エンジニアと結婚したい!年収と将来性から見るSEの人との出会い・婚活ナビ

時代はエンジニアを求めてる!結婚相手にも素晴らしい理由とは?

エンジニアの方と聞くと皆さんどのようなイメージをされるでしょうか?「理系」「論理的」「機械や数字に強い」といったポジティブなものから、「オタク」「パソコンばかり」「世間に疎い」というようなネガティブな印象を持つ方もいるかもしれません。

 

実はエンジニア、SEといった職業の方は結婚相手としては非常に優れています。今回はあまり知られていないことも含めてエンジニアの方自身の婚活やエンジニアの方と結婚したい人の婚活について迫ってみたいと思います。

 

■IT業界の人は婚活で人気がない?

筆者が個人的にお世話になっている(面識がある)、結婚相談NPO ブライダルサポーターさんのブログに以下のような記事がありました。

 

サイバード社、内海社長とIT業界の未婚化について会談 

 

内容を一部引用させていただきます。

 

『お話の中でも一番、熱がこもっていたのが「日本のITエンジニアは婚活市場で評価が低過ぎるのではないか?」というご意見でした。そもそもゲーム会社のスタッフが大手結婚相談所に入会を拒否されたのが私のセーフティネットとしての結婚相談所設立に結びついているので、私も以前から漠然とは感じていましたが、長年エンジニアと接している方が仰ると危機感が違います。』

 

・エンジニアの人は婚活で評価が低い

 

結婚相談NPO代表の影山さんは、ご自身でPCゲーム会社を立ち上げた経歴がある人ですので、IT業界ど真ん中にいた経験があり、この「エンジニアは婚活で評価が低い」というのは事実なのかもしれません。

 

でも「評価が低い」のと「実際にステータス、スペックが低い」のは全く違います。ひょっとすると、周囲の一方的なイメージで不当に評価が下げられているのかもしれませんし、エンジニアの方自身の自己PRが下手なのかもしれません

 

相互に勘違いしているのであればこんなにもったいないことはありません。是非とも誤解を解いて、win-winな婚活をしようではありませんか!

 

■エンジニアという職業

 

エンジニアの方自身はもちろんご存知だと思いますが、エンジニアの人と結婚したい人のために、エンジニアという職業についてまず解説したいと思います。

 

ひとくくりに「エンジニア」といっても仕事内容は様々です。エンジニアごとに求められるスキルや仕事内容は異なります。一般的には「主に工学の分野での専門的な技術を持つ技術者全般」をエンジニアということが多いようです。工学なので理学(化学者、製薬会社等)は含まれないことになります。

 

代表的なエンジニアを挙げます。

 

□システムエンジニア(SE)

俗にいう「SE」です。実際にプログラムを打っていくというよりも、ある課題を解決するシステムを作るために何が必要なのか「要件定義」をしていく人たちです。パソコンに向かうだけではなく、営業、予算管理や人員管理なども含め、多岐にわたる仕事を行っていかなければなりません。

 

ただし企業によっては後述するプログラマーの人をSEと呼んでいるところもあります。

 

□プログラマー

一般の人がイメージする「エンジニア」はこの仕事でしょうか。プログラマーの人はSEが作成した仕様書、設計書に基づいて、プログラミングの実際の作業を行います。

 

仕様書通りにプログラムしても、エラーが発生してしまうこともあります。こうした「バグ」の原因を調べて不備の原因を追究するのもプログラマーの仕事になります。

 

プログラマーは実際にシステムの構築するわけですから、使われるプログラミング言語について精通しています。PC業界のトレンドに敏感にならないといけない人たちです。

 

□Webエンジニア

エンジニアの中でも「Webエンジニア」はWebを利用したシステム設計を専門とする技術者になります。つまり、閉じた社内システムではなくHPなど誰でもアクセスできるシステムの設計にかかわることが多いです。

 

ネット通販サイトやWebアプリケーション、スマホアプリ等、Web上で行われるサービスの構築などを行います。

 

特に専門性が高い分野で、ネットワークやセキュリティ対策(ウィルス対策等)などの知識もないとやっていけない仕事です。

 

□ゲームエンジニア

その名の通り、「ゲームエンジニア」はゲーム会社に就職して、ゲームを作っています。最近はゲーム機だけでなくスマホゲーム(ソシャゲ)も流行っていますよね。そうしたゲームを開発する人たちになります。

 

ゲームに特化して、SE〜プログラマーの工程を行う人が多いようで、知識、技術共に豊富ですし、自身も大のゲーム好きという人が多いと言われています。

 

ゲームに特化したエンジニア全般を指すことになります。

 

□データサイエンティスト

「科学者」「化学者」は理学だからエンジニアではないのでは?と思うかもしれません。データサイエンティストは統計学などを使って、コンピュータを駆使して膨大なデータの中から情報を探してシステム化する仕事を行っています。

 

かなり難易度が高い仕事で報酬も高く、IT技術者兼研究者というイメージでしょうか。なかなか一般的には知られていない仕事になります。

 

IT系だけでもこれだけの「エンジニア」があります(もっと種類分けもできるでしょう)。IT分野以外でも自動車エンジニアや鉄道エンジニア、農業、食品加工、宇宙開発、海洋開発、資源・エネルギー、軍事、ビル設計、楽器、歯科技工士、義肢装具士・・・、「エンジニア」と一言で言っても同じイメージをするのが無意味だとお分かりいただけると思います。

 

名前だけ聞いて「オタクっぽい・・」と思っている人は、情報戦にすでに負けています。様々な可能性を自分から潰してしまっていることに気付いてください。

 

ただし、全部この記事で網羅できないので、以下は一般的にイメージされるIT分野のエンジニアについて書きたいと思います。

 

 

■エンジニアの年収

リクルート系列(リクナビNEXT)のエンジニア応援サイト「Tech総研」によると、エンジニアの年収は一般平均よりもかなり高めになっています。

 

以下
30代エンジニア832人で考察する今どき年収実態

 

細かい職種については該当リンク先を見ていただければと思いますが、大きく分けて「ソフト系」(ソフトを開発する)、「ハード系」(機械などを設計する)に分かれています。

 

<30代前半平均年収>

 

ソフト系 : 平均年収 553万円
ハード系 : 平均年収 551万円

 

<30代前半平均年収>

 

ソフト系 : 平均年収 662万円
ハード系 : 平均年収 625万円

 

この年収は、全員男性だと仮定しても、

 

<日本の男性全体の平均年収>

 

30歳代前半: 平均年収 約440万円
30歳代後半: 平均年収 約500万円

DODA|平均年収ランキング2016(年齢別の平均年収

 

年収ラボ|30歳代 平均年収調査結果(平成25年)

 

をもとに算出

 

と比較すると100万円〜150万円年収が高いことになります。これだけの高年収なのですから、特に男性の場合は婚活でモテモテ、のはずなんですが・・・。

 

ただし、イメージ通りエンジニア(特にITエンジニア)の人は残業が多く、高年収なのも残業代で稼いでいるという側面もあります。毎月の残業時間40時間以上という人が90%以上で「36協定って何?おいしいの?」という現実があります。

 

婚活するにしても平日夜はかなり難しいのかもしれませんね。

 

■エンジニアの性格

「エンジニアはシャイな性格が多い」といわれます。シャイだから恋愛にも奥手で婚活でも苦労する、そんな性格だからそもそも婚活しないという人も多いのでしょうか?

 

「エンジニアだからシャイな性格だ!」あるいは「エンジニアだから〇〇だ!」ということの相関関係は不明です。ただ、「エンジニアに向いている性格」というのはあるようです。

 

具体的には

 

  • 几帳面
  • 神経質
  • 真面目
  • 慎重
  • 温厚
  • 論理的

 

が向いていると言われています。

 

短気で攻撃的なのとは真逆です。SEなどですと、クライアントとの折衝もあるのでビジネスコミュニケーションスキルも必要になります。

 

こういう性格だと、婚活パーティーなどで自分からぐいぐい攻めていく人とは違い、落ち着いて状況を把握して・・という行動になります。

 

それが「シャイ」だとか「草食系」だとか揶揄される原因になっているのかもしれません。見境なくガンガン攻めるような性格では、システム設計もいい加減でとんでもないミスをしてしまいますよね。

 

ですので、ITエンジニアとして成功しているということは冷静に客観的に物事を俯瞰できる人、落ち着いて状況を把握できる人でないと務まらないわけで、これ性格の短所だとするのはもったいなさすぎます。

 

だって様々なことを失敗する可能性が低いんですよ。そういうひとが結婚相手としてふさわしいのは言うまでもありません。

 

もちろん、超社交的でナンパスキルがあるくらいの人だっているでしょう。エンジニアだからシャイだと決めつけるのは意味がないですし、プロフィールの段階で「職業『エンジニア』は内向的だからパス」なんて評価しているのは意味不明でもったいなさすぎます。

 

 

■エンジニアの出会いのなさ

いくら年収があってコミュニケーション能力が高くても出会いの機会がなければ結婚相手も見つかりません。タダでさえ残業が多くて過労気味なので、平日に婚活は難しいです。そもそもエンジニアの職場の男女比はどのようなものなのでしょうか?

 

経済産業省|IT人材を巡る現状について(データ編)

 

によると

 

情報サービス産業(ITエンジニアもこれに我当)における女性の割合は11%〜14%、つまり男女比「9:1」くらいであり、どうしようもないくらいの「男性余り」市場になっています。

 

いくら年収が高くても、男性は自分から外に出て行かないとどうしようもないという現実があります。加えて平日は残業で帰れない、となると、外部の習い事やサークルに行くのも難しい・・・。

 

友人、知人の紹介がなければ、婚活をしない限り出会いのチャンスを見つけるのさえ難しそうです。だからこそ婚活をすべきだという結論になるわけですね。

 

■エンジニアと結婚するメリット

エンジニアの人と結婚するメリットはこれまでに書いたことから必然的に導かれます。

 

  • 年収が高い
  • 温厚で計画的、判断力がある人が多い
  • いい意味でシャイ

 

一方でエンジニアの人も、結婚することで支えになってくれる人ができるわけですから夜遅く家に帰って食事の用意を・・・という必要がなくなります。

 

 

明らかに年収が高く性格的にも「いい人」が多いのですから、それを「シャイ」「草食系」「内向的」のマイナスに解釈してしまうのは本当にもったいないですよ。システムというモノづくりのプロなのですから「家庭づくり」もきっとうまくこなしていくはずです。

 

多少服がダサくても、それは「磨けば光る原石」だと思いましょう。だって、本当にダメならばエンジニアとして稼げていないはずですよね。

 

■エンジニアの方向けの婚活

なかなか出会う機会がないエンジニアの人、つまりエンジニアで会いたい人も機会が少ないということになります。だからこその婚活です。エンジニアの人、あるいはエンジニアと会いたい人はどのような婚活をすればいいのでしょうか。

 

システムに強いのだから婚活サイト、婚活アプリでは?と思いますが、実はそうではありません。結論は「結婚相談所」です。理由はいくつかあります。

 

・時間がない人でも仲人がやってくれる

 

忙しい人の転職は転職サイトではなく「転職エージェント」ですよね。まして、年収が高く価値がある人ならばエージェントにお願いしてとっておきの「非公開求人」を紹介してもらうのがいちばんです。書類作成(履歴書、エントリーシートなど)もエージェントがやってくれますよね。

 

結婚相談所は「結婚エージェント」のようなものです。だから忙しいけど市場価値がある人にとってはうってつけのツールになります。エンジニアはまさにそれに該当しますから、本当におすすめなんですね。

 

  • 希望に合う異性の紹介
  • お見合いのスケジューリング
  • 交際、お断りの連絡
  • 服装等のアドバイス

 

とうすべて結婚相談所の「仲人」と呼ばれる人が行ってくれます。結婚相談所の中でも「仲人型結婚相談所」というのを選んでください。「結婚情報サービス」だと婚活サイトとあまり変わらないので忙しい人には時間がさけず、結局出会いの機会を掴めずに終わってしまいます。

 

「自分はシャイだから結婚できない」と思っている男性(女性も)、とんでもありません。婚活すること、婚活のフィールドさえ間違わなければかなり有利な条件でいい人と出会えることになります。本当に何もしないのはもったいないです。

 

「仲人型結婚相談所」の概要については

最大手「仲人型」結婚相談所IBJメンバーズを解説(お見合いまで)

 

「仲人型」結婚相談所IBJメンバーズのシステム(お見合い以降)

 

などを読んでいただければと思います。

 

エンジニアの人は「仲人型結婚相談所」と覚えておきましょう。

 

エンジニアの人と出会いたい人も、スケジュール調整してくれる仲人型結婚相談所がおススメです!

 

 

■女性エンジニアの婚活

 

最後に女性エンジニアの方の婚活についても触れたいと思います。上でも書いたように女性エンジニアの割合は10%ちょっと

 

職場結婚を考えたら「売り手市場」とも言えますが、お互い忙しい中で恋愛して結婚というのは結構大変です。

 

エンジニアの仕事をしていれば男女関係ないので、エンジニア女性の年収はかなり高いですよね。となると、結婚相手の男性に求める条件も厳しくなりがちです。

 

一方で、男性は自分よりも高年収、ハイスペックな女性と結婚するのが嫌という人たちが一定割合います。東大卒の女性が意外と結婚できないのと同じ理由が、女性エンジニアにも当てはまってしまいます。

 

しかし、(表面上の)条件がいい男性が婚活市場に出ずにあっさり結婚してしまうのも事実です。

 

というわけで、女性エンジニアの方の婚活は以下の3つに絞られると思います。

 

@職場結婚を目指してがんばる
A自分よりも低年収の男性でもいいと妥協する
Bハイスペック、ハイクラス専門結婚相談所に入る

 

@やAで妥協できるならいいですが、そうでない人も多いでしょう。そうなるとBを選ぶしかありません。ハイクラス専門結婚相談所ならば本当にハイクラスなので、条件に見合った男性がいるはずです。

 

※ハイクラス結婚相談所の記事はコチラ!

エグゼクティブなあなた向けのハイクラス限定の結婚相談所を紹介

 

またエンジニア向けに専門コースを設けている仲人型結婚相談所(男女ともにOK)は

 

結婚相談所 I VISION|SE・システムエンジニア専門プラン

 

 

最初に紹介した

 

結婚相談NPO

 

あとは筆者松田が結婚できた結婚相談所である

 

Bridalチューリップ|ジョブ割

 

などはいかがでしょうか?

 

エンジニアの方は収入が高く、落ち着いた判断ができる性格をしているので結婚に向いています。だから忙しい時間を有効に使って婚活をしてください。成果は見合ってついてくると思います!

 

 

■エンジニアと結婚したい!年収と将来性から見るSEの人との出会い・婚活ナビ まとめ

  • エンジニアという職業はSEやプログラマー以外にも多様にある
  • ITエンジニアの年収は全体の平均よりも100万円以上高い
  • 男性9割の圧倒的に「男余り」の職場環境である
  • ITエンジニアは残業が多いので婚活する時間がない
  • エンジニアはシャイで奥手であるという印象は根拠がない
  • エンジニアは真面目で冷静、計画的で判断力がある人が向いている
  • エンジニアと結婚できればいきあたりばったりではない家族生活になる
  • 忙しいエンジニアのためには「仲人型結婚相談所」がおススメ
  • 女性エンジニアはかなりの高スペックなので男性が引く可能性もあり、ハイクラス結婚相談所をおススメする
  • 結婚することで様々な面で余裕ができメリットが多い

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング