LGBTの為の結婚相談所リザライ完全ガイド

LGBTの方の「パートナーシップ条例」については、結果的に多くの人に認知されるようになったのだと思います。

最近では、LGBTの「同性婚」カップルが里子を育てるというニュースもありましたし、逆に「同性婚」した女性カップルが「離婚」という話もありました。
離婚も里子も、普通にある「当たり前」のことですよね。その「当たり前」がLGBTにカップルにも「当たり前」になってきているわけで、歓迎すべきことと思います。

今回紹介する「リザライ」というLGBT向けの「結婚相談所」もそうした「当たり前」の存在の1つとして考えていただければと思います。
どういう仕組みなのでしょうか?解説していきたいと思います。

婚活最終兵器「結婚相談所」がLGBTサポートに参入!

以前の記事でLGBT婚活について取り上げました。

LGBT婚活パーティー【カップリング】の入会&サービス完全ガイド

LGBTの婚活まとめ!様々な種類の人気の婚活ランキング

LGBTとは何なのか?同じ「同性愛」でもセクシャリティが違うこと、LGBTの方の割合は左利きやAB型の人と変わらず、決して珍しいものではないこと、つまり「当たり前」であること、についてこの2記事で述べさせていただきました。

今回は個々のLGBTなどの用語については解説しませんが(上記別記事のリンク先を読んでください)、これまでのLGBT婚活は手探り状態で、主に婚活パーティーの形態をとっていたことが分かります。

婚活パーティーならば「あとはご自由に」という感じで、出会いの場を提供するだけでいいので楽なんですが、本当に「同性婚」を考えている人にとっては遊びではないか?と訝しる人もいたかもしれません。

一般的な婚活と同様に、ガチで結婚相手を探したいならば結婚相談所です。
前回の記事でも若干触れた「リザライ」(RESALLY)についてさらに「結婚相談所」として使えるのかどうか深堀していきたいと思います。

法律婚はまだできない日本ですが、パートナー条例などが各地自治体で制定されてきていますから、本気の相手探しのためにやってみる価値はありそうです。

「リザライ」(RESALLY)とは?

リザライ

リザライは「男性同士」「女性同士」といった同性のパートナーを探し、同性愛者、LGBTの方向けの「パートナー紹介サービス」です。

同性婚はまだ認められていませんし、既存の結婚相談所団体(IBJやBIU、良縁ネットなど)は、異性同士の「結婚」(入籍)を目標にしていますから、会員のデータベースを共有することはできません。

しかし、リザライでは既存の結婚相談所と同様に、定期的に相手候補の方(同性)を紹介し、出会いの機会を提供するサービスになります。

流れは一般的な結婚相談所と似ていますが、「インターネット異性紹介業」でも「結婚相手紹介サービス業」でもありません。
異性との結婚を想定した法律はありますが、同性を紹介することについて法律は想定しておりません。
しかし、何とか利用できそうな法律をもとにして運営を行っています。その誠実さは大いに評価されるべきだと思います。

リザライの目的

「結婚相談所」であれば実際に結婚する相手を探すことになりますが、同性婚が認められていない日本ですので、あくまで「パートナー」を探すことを目的としています。

一緒に歩むことができる同性のパートナーを見つけた時点で「成婚退会」となります。
その後は、パートナー条例がある自治体で証明書をもらってもいいですし、各カップルが共に歩めるようなスタイルで一緒に生活をしていっていただければOKです。

入会資格・必要書類

結婚相談所のシステムを取っていますで、入会資格や必要書類もそれに似ています。
なお、リザライは男性、女性どちらでも会員になることができます(それぞれ同性のパートナーを探す)。

入会資格
  • 20歳以上であること
  • 男女とも同性間での交際相手を探していること
  • 一定の住所を有すること
  • 被保佐人、被後見人でないこと
  • 暴力団をはじめとする反社会的勢力・団体等の関係者でないこと
  • その他会社が当サービスの提供が困難であると判断するような事由が存在しないこと
必要書類
  • 写真
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
  • クレジットカード(月会費引き落とし用)
任意提出書類
  • 独身証明書
  • 年収証明書
  • 最終学歴証明書

独身証明書は必須ではないの?と思われるかもしれません。
しかし、日本では「結婚」できない同性婚を求める人たちのための結婚相談所ですから、そもそも「独身ではない」という人がいる可能性はまずないですよね。

また年収証明書も、男女間であれば(男性の)年収は重要な要素になりますが、同性間ですから「男性(夫)が稼がないと」という価値観はないですよね。
同性間の出会いを支援する結婚相談所だからこその特徴だといえるでしょうね。

料金体系

料金体系はシンプルです。

  • 入会金、初期費用 無料
  • 月会費 9800円+税
  • お見合い費 無料
  • 成婚料 無料

結婚相談所と比べるとかなり安いですし、成果報酬でもないことが分かります。
これは、同性間のパートナー探しに役に立ちたいというリザライの社会貢献だと思われます。

相手の見つけ方

よくある結婚相談所のように、何万人もいるデータベースから勝手に検索してください、というものではありません。
全て「コンシェルジュ」(仲人のような会社スタッフ)による個別紹介になります。

毎月1回、メールにて相手の紹介を行います。
その後、気に入った人がいればその旨伝えて、双方OKならば「お見合い」になります(これは結婚相談所と同じですね)。
日時、日程調整などはすべてコンシェルジュが行いますので安心してください。

お見合いはホテルのラウンジではなく、事務所(新宿店)で行います。
やはり外でお見合いすると色々な目があるのは事実ですが、店内で行うのであれば問題ないですよね。

双方OKならば連絡先交換になりますが、リザライの場合、初回お見合いの後に「2次会」に行っていただいても構いません。

交際方法

リザライでは結婚相談所のように「真剣交際・本交際」のような制度はなく、なるべく多くの方と並行交際していただくのをおススメしています。

つまり、本人が止めたり、成婚退会したりしない限りは毎月の紹介が続くということになります。
これは独自のシステムだといえますね。
お互いに「この人は!」という人に出会えたならば、ゴールイン!で成婚退会となります。

会員属性

どういう人が会員なのでしょうか?
HPから拾ってみました。

なお、リザライは男女ともに入会できますが、HPの写真等を見る限り、男性会員が圧倒的に多いものと思われます(会社の場所も新宿2丁目ということもあるかもしれません)。

年齢

  • 20代  26.2%
  • 30代  35.4%
  • 40代  24.0%
  • 50代  14.0%
  • 60代~ 0.4% 


住んでいる場所

  • 東京都    65.2%
  • 神奈川県   13.2%
  • 埼玉県    8.4%
  • 千葉県    7.0%
  • 関東その他  4.0%
  • その他    2.2%



関西他の地域の方も会員でいらっしゃいます。
ただし、お見合いは新宿店で行いますので、東京まで来ていただくことになります。

職種

  • 会社員   49.4%
  • 公務員   12.8%
  • サービス  2.9%
  • 専門職   26.7%
  • 自営業   2.9%
  • その他   5.2%



専門職の方が多いのは特筆すべきことだと思います。

年収

  • ~299万  12.7%
  • ~499万  33.2%
  • ~699万  27.3%
  • ~899万  14.2%
  • ~1499万  9.6%
  • 1500万~ 3.1%



一般的な結婚相談所と同等あるいはそれ以上という感じでしょうか?
男女半々ならばもっと会員の平均年収差下がる(女性の方が低い)はずなので、やはり男性会員がかなり多いことがここからも読み取れます。

リザライのメリット、デメリット

リザライで活動することのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

メリット

  • 相手の身分が確かである
  • 婚活に対して本気度が高い(この場合はパートナー探しですが)
  • 仲人(コンシェルジュ)によるきめ細かいサービス

これは結婚相談所のものと同じですね。
上で書いたように会費は安く、初期費用も発生しないため「高い」というデメリットはなさそうです。

デメリット

  • 会員数が(おそらく)少ない
  • 運営のノウハウが結婚相談所とは違う可能性も

結婚相談所であれば加盟する団体共通のデータベースを利用して数万人いる会員から相手を選ぶことができますが、おそらくリザライは100%自社会員でしょう。
だとすると会員数自体がそれほど多くないかもしれません。
ノウハウについては同性間と異性間では違いますので、通常の結婚相談所と全て同じではない可能性があります。

あと1点、このサービスは「対異性」を対象にしたものではありません。
異性を対象にしたサービス、ビジネスならば法的に規制があったり逆に保護の規定があったりしますが、同性間だとそれがない可能性があります。

リザライは法的な「結婚相談所」でも「婚活サイト」でもないことに注意してください(これらは異性を紹介するサービス)。

その点で、何かあった場合対処できないリスクがあるかもしれないことはご承知おきいただき、リザライのスタッフの方とよく相談してください。

各国大使館も応援している安心のサービスです!

同性のパートナー紹介と聞くと「アヤシイ」「いかがわしい」イメージを持つ方もひょっとするといるかもしれませんが、このリザライはそうしたものとは全く無縁です。

例えば、2017年GWに行われた「東京レインボープライド2017」にリザライは出展し(LGBTのイベントです)、無料相談会などを実施しました。
このイベントは、渋谷区と各国大使館が後援しているイベントなので、アヤシイ団体はそもそも出店できないんです。

しっかりした、LGBT団体と認められているからこそのイベント出店であり、真面目で真摯な同性間の出会いを提供する団体だと認識できます。


プレスリリース

リザライは婚活アプリでもなく、婚活パーティーでもなく、もちろん、アヤシイ出会い系でもなく、真面目に同性を愛する方へ将来のパートナー候補の紹介や出会いを提供、サポートするサービスで、ここまで行うのは世界的にも珍しいようです。

だからこそ、パートナーが欲しいけれどもどうしたらいいのかわからにLGBTの方がいらっしゃいましたら、初期費用等は今ならかからないので一度相談に伺ってみてはいかがでしょうか?

このサイトも何かLGBT婚活に動きや新規サービスの開始等あれば、随時記事を追加していきたいと思っています。

【LGBT婚活】リザライの同性愛者向け結婚相談所ガイド まとめ

  • リザライは日本で初の結婚相談所型同性パートナー紹介サービス
  • 外国大使館が後援しているイベントへの出店など社会から信頼されている
  • 男性だけでなく女性の方も会員になることができる
  • 会員等の中から毎月数名をメールで紹介するシステム
  • 初期費用、成婚料等はなく、月会費のみ
  • 収入証明や独身証明は任意で必須ではない
  • 将来を共にできるパートナーが見つかれば成婚退会
  • 異性紹介サービスではないので法的保護が弱い面もある
あわせて読みたい!

\ チェック /

⇒LGBTの婚活サービスランキングはコチラ