後になりたがる」という心理学の欲求を無条件で満たすことになるからです。喪女は最初も最後もなく、付き合って結婚すれば相手の男性にとっては「最後の女性」が確定しますし、女性にとっても相手の男性は最初の男になります。

 

男性の中には男慣れしていない、もっと言うと他の男性と付き合ったことがない女性の方が結婚相手として良い、という価値観の人が結構います。そういう人にとっては、喪女は願ってもない相手ということになります。

 

とはいえ、明らかに「喪女です!」と分かる服装や振る舞いをしていては避けられてしまいます。男性が女性の外見を重視するのはよく知られています。磨けば光りそうな喪女であれば色々な男性からアプローチがありますが、外見の改善の余地がない人、つまりあまりに太っている人などにはやはり男性はついてこないでしょう。

 

この作品『私がモテてどうすんだ』(上のわたモテとは別作品)の主人公芹沼花依は喪女どころか、男性同士の禁断の愛(BL)をこよなく愛する「腐女子」のデブでしたが、あるきっかけで痩せてからモテモテになります。

 

(アニメ公式PV)

 

男性は女性の容姿が第一であり、花依のオタク趣味、BL趣味についてはがんばって乗り越える、自分も好きになる、と男性陣が発奮します。

 

つまり、男性と付き合ったことがなくてもそれは男性にとっては些細な問題で、それよりも最低限の容姿、というか清潔さがあれば十分に婚活で戦えるのが喪女です。

 

喪男は婚活で女性をリードできないので全然ダメですが、喪女は男性からリードされエスコートを受ければいいので、異性とスムーズにコミュニケーションを図れる経験は必ずしも必要ありません。

 

リア充っぽい女性に惹かれる男性もいますが、そういうタイプと争っても仕方ありません。ただ、喪男と違い喪女については、その属性を好きな男性が一定数いるということです。「普通の女性」になるのもいいですが、やはり大変です。この層をターゲットにすると意外とうまくいくかもしれません。というわけで喪女をアピール材料に使える戦略を考えてみました。

 

■喪女が結婚するための戦略的振る舞い

 

□最低限の容姿、外見は維持する

「ブス専」「デブ専」という男性もいますが、みなさんはブスでもデブでもないはずです。ただ、磨かれていない原石なだけだと思いますので、最低限のお化粧は覚えましょう。あとは安くてもワンピースなど婚活女性っぽい恰好をすること、そして美容院へ行き喪女っぽい髪形からかわいらしい感じに変えます。

 

外見が変わっただけで男性の反応は手のひら返しになるはずです。完璧である必要はありません。元の素材が優れていることが伝われば、能力がある男性、スペックが高い男性は気付くはずです。

 

□会話は無理しない、リードしてくれる男性に任せる

喪女は、と言いますか婚活女性は無理に話を引っ張る必要はありません。そこは男性の役割ですので、会話に参加できないようなら黙っていても構いません。

 

婚活パーティーなどで会話が止まってしまった場合は、スマートなリア充っぽい男性が横から入り、話していた男性から会話の主導権を奪って、あなたに答えやすい話を振ってくれるはずです。

 

喪男はこれができないから撃沈するのですが、喪女はむしろ話し下手のほうが萌えるのです。だからいろいろな婚活へ行き、多くの男性と接する機会を増やしてみてください。

 

□時折「喪女」だったことをほのめかす

会話中、他のリア充女子のようにふるまっても無理が出ます。相槌を打ちながら

 

「いいな、みなさんは仲のいい人が多くて」
「私はなかなか出会いがなくて」
「私と結婚してくれる人いるのかな?」

 

と自嘲気味にたまに喪女っぽいことを言ってみましょう。それを見て庇護したい欲求を感じる男性がいるはずです。

 

ただし、NG事項もあります。

 

「今まで彼氏がいたことがない」
「処女なの」

 

これはダメです。婚活男性の中には「処女厨」という属性を持った人がいてその人たちの格好の餌食になってしまいます。

 

 

処女厨は

・ヤリモクで簡単に落とせそうな(やれそうな)女性を探しているナンパ師、女性の初めてを奪うことに快感を覚えるタイプ。当然数回遊んだらポイッ。

・40過ぎて自分もモテないのに、歪んだ女性観で、男を知らない女性こそ至高と勘違いしているキモイ野郎

 

のどちらかです。どっちも寄って来ては困るタイプですよね。

 

従って、モテないことは仄めかしつつも、肝心のこと(交際歴が一度もないこと)は言わない、が正解になります。

 

□オタトークは交際までは控える

喪女かつオタクであった場合、オタク趣味については婚活初期では言わない方がいいでしょう。それが嫌ならば初めからオタコン(オタク婚活)に参加すべきです。自分の相手は普通の人がいいのか、オタクがいいのかで戦術も変わってきます。

 

通常の婚活パーティーなどに行ってもオタク男性はいますから、相手のプロフィールカードなどを見てオタクかどうか確認する方法もあります。

 

私の勘だと

 

「喪女であることの加点要素」>「オタクであることの加点要素」です。だから、オタトークは控えめにした方がいいでしょう。それが嫌ならオタク婚活ですね。

 

※オタク婚活について述べた当サイトのカテゴリはコチラ

 

オタク喪女の理想の出会い方はこういう感じかも・・

 

□2chのオタク婚活情報は意外に役に立つかも

匿名掲示板2ch(5ch)には「冠婚葬祭板」というものがあり、本来は結婚式やお葬式も扱うカテゴリでしたが、今現在ほぼ99%「婚活板」と化しています。

 

2ch情報なんて・・・、というもの尤もですし、冠婚葬祭板の多くのスレッドは変な荒しによって機能停止状態になっています。もともと過疎板だったのに加えて変な人がいつくとダメですね。

 

ただ、冠婚葬祭板の「オタクだけど婚活してみようかと in osaka」スレッドは意外と機能しています。男女の煽り合いもありますが、実際のオタク婚活(オタコン)についてどういうものかわかります。

 

結論を言うと、オタク婚活だから喪女が上手くいくわけではなさそうです。ちょっとアニメも見ます程度のゆるいライトオタがオタコンの中心でディープな人はそれほどいないらいいのと、喪女で人と話せない感じの人も少ないようです。

 

「喪女だからオタク婚活」という方程式は成り立たず、むしろ普通の婚活を行った方がよさそうです。あくまで2ch(5ch)情報ですので全部信じ切らないように。

 

 

■喪女がプラスに作用する婚活サービスとは!?

 

最後に、喪女であることを加点材料に変えられるのはどういう婚活なのか解説します。

 

□仲人型結婚相談所

いろいろ書きましたが、一番確実なのはIBJなどの「仲人型結婚相談所」です。喪男の会員も多いですが、そうではなく誠実で遊んでいない女性と結婚したい男性(つまり将来設計がしっかりしている人)も入会しています。

 

何より、結婚相談所の仲人さんが喪女のお世話をしたことがあれば、男性の選び方やデート時の服装、話の仕方など具体的なアドバイスをしてくれるはずです。恋愛経験が乏しい人に対して第三者のアドバイスを受けられるのはこの婚活になります。

 

ちなみに「喪女 結婚相談所」で検索しても、出てくるのは情報サイトで、「楽天オーネット」や「ツヴァイ」「パートナーエージェント」う勧めるものばかりのはず。それらは大手結婚情報サービスで何の喪女へのフォローもないところばかりです。

 

そうではなく、電話帳に載っている「結婚相談所」やこのリンク先全国加盟相談所一覧 - 日本結婚相談所連盟で、

 

  • 女性仲人
  • 月会費が安く「成婚料」が高い

 

結婚相談所を探してください。これが喪女の結婚のために尽力してくれる結婚相談所のはずです。

 

□婚活サイト

婚活サイトに登録している人に喪女は意外と多いです。冒頭の『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の主人公もこっちもそうですが、喪女とパソコンは親和性があります(だってネトゲや乙女ゲーをやるから)。

 

スマホの婚活アプリだけのものではなく、パソコンでもできる婚活サイトを選んでください。あとはなるべく正直に自分のことを書いて(処女とかは書く必要なし)事前に十分にメールでやり取りしてください。

 

LINE感覚でスタンプだけ返すような男性は排除して、真摯に長文メールを送ってくれる男性であれば、ヤリモク等ではなく真剣に結婚を考えてる真面目な男性の可能性があります。

 

というわけで、

 

などがいいでしょう。

 

※youbrideについての記事はコチラ

 

youbride【ユーブライド】の体験レポ!評判との比較と解説

 

□婚活パーティーは注意

婚活パーティーに行く場合は、近寄ってくる男性に注意してください。喪女っぽいと思って、「落とせる」と高をくくってやってくるリア充、ヤリモク男性がいます

 

そういう人に引っ掛かるとつらい思いをするだけではなく、自分は絶対的に男性にモテる!と壮大な勘違いをしてしまうことになります。

 

婚活思考に陥ると、喪女が改善されるわけではなく、内面を評価してくれる誠実な男性も「頼りない」と思って断ってしまいます。結局、いつまでも決まられず、大して社交的にもならず、年齢だけが加算され、「若さ」という武器もなくなってしまいます。

 

ただ、婚活パーティーに出ることは自分の市場価値をするためにも重要です。当サイトで紹介している婚活パーティーは安心・安全なものばかりですので是非一度行ってみるのをおススメします。

 

 

□オタクで喪女なら「とら婚」

何かと話題の「とら婚」ですが。もし喪女に加えてオタク属性もついているならば、ここで婚活して出会いを求めてもいいと思います。

 

趣味を変えず、出会いを変える結婚相談所「とら婚」

 

徐々に結果も出ているようですし、とら婚の男性会員はオタクで高スペックが多いのは事実らしいです。もちろん、喪男の可能性もありますが、他のIBJ結婚相談所の会員へ申し込むこともできますから、どのくらいのオタクかにもよりますが、

 

  • 喪女をサポートする仲人型結婚相談所
  • オタク趣味の男女が集う「オタ婚」

 

両方の要素を兼ね備えた「とら婚」はオタク喪女にとっては出会いにつながる良い媒体かもしれないですね。

 

 

■喪女でも意外といけそう

以上、喪女の婚活について書きました。「意外といけそう」というのが結論です。ただし、外見、服装については十分に注意してください。「容姿が人並みである」という条件の下、喪女は1つの属性としてプラスに働きます

 

もちろん、出会いが欲しい、結婚したいということは大大前提になります。みなさんを妻にしたい男性はこの世にたくさんいるはずです。でも、「自分はモテないから」と家に閉じこもっていれば可能性はゼロです。何かアクションを起こせば可能性は広がっていきます。

 

喪男に比べて喪女ははるかに有利で、それがマイナスに働く場面は「男慣れしていない」以外はあまりないといえます。だから行動を起こすのは今ですよ!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング