秋葉原のとら婚※オタク婚活をアニメ好きな婚活ライターが解説

秋葉原「とら婚」がワカル!

 

秋葉原に「とら婚」というオタク向け結婚相談所が2月にオープンしました。
「とら」のいう名前の通り、あの「とらのあな」(アニメ、同人、ゲームショップの老舗)が結婚相談所の運営に乗り出しました。

 

オタクの聖地でオタク向けの商品を売っている企業が結婚相談所をすれば、きっとオタクの心がわかるはず、ということで何かと話題になっている「とら婚」について解説したいと思います。

 


 

また日本最大級の婚活マッチングサイト【マッチドットコム】でも趣味マッチングでオタクやアニメなどでも探せます。この場合完全オタク婚活サイトとは、また違ったイプの人とも婚活出来るので使い分けれるので貼っておきます!
⇒マッチドットコムの詳細はコチラから

 

とら婚って何?

 

 

とら婚とは「アニメ・漫画ファンに優しい結婚相談所」とHPで謳っているようにオタク向けに特化した結婚相談所になります。

 

これまでもオタク向けの婚活サイトや、婚活パーティーがありましたが、サクラの問題やそもそも男女比が偏ってしまう、ライトオタとガチオタの壁などがあり、なかなかオタク婚活がうまくいっていませんでした。

 

ガチの『魔法少女まどか☆マギカ』オタクの男性がいたとしても、婚活パーティーに行ってもその話を女性がわからないし「『少女』ってロリコン?キモイ」と思われるのがおちです。

 

またアニオタでも様々なジャンルがあります。
ロボットアニメオタと日常系アニメオタでは全く違いますし、女性の場合も、腐女子と夢女子では全く異なる生き物です。
オタクとひとくくりにしても結果として話が全く合わずにうまくいかないということもあります。

 

アニメだけ好きな人なのか、中の声優も好きな人なのかでも変わってきます。二次元しか愛せない人を何とか結婚に向けさせるのと、普通に三次元も好きな人では全く婚活の難易度も変わってきます。

 

とら婚は結婚相談所として、オタクと向き合いその人に合ったプランや指導、異性の紹介を行っていく結婚相談所です。

 

とら婚の入会資格

 

とら婚はしっかりとした結婚相談所ですので入会資格があります。
具体的には

  • 独身で20歳以上の男女
  • 定職に就いている、または安定収入のある人(男性のみ)

となります。

 

入会に当たっては、「独身証明書」(戸籍がある自治体が発行する)、「年収証明書」(源泉徴収票や確定申告書:男性は必須)、住民票、「学歴証明書」、「写真」などを提出します。写真は、婚活サイトに載せるようなスナップ写真ではなく写真館で撮影する「お見合い写真」です。

 

 

そして、これが特徴なのですが、入会希望者に行う「オタク度診断テスト」で合格することつまりオタクであることが条件になります。
そうではない人は他の結婚相談所に行ってくださいというスタンスですね。

 

とら婚の料金

とら婚には3つの活動プランがあり、ご自身でよいものを選んでいただきます。

 

パーティフレンズプラン(入会金・年会費0円)

 

とら婚が主催するパーティーの情報をメール等で、優先的にお届けするサービスです。
具体的な活動は婚活パーティーのみですので、パーティー代実費しかかかりません。

 

ただこれは結婚相談所の婚活ではないですよね。
婚活入門編としてはありなのかもしれません。

 

「君はパーティーが大好きなフレンズなんだね!」

  • 入会金(前払い) 0円
  • 月会費(毎月払い) 0円
  • 成婚料 0円
  • パーティー参加(都度有料)

 

マイペースプラン

 

後述しますが、とら婚が加入しているIBJの自動マッチングシステムとアドバイザーのサポートがある、ご自身のペースで婚活できるプランです。
ただし、この内容は他の結婚相談所でもできること(オタク特化していない)ので、あえてとら婚で行う必要はないと思います。

 

  • 入会金(前払い) 98,000円
  • 月会費(毎月払い) 10,000円
  • 成婚料 100,000円

 

内容

  • IBJシステム利用
  • パーティー参加(有料)
  • IBJシステムの自動マッチング(月約10名)
  • 申し込み(月10件)
  • メール・電話サポート

 

オタク応援プラン

 

ここからが「とら婚」の本領発揮になります。
IBJの自動マッチングシステム(これは趣味などよりも年収や希望する相手の学歴、住所などマッチングさせるもの)でだけでは分からない、趣味や嗜好の合っている相手(つまりオタク)を、アドバイザーが毎月別途個別に紹介するサービスがあります。
「オタクを選んで紹介する」、これはとら婚でしかできないサービスになります。

 

  • 入会金(前払い) 150,000円
  • 月会費(毎月払い) 15,000円
  • 成婚料 200,000円

 

内容

  • IBJシステム利用
  • パーティー参加(有料)
  • IBJシステムの自動マッチング(月約10名)
  • アナログ会員紹介(月3名) ★(これがオタクの異性の紹介です)
  • 申し込み(月20件)
  • メール・電話サポート 面談(年6回まで)

 

恋愛ビギナーフルサポートプラン

 

恋愛については素人、という人向けにサポートを充実させたプランです。
「オタク応援プラン」+サポート充実といった感じになります。

 

  • 入会金(前払い) 230,000円
  • 月会費(毎月払い) 15,000円
  • 成婚料 200,000円

内容

  • IBJシステム利用
  • パーティー参加(年3回無料)
  • IBJシステムの自動マッチング(月約10名)
  • アナログ会員紹介(月3名)★(これがオタクの異性の紹介です)
  • 申し込み(月30件)
  • メール・電話サポート 面談(年12回まで)

 

とら婚の相手の探し方〜結婚相談所の活動とは

結婚相談所のシステム

結婚相談所ってどういうもの?ということにまず答えます。
皆さんのイメージでは、分厚いファイルを取り出してきて、コソコソとそれを見て気に入った人がいたら申し込む、あるいは、結婚相談所の人から「この人どう?」と勧められるという感じでしょうが、今の結婚相談所はどちらかと言うと婚活サイトに近い感じで、婚活サイトのようなHP上のシステムから検索して自分で探すのがメインになります。

 

とら婚では以下の方法で相手を見つけることになります。

IBJシステムを利用して検索して申し込む

 

現代の結婚相談所でメジャーな方法です。
要は婚活サイトと同じで、自分で条件を設定して気に入った人を見つけて申し込みをします。
オタク以外の人への申し込みもOKです。
でも、これでは婚活サイトと変わらないではないか?と思うかもしれません。しかも高いし。

 

しかし、結婚相談所の場合、入会時に独身証明書や年収証明書、学歴証明書、住民票などを提出しないと活動できないので、サクラや偽名の可能性がないんです。
本当に結婚したい人しか活動しませんから(だってあの会費を払うんです)、婚活サイトよりもはるかに「本気の」人が多くマッチングすれば交際につながりやすくなります。

 

IBJシステムの自動マッチング

他の結婚相談所もそうですが、ご自身の経歴やプロフィールから自動的に、機械的におススメの人を見つけて紹介します。
趣味や特記事項、プロフィールの細かい事柄は無視されます。

 

本当に機械的なので参考程度で構いません。
例えば東京在住の大学院卒の人には地方在住の高卒の人は紹介されない、くらいの感覚です。

 

「この中から申し込みなさい」ということではないので、気に入った人がいなければ無視していただいて結構です。
自分に合うかもしれない人が、自分で検索する手間を省いて紹介される、くらいの感じでしょうか。

 

アナログ紹介

 

ここがとら婚のキモになります。

 

とら婚の中の人が、あなたに合いそうなオタク、ないしオタクに理解がある人を紹介してくれます。
オタク同士のお見合いはここで実現します。

 

とら婚の中の人もアニメやマンガに精通しているわけで、単にオタクひとくくりではなく、ラブライバー同士とか、コスプレイヤーとカメコとかうまくいきそうな組み合わせを優先してくれるはずです。入会の際に自分が好きなジャンルや作品を聞いてくると思います。

 

紹介される人は2タイプいると思います。
1つはとら婚の自社会員。
これも後述しますが、IBJは中小の結婚相談所の集まりで、各結婚相談所それぞれに会員がいます。とら婚の場合、会員全員がオタクですから、まずその会員を紹介すると思われます。
したがって、とら婚の会員が増えれば増えるほど、お見合いできるオタクが増えるということです。

 

 

もう1つが、他のIBJの結婚相談所の会員の中からオタクを探してきて、その人を紹介するという方法です。
システム検索で「アニメ」とか「声優」とか「アイドルマスター」とか検索してもヒットしますが少数です。
なぜならオタク趣味を全開にするのは諸刃の剣で、それを避ける人はそういう単語がプロフィールにある人から申し込みがあると断るからです。

 

おそらくIBJ加盟の結婚相談所にとら婚の方から「オタク趣味の人がいたら知らせてください」と言って、独自のオタク会員データベースを作るのだと思います。

 

とら婚主催婚活パーティー

 

最後が婚活パーティーです。
とら婚が主催する婚活パーティーが開かれます。
とら婚ですから参加者は100%オタク、それも濃いオタクが多いと思われますから、思う存分ガチオタトークをしていい異性を見つけてください。

 

IBJの結婚相談所について

 

とら婚が加盟しているIBJ(日本結婚相談所連盟)は、「仲人型結婚相談所」の中でも最大手の結婚相談所です。

 

細かいシステムを書くとそれだけで大量の文章になってしまうので以下のリンク(私の記事を参考にしてください。

 

最大手「仲人型」結婚相談所IBJのシステムを解説します!(お見合いまで)

最大手「仲人型」結婚相談所IBJのシステム(お見合い以降)

 

要約するとこんな感じです。

  • 会員数は約58000人
  • 中小の結婚相談所が共通のシステムを使ってそれぞれの会員に申し込めるようにする
  • 入会資格や必要書類も共通にする
  • マッチングしたら必ずお見合いをする
  • お付き合いをする一定のルールがある
  • 「成婚」を目指すシステム

共通のルールを守れば後は各結婚相談所の好きなようにしてくれてOKというもので、各結婚相談所はIBJのフランチャイズ店だと思ってください。飲食店でも直営店とフランチャイズ店ではメニューが違って後者の方がオリジナリティがあることもありますよね。
それと同じです。

 

とら婚オリジナルメニューもあります

ではとら婚のオリジナリティ、オリジナルメニューとは何でしょうか??

 

これまで書いてきたように

  • 入会資格はオタクであること
  • 個別にオタクの会員を紹介するコースがある
  • 結婚相談所の中の人もオタクである

ということに加えて以下のようなメニューがあります。

 

コーディネートサービス(価格要相談)

 

服装や髪形など、お見合いの基本中の基本についてアドバイスします。
第一印象で「キモイ、不潔!」と切られてしまう人が多いんです。
特にオタクは・・・ですよね。

 

デートシミュレーション(10,000円)

 

お見合いののち仮交際が成立してから実際のデート実施前に、とら婚の人がデートコースを巡り、アドバイスします。
IBJではお見合いの日はお見合いだけで切り上げて、その後のデートはしません。
だから、このサービスは少なくともお見合いでOKをもらえる人向けになります。

 

デート直前アドバイス(10,000円)

 

デート日当日1時間前に当日の流れ、話題の内容、振り方、マナーの最終確認をします。
NG事項を知っておいて地雷を踏まないようにします。

 

一日密着アドバイス(30,000円)

 

ネットでも突っ込まれていましたが(笑)、デート当日に密着しつつ、メール等を利用しながらアドバイスいたします。アニメによくある主人公のデートを尾行して・・そのままです。

 

ただし条件があり、相手の所属している相談所や相手の了承を得た場合に限ります。
つまりデートを尾行しますということを相手方も知るので、これはやめておいた方がいいと思います(相手に伝わらなくても相手の相談所の心証は最悪になるでしょう)。最大8時間まであとを追います。

 

インドア派のためのインテリア&お料理アドバイス(10,000円)

 

会員の自宅に伺い、インテリアやお料理に関するアドバイスをします。
しかし、結婚相談所の婚活で家に相手を入れるというのは成婚最終段階のはずです。
ここまで持って来られたならアドバイスはむしろいらないし、良くない気もしています。

 

店舗内お引き合わせ(無料)

 

お見合い時に店舗内で待ち合わせをします。
IBJでは原則としてお見合いはホテルのラウンジで行います。
予約ができるラウンジならば現地集合で問題ないのですが、そうでない場合待ち合わせしても相手がわからないことや、並んでしまって覚めてしまう、店を探して、さ迷い歩くなどマイナス面が多いです。

 

このサービスはとら婚会員同士が会う場合に限り、とら婚オフィスで待ち合わせできるというものです。
ただ、そこでお見合いはできないはずなのでやはりホテルのラウンジに移動することになります。
まぁ、お互いとら婚の会員なんだなー、と同志意識が芽生えてプラスになるかもしれませんが、実効性は???です。

 

コースプランニングサポート(無料)

デートコースに対するアドバイスをします。

 

奥手でウブなオタクのために手取り足取りサポートしますよ、ということですね。
「余計なお世話だ!」という人は利用しなければいいですし、「アドバイスを受けても結婚したい」という人は利用すればいいと思います。

 

あと、どういう人がアドバイスするのかを確認した方がいいでしょう。
大きな結婚相談所(IBJ系列でも)も同じような有料のサポートサービスがありますが、これらは心理カウンセラーだったり、ファッションコーディネーターだったり、専門知識がある人が行っています(経験や資格がある人)。
とら婚の中の人が行うのであれば、その部分だけ外部の専門家、業者にお願いしてもいいと思います。

 

「成婚」の定義と婚前セックスなどについてどう考える?

とら婚についてネットで反響があったのは、婚前交渉や宿泊を伴う旅行をすると成婚退会になるというルールです。

 


 

なるほど、オタクもエッチについては興味があるということですね。
ただ、これはとら婚オリジナルではなくIBJのルールに沿ったものです。

 

もっと言うと、IBJ以外の仲人型結婚相談所でもほぼ同じで、体の関係を持ったら「成婚」となります。

 

詳しくは私の記事
エッチをしたら成婚退会!?結婚相談所担当者が語る本音と建前
を読んでください。

 

結婚相談所では出会いの機会を提供し、結婚に向けてお互いに決心したら「成婚」となり成婚料という名の成果報酬をいただいています。

 

成婚=結婚、入籍ではなく、お互い結婚しようと約束した、プロポーズくらいですね。
あとはもう結婚相談所ではすることがないので、ミッション達成でめでたく退会となるわけです。

 

もちろん、その後うまくいかなくなることもあります。その場合、再入会になってしまいます。

 

正直な話、体の関係を持っても本人たちが言わなければバレません(言う義務もありません)。
なぜこういう規定があるのか、それは体の関係を持ってから破談になった場合、特に女性側が怒鳴り込むという事態(うちの娘を傷ものにしてくれて〜)というのを避けるため、もう1つは「ヤリ目」を排除するためです。

 

IBJでは

仮交際

複数の人と会うのがOKな時期。ただし、キスなどはダメ。

 

真剣交際

1人に絞って「恋人関係」になる。キスくらいならOK。

 

成婚退会

あとはご自由に。セックスでも同棲でも・・・。

 

仮交際の段階で複数の人と関係を持つ人がいたらIBJの信用問題になります。
だから、「IBJの婚活ではだめなライン」を設定しています。
それが嫌な人はリアルに出会いや婚活サイトなどで知り合って本人の責任で付き合ってくださいということです。

 

無理やりな関係の強要を規定を盾に断れると思ってください。
バカにしているのではなく会員を守るための規定です。

 

「定職にある男性」とは?なぜ女性は定職になくていいの?

もう1つ話題になったのが、男性だけ定職、安定収入が必要だとの規定です。

 


 

これもIBJの規定なのですが、男性差別をしているのではないんです。

 

婚活では無職や「家事手伝い」の女性でも男性からの申し込みがあり需要があるのですが(要は専業主婦でいいから結婚してくれという男性がいる)、その逆はないんです(私が働くから貴方は家に居て好きにして、という女性は婚活ではまずいないということです)。

 

だから、無職の男性が入会して婚活しても誰ともお見合いできません。
「商品」にならないものを並べても、それはそのお店の信用が下がってしまいます。
IBJは民間企業ですから、こういう規定はやむを得ません。

 

「男性は年収表示必須、女性は任意」というのも、年収が高い女性は表示すると申し込みが減ります。
「男のほうが年収が高くあるべきで、自分よりも年収が多い女性には申し込めない」という価値観の男性も結構います。

 

男女差別ではなく市場ニーズでこうなっていることを理解してください。

 

しかし、同人作家やイラストレーターなど「安定収入」(給料)ではない個人事業主の男性でも、収入を証明するもの(確定申告書や支払調書)があれば大丈夫です。

 


 

IBJ自体、オタク系にかかわらずフリーランスの方を排除していません。ただ、それで結婚できるかどうかは女性がどう判断するかによります。

 

逆に、無職やニート、「家事手伝い」の女性でも必ず結婚できるわけではないです。

 

婚活できる=結婚できるではありません。

 

どう考えたって、正社員の女性よりも「市場価値」は低いわけで、結婚できたとしてもモテない感じの中年のオヤジかもしれません。収入証明という担保がない分、本当にダメな女性は男性よりも厳しい婚活になるかもしれないです。

 

とら婚で結婚できる?

 

わかりません。
2月にとら婚がオープンしたばかりで、オタク会員がどのくらい入るか、対応できるのか未知数です。

 

オタク会員の紹介を待つだけではなく、自分で検索してオタクっぽい人を探したり、そうではない人との出会いを求めていくのが大切です。

 

どこの結婚相談所も「うちに入れば高い確率で結婚できます」(さすがに必ずとは言わない)と言っていますが、IBJのような仲人型結婚相談所でも「成婚率」(結婚率ではない)は10%程度だと言われています。

 

しかもその「成婚率」は、結婚相談所で出会いがあった人だけではなく、リアルでの出会いやお見合い、他の婚活などでいい人が見つかり、結婚相談所にいる必要がなくなった人も含んでいますので、本当に結婚相談所で成婚できた人(繰り返しますが結婚ではないです)はもっと少ないはずです。

 

ですから、とら婚での活動は、特に個別にオタクの人の紹介があった場合は、極力お付き合いできるように頑張ってください。些細なことで減点法になり切ってしまうのはもったいないです。

 

ただでさえ「こだわり」が強い人たちですから、ストライクゾーンを狭くしていると到底結婚できないでしょう。せっかくオタクを紹介してくれるのですから、心を広く持って結婚できるように頑張るのが大事です。

 

何しろ新しい試みですので成果は未知数ですが、とら婚がうまくいけば同じようにオタクに特化した結婚相談所が増えてくると思います。
まず行動するのが大事です!能動的に動いてください。

 

今度筆者が実際にとら婚担当者に話を伺ってきます。お楽しみに!

 

とら婚のメリットとデメリット

 

メリットとデメリットはまとめるとこんな感じです。

 

メリット

  • ピンポイントにオタクを紹介される
  • オタクに理解がある結婚相談所の人がいる
  • 濃いオタク向けの婚活パーティーがある

デメリット

  • 活動費は安くない
  • 有料サポートがマイナスになる可能性があるので利用はよく検討する
  • 受け身で結婚できるわけではない

秋葉原のとら婚 まとめ

  • 会員をオタクに限定した結婚相談所
  • 「とらのあな」の系列
  • IBJ加盟の結婚相談所なので怪しいものではない
  • オタク会員の紹介があるコースがある
  • 結婚相談所の人もオタクなので話がしやすい
  • 奥手なオタクをサポートする有料オプションがある
  • まだ開業したばかりなので今後の展開次第

 

また日本最大級の婚活マッチングサイト【マッチドットコム】でも趣味マッチングでオタクやアニメなどでも探せます。この場合完全オタク婚活サイトとは、また違ったイプの人とも婚活出来るので使い分けれるので貼っておきます!
⇒マッチドットコムの詳細はコチラから

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング