【男性版】ハイスペックな女性を見つけるハイスペ女子探しの婚活

男性が読むはハイスペック女子探しマガジン【女性も読んで損しない(^o^)】

 

婚活は自由恋愛と違って異性を「スペック」「条件」から探すことができます。
条件やステータスがいい人向けの結婚相談所などは存在しますが、ステータスがいいのは男性のみということが少なくありません。
でも、男性だってせっかくだからハイスペの女性を婚活で探したいと思うのもよくわかります。

 

ここでは「ハイスペの女性」を探すためにどのような婚活をしたらいいのか考えていきたいと思います。

 

厳選!おすすめのハイスペ婚活

婚活サービス名 おすすめポイント 公式ページ
マッチドットコム シェアNO1アプリで趣味をゴルフやマリンスポーツに絞ってハイクラスを探し出す! 詳しくはこちら
シャンクレール 婚活パーティーでハイクラスを選択!; 詳しくはこちら
IBJメンバーズ の本最大級の結婚相談所データベースで探す!時間をかける必要あり。 詳しくはこちら

アプリは無料登録OK。有料は気になる相手が見つかってから可能

 

 

男女で違う「ハイスペ」の定義

 

一言でハイスペといっても人によって相手に求めるものは違います。
年収 / 学歴 / 職業 / 職場 / 容姿 / 身長 / スタイル / 家柄 などなど。

 

どれも高ければそれはいいのかもしれませんが、現実にそういう人は非常に少ないですし、いたとしても婚活せずにいくらでも結婚できるでしょう。

 

婚活はどこに目をつぶり、どこが譲れない条件なのかをよく意識しないと、存在しない理想の人をいつまでも求めて決まらない結果になってしまいます。

 

ご存じのように婚活では異性に求める条件の優先順位が男女によって明確に異なります。

 

女性が男性に求めるスペック


女性が男性に求めるのは、まず「年収」「職業」です。
背が高いイケメンであればいうことはないのですが、外見的な要素よりも社会的なステータスが重視されます。

 

多くの結婚相談所では、男性の場合「定職にあり収入がある人」と条件づけて、収入証明を必須にしているのは女性が男性に求めるスペックとして年収が最重要要素であるからです。
年収が低い男性がダメなのではなく、働いていない男性のニーズがまずないのです。

 

男性が女性に求めるスペック


一方、女性の場合「無職」や「家事手伝い」でも結婚相談所に入会できて婚活をすることができます。
これは男性が女性に求めるスペックとして「年収」「職業」などの社会的ステータスがあまり重要とは考えない人がいて、そういう女性でもニーズがあるからです。

 

それよりも、「容姿」や「年齢」を重視する男性が多く、若くて美人ならば無職の女性でも結婚できる可能性があります。
要は、専業主婦になって男性が養うという考えがあるんですね。

 

もちろん、共働き希望で年収が高く安定した職業にある女性と結婚したい男性もいます。
年収や学歴、職業を公開して婚活している女性もたくさんいます。

 

つまり、女性が男性に求める「ハイスペ」は
年収、職業、学歴など
証明できるものが圧倒的なのに対して

 

男性が女性に求める「ハイスペ」は
容姿、年齢、年収、職業、学歴など人によって異なり、何をもって「ハイスペ」なのか定義しにくいのです。

 

 

だから、「○○証明書」や資格証を提出して入会できる「ハイスペ結婚相談所」などでは女性はハイスペ男性を探しやすいのですが、男性はハイスペ女性を探しにくいのです(人によって違うので)。
美人が入会する結婚相談所、美人が出席する婚活パーティーといっても、何をもって美人なのかは相対的ですからね。

 

と書いてしまうと話が終わってしまうので、ここでは女性が男性に求める「年収」や「職業」も含めて様々な条件が高い女性を「ハイスペ」と定義したいと思います。

 

ハイスペでない男性はハイスペの女性を探せない!?

 

極端な話、ハイスペでない女性でもハイスペ男性と結婚することは比較的可能です。
定職になくても、若い(20代)、美人であるなど外見的な要素が良ければ、男性からの申し込みは殺到するはずです。

 

しかしその逆はかなり厳しいです。超イケメンであれば違うのでしょうか、そんな人が婚活にいれば逆に「遊び目的」「ヤリ目的」と警戒されてしまいます。そもそもそういう人は婚活しなくても彼女ができるはずです。

 

「絶対にそうだ!」というつもりはありませんが、
私の記事「婚活で売れ残り?底辺の男性と中間の女性が残ってしまう法則がヤバイ」にあるように、婚活市場にいる男性はモテない感じの人が多いのは事実のようです。

 

もちろん、外見や服装、話し方などを磨くことは必要ですが、収入や職業などがハイスペであることで加点していかないと相手にされません。
残酷な言い方ですが、禿げて太っている全然外見がダメな男性でも、年収数千万あれば結婚したい(してもいい、我慢する)女性はいるということです。

 

モテない男性がハイスペあることは「普通の」女性と何とか結婚するための最低条件、そうなると、ハイスペ女性と結婚するためには「超ハイスペ男性」でないといけません。

 

「法則」にあるように、女性は自分よりもレベルが低い男性とくっつく気はさらさらないからです。

 

ハイスペの男性はハイスペの女性でないほうがいい!?

 

ただし、超ハイスペ男性は、容姿や年齢以外の要素がハイスペの女性と絶対に結婚したいというわけではありません。

 

要は自分が稼いでいて収入面の問題がないので、別に相手に対して高収入や安定した職を求めなくても暮らしていけます。
極端な話、家で専業主婦やパートでも、家事全般をやってくれる女性ならばOKという価値観の男性も結構います。
だとすると、女性に求めるのは容姿や若さ、精神的な安らぎなどというわけです。

 

「高学歴のバリバリキャリア女性」よりも「ある程度家柄のいいお嬢様学校卒の事務職の女性」がモテるケースもあります。
むしろ男性自身が、自分よりも学歴や年収が高い女性を避ける傾向にあります。

 

婚活の戦術として、女性のほうが自分の年収や学歴、職業を非公開にあえてする人もいるのはそのためで、ハイスペすぎる女性はむしろなかなかつり合い結婚ができる男性が婚活市場にはいないことになります。

 

ハイスペ女性とモテない並スペック、低スペックの男性が残っても「〜法則」によってこの男女はくっつくことがないという残念な結果になってしまいます。

 

とはいっても支え合うのが夫婦です。(容姿、年齢以外の)ハイスペ女性がいいという男性もいますし、年収や学歴を武器にしたい女性もいるはずです。この組み合わせがうまくいけばもっと結婚できる人は増えますよね。

 

容姿や年齢がいい女性を見つけたいのであれば、既存の婚活で会う女性をご自身のスペックで釣り上げればOKです。
それ以外のハイスペ女性と出会う方法を以下で記します。

 

ハイスペ女性を探すための婚活

 

男性の場合、ご自身が女性から見た「ハイスペ男性」なのか、そうではない並、低スペックかでハイスペ女性を探す難易度が大きく変わってきます。

 

ハイスペ男性がハイスペ女性を探す場合

男性の年収や職業)限定の婚活パーティーはありますが、女性の年収を限定した(○○万円以上)のものはほとんどありません。
したがって、婚活パーティーで探すのはなかなか厳しそうです。

 

婚活サイト

ご自身の年収証明などをしっかり提出できれば、女性も信頼してくれるはずです。
つまり、本人確認書類以外の証明書を提出可能で、証明したら「○」がつく婚活サイトを選んで、ハイスペ女性の条件を絞って検索して申し込めばOKです。

 

ハイスペ女性もざわざわ低スペ男性と結婚したいわけではありません。しっかり証明がある人ならば信用してくれるはずです。

 

女性の職業を絞った結婚相談所、婚活サイト

 

例えば「W−プレミアム」は、ハイスペ女性の代名詞であるCA女性専門のマッチングサイトです。
CAであればステータスはもちろん美人も多いはずですよね。

 

こういうところでハイスペ女性を狙ってみるのも1つだと思います。

 

男性ハイスペの結婚相談所

 

ハイスペックな男性だけが登録できる結婚相談所です。
医師限定、年収1000万円以上限定、東大早慶限定、のあれですね。
男性の入会条件は厳しいですが女性はそうではなく、無職や家事手伝いでも若くて美人なら、と書きましたが、かといって会員女性が低スペックということではありません。

 

医師限定の結婚相談所であれば、女医や医師の男性と釣り合うであろう女性(弁護士、会計士、税理士、キャリア官僚等)の割合は通常の結婚相談所と比較してかなり高くなるはずです。

 

やはり正攻法で行くならば、ハイスペ限定の結婚相談所が一番確実だと思います。
家柄などもいい女性が多いはずです。

 

要は、男性自身が超ハイスペであれば、どんな婚活をしてもハイスペ女性も含めて「選べる」立場にあるということです。
まず、ご自身が婚活でどのようなスペックを持つのか整理してください。

 

ハイスペではない男性がハイスペ女性を探す場合

 

これは難しいです。

 

正直婚活ではなく、通常の出会いでそういう人を見つけるしかないでしょう。
婚活をしている女性の中で「男性ならだれでもいい」という人はまずいません。
超イケメンで背が高くてという男性は最初に書いたように、そもそも婚活する必要がないのですから。

 

正直、並スペック、低スペックなのであればハイスペ女性云々といっている場合ではありません。
「結婚する」ことを第一目標にしてもらわないと無理だと思います。
それが無理ならリアルにモテる男性になるしかありません。

 

と言い切っては婚活コラムではなくなるので、唯一可能そうな方法を紹介します。

 

姉コン

年上女性と年下男性をカップリングさせる結婚相談所です。

 

 

通常の婚活とは逆で、女性がほとんどの費用を負担します。男性は無料で婚活できます。
女性には年収要件があり、360万円以上、結婚後もそのまま仕事を継続する意思のある方に限られます。

 

一方男性は「定職にある(年収要件なし)」「タバコを吸わない」、これだけです。
ここならばハイスペ女性を見つけられるかもしれません。

 

こういうところに登録する女性ですから、夫の稼ぎを当てにしない自立してむしろ自分が引っ張っていくタイプなのでしょう。
ひょっとすると「結婚後は『専業主夫』になってください」という人がいるかもしれません。

 

いいことだらけでは?と思われるかもしれませんが、通常の婚活と真逆なわけで理解していただきたいことがあります。

 

 

女性が年上である

数歳年上くらいならいいかもしれませんが、40代以上、妊娠が難しい年齢である可能性があります。
絶対子供が欲しい男性は向かないかもしれません。

 

容姿については

年下好きで甲斐性のある女性だけとは限りません。
通常の婚活では何をやってはダメという、モテない男性ならぬ「モテない女性」である可能性があります。
基本待ちの姿勢でもいい女性の婚活でもダメな場合、本当にダメな(「えぇっ」といような)感じかもしれません。
女性側が限界までハードルを下げている場合、行きつく先が「姉コン」になります。

 

ハイスペ男性もライバル

ハイスペ男性だって姉コンをしてもいいわけです。
お金がかからず婚活できれば万々歳、年上好きのハイスペ男性ならば姉コンの枠内で女性を選び放題です。
「若いハイスペックなイケメン」には何をどうやってもかなわないのは事実でしょう。

 

以上、ハイスペではない男性がハイスペ女性と結婚できる方法を考えましたが、やはりかなり難しいことが分かりました。
「婚活」という枠組みでは、男性はご自身のスペックを高めないと難しいんですね。
そうでなければリアルに恋愛して結婚するしかないわけで、モテスキルが要求されます。
そうでないとハイスペ女性と一発逆転の人生は難しいのが実情です。

 

ただし、何もしなければ可能性は0%ですが何かすれば0%ではないはずです。
だから何かするのが重要です。

 

若さだけではダメなのが男性のハイスぺ婚活

以前、女性向けのハイスぺ婚活の記事を書きましたが
【保存版】20代女性こそ婚活!ハイスペックな男性を釣ることができる理由
女性の場合、男性が女性に求める条件の一番は「年齢」(あと容姿)なので、婚活をするのが早ければ早いほど有利になり、ハイスペ男性を見つけられるという理屈でしたが、女性が男性に求めるのは収入や職業、地位という人が多いので、男性自身もハイスペックが求められます。

 

若ければいいというわけではなく、むしろ若いと収入が低く、社内での地位も安定しないので、ある程度年齢が行って出世した人じゃないとダメというハイスペ女性もいます。ハイスぺ女性の中には、「自分が養うからいい」という人もいますが(姉コンのケース)、多くは自分に釣り合った(要は自分と同等、それ以上の)スペックを男性に求めます。

 

したがって、男性のハイスぺ婚活は
自分自身がハイスペであること(できれば超ハイスペ)を前提に、年齢は加点要素に過ぎないということです。

 

30歳年収800万と40歳年収800万では前者の方がそりゃモテますが、30歳年収800万の男性は婚活市場には少ないですよね。女性の中には30歳年収600万なら40歳年収800万の男性を選ぶ人もいるということです(出世コースから外れれば年収が30歳過ぎて頭打ちというケースもあります)。

 

ですので、男性のハイスぺ婚活はまずご自身の収入や地位を高めないと厳しいということです。

スペックに自信があるならすぐに婚活しましょう。若い方がいいですからね。

 

それでもハイスペ女性を探したい人はまずこれ!

 

ハイスペ女性、ハイスペ男性「限定」の婚活については上で書きましたが、入会に当たっては色々条件もあり、うまくいくか不安な人もいるかもしれません。

 

以下で紹介する婚活は「ハイスペ限定」ではないのですが「ハイスペが多い」と言われているものです。まずここで活動して、母数が多い中で婚活慣れするのも悪くないと思います。いきなりハイスペだけの中に行くよりも、色々な人と会った方が経験値も積めますからね。

 

というわけで、3つランキングで紹介します。

 

1位 IBJメンバーズ

 

仲人型結婚相談所IBJの「直営店」です。

 

IBJメンバーズ

 

会員データベース58000名という膨大な会員データの中から、その人に会った異性を仲人と一緒に探します。日本最大の仲人型結婚相談所IBJの「直営店」で、それだけ会員がいるのですから、ハイスペな女性もたくさん在籍しています。

 

特にIBJは色々な結婚相談所と比較して、男女ともハイスペが多いと言われていて、ここでまず探してみるのが良いと思います。「女性ハイスペ」限定は上で書いたように「CA限定」など職種が限られてしまうからで、大企業のハイスペ総合職、ハイスペ国家公務員などを探すためにはIBJが最も探しやすいでしょう。

 

「相手の男性の職業や年収」を絞って婚活している女性は多いのですが、その逆は少ないので、母集団が多い方がそういう女性が探せます。

 

IBJメンバーズは、IBJの数多くあるフランチャイズの結婚相談所と比較して、以下のようなメリットがあります。

 

直営店なのでIBJ選りすぐりの社員が直接仲人をする

個別具体的な紹介が多い

IBJメンバーズ自体(会費が高いので)ハイスペが多い

 

IBJ本社が認めた人しか仲人になりませんから、紹介やアドバイス等は他のフランチャイズのIBJ加盟結婚相談所と比較してもスキルが高いです。

 

また、各コースの会費はそれなりに高いのですが、その会費を払える人ということで、必然的にある程度の収入やスペックのフィルタがかかります。自社会員(IBJメンバーズの会員)の紹介もありますから、ハイスペ探しの場合はIBJ直営のここに登録するのがおススメです。

 

 

 

関連
IBJメンバーズ※結婚相談所 ブライダルネットの運営会社だから安全

 

2位 マッチドットコム

 

2位はマッチドットコムです「ハイスペなの?」と疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、アメリカ生まれの正解最大の婚活サイトです。

 

その信頼性は、タケノコのように生まれては消えている、あまたの婚活サイトとは比べ物になりません。各国のマッチドットコムがあるくらいですから、どんな国でも承認される=安心、安全な婚活サイトということになります。

 

安全性が高いのであれば、しっかりとした仕事でハイスペックな人も登録しますよね。「身バレ」しにくく、情報管理が徹底していることで、ハイスペ女性も安心して登録できるというわけです。

 

「おおーー」という超ハイスペ女性が登録している可能性もあります。後は皆さんがマッチングできるスキルを身に付ければ完璧です。

 

婚活サイトですから他の婚活と比較して、活動しやすい、入会へのハードルが低いということもプラス材料です。

 

ともかく、「気軽に」「安心して」「安全に」婚活することができますので、婚活初心者でハイスペ女性を探したい人はこちらがおススメです。

 

pc_top1

 

関連
マッチドットコム【match.com】世界最大規模のマッチングサイトが最高に面白い!

 

3位 YUCO.

ユーコ

 

YUCO.って何?

ユーコ

婚活パーティーには色々なものがありますが「YUCO.」は全く新しい会社が参入してきたわけではなく、これまで「『ユーブライドパーティー』(youbride party)」と呼ばれていたものが名前を変えました。

 

こちらをおススメする理由として

 

ハイスペック向けの婚活パーティーが多い

趣味でつながる企画が多い

「婚活!」と力まなくてもいい配慮がされている

 

ということがあります。かつて「youbrideパーティー」と呼ばれていたものから、「bride」(橋、ブライダルとかけている)を外して、「.」を付けたのは、一歩立ち止まって考えましょうよ、という意図もあってのことです。

 

やはりハイスペックな人は落ち着いていますから、前のめりになり過ぎない婚活パーティーのほうが来ると思います。

 

「ハイステータス」の項目にチェックを入れても結構な数のパーティーがヒットします。婚活パーティー初心者かつ、ハイスペック女性を狙いたい人はYUCO.に出てみるといいと思います。名前からしてカジュアルで女性が出やすいものになっています。

 

 

関連
YUCO.(ユーコ)の評判は?口コミは悪い?サービス完全ガイド

 

「ハイスペ専門」の婚活でなくても、やりようによっては十分ハイスペ女性を探すことは可能です。ただし、本記事で述べてきたように、男性自身がハイスペでないと厳しいのも事実です。

 

ハイスペ女性と結婚することが唯一正しい答えではないかもしれません。だからこそ、ハイスペ専門婚活以外の婚活で、性格や価値観が合う人を見つけても、それはそれで大勝利だと言えます。参考になさってください。

 

 

 

ハイスペックな女性を見つけるハイスペ女子探しの婚活 まとめ

  • 男女それぞれが考える「ハイスペ」の定義は異なる
  • 婚活では女性の収入や職業などのステータスはそれほど評価されない
  • ただしそういう「ハイスペ女子」と結婚したい男性はいる
  • ところがその場合男性も女性と同等、それ以上にハイスペでないと結婚は難しい
  • ハイスペ男性ならばハイスペ限定の婚活をすればOK
  • ハイスペでない男性はリアルの出会いに期待するしかない、婚活は厳しい
  • どうしてもというならば「姉コン」という方法がある
  • 姉コンの場合ステータス以外での妥協が必要になるかも
  • 結果的にハイスペ女性が探せる結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーもあるので合わせて検討してみる

 

他の人気アプリもチェック

 

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング