LGBT【同性婚含む】の婚活は認知が進んで結構上昇傾向!

「LGBT」という言葉、皆さん耳にしたことがあると思います。
最近様々なメディアで取りあげられているものですが、性的少数者「Lesbian」(レズビアン)、「Gay」(ゲイ)、「Bisexual」(バイセクシャル)、「Transgender」(トランスジェンダー)の頭文字を組み合わせた用語になります。

LGBTの方々は恋愛も、ましてや結婚においても様々な社会的なハードルがあります。
何とか解決方法を探るべく、このコラムで触れてみたいと思います。

PR マッチドットコム【同性検索対応アプリ】で気軽に恋活 婚活♪

LGBTのマッチングは進んでいます!実は同性検索できます♪♪

pc_top1

最後におススメの婚活ランキングについて書きたいと思います。

LGBTって何?

それぞれの定義について考えたいと思います。

L:レズビアン 女性の同性愛者です。女性として女性が好きな人を言います。
G:ゲイ 男性の同性愛者です。男性として男性が好きな人を言います。
B:バイセクシャル 両性愛者です。男性も女性もどちら恋愛の対象になる人を言います。
T:トランスジェンダー 性同一性障害など「こころの性と体の性が一致しない人」を言います。生まれた時から自分は男性だと思っていたのに、思春期に胸が膨らみ生理が来て耐えられない、そういうケースありますよね。

LTBTの割合

調査にもよりますが、LGBTの人の割合は約7.6%だと言われています。
中には気付かずに異性と結婚する人もいますし、心に葛藤を抱えながらカミングアウトできない人もいますので、本当のところは分かりません。

ちなみに

  • AB型の日本人:約10%
  • 左利きの日本人:約11%

です。

こう考えると、LGBTの人が「特別な存在」ではないことが分かります。
当然この人たちが住みやすい生活であったり、結婚や婚活について考えたりしなければなりませんよね。

よくある誤解

「男性が好きな男性」を同じカテゴリーで考えていませんか。
いわゆる「オカマ」の人(トランスジェンダー)は女性の格好をして化粧もして、時には性転換手術もしますよね。女性として男性が好きなんです。
つまり、男性として男性が好きな同性愛(ゲイ)とはまた違うんです。心は女性なのですから。

「男性が男性」を好きというケースでも

  • 男性として男性が好き。男性しか愛せない:ゲイ
  • たまたま好きになった人が男性だった。女性の可能性もあった:バイセクシャル
  • 自分は「女性」。だから男性しか愛せない:トランスジェンダー

と全く異なることに注意してください。

女性の場合も同様です。レズとトランスジェンダーである「オナベ」は全く違う恋愛指向の人だということです。

ひとまとめにしてしまうことは当人にとっても社会にとっても適当ではありません。

日本のLGBTを巡る現状

議論はありますが日本では同性婚は認められていないのが現状なであるのはご存知の通りです。
同性婚に反対する根強い意見もあります。

一方で、2015年に東京都渋谷区で「パートナーシップ条例」が制定されたことをきっかけに、同性間のカップルであっても夫婦相当の権利を認めよう、証明しようという動きが自治体レベルで広がっています。

とはいえ法的に「夫婦」ではありませんから、相続権などは赤の他人ということになります。
マンションなどに同居する場合、夫婦用ならば男女の夫婦でなければだめ、のような場所が同性間でもOKになると思ってください。

あまり細かく書くと法律論や社会学になるのでこの辺で。

  • LGBTの人はかなり多い
  • 夫婦相当の関係を望む人がいる
  • ただし日本では同性婚ができない

というなかで婚活をどう考えていくかになります。
当然、相手が見つかっても法的な「結婚」は今の日本では(性転換をし、戸籍を変更しない限り)無理です。

では全く婚活の方法がないのでしょうか?
夫婦相当のカップルになるための相手を見つける方法は、実はあるんです。

以下、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

LGBTのための婚活ランキング

LGBTPertnars

LGBTに特化した婚活パーティーを運営しています。

流れは通常の婚活パーティーと同じですが、「男女」の代わりに「タチ」「ウケ」で別の定員を設けて応募しているのが特徴です。
「タチ」「ウケ」とは独特な用語なのですが「タチ:リードする側」「ウケ:リードされる側」と解釈してください。

運営は、オタク婚活の大手『アイムシングル』の「有限会社やったるいモード」が行っています。代表の樽井良和さんは元国会議員で、オタクや性的マイノリティへの理解がある人なので安心して参加できます(この人、元々ゲームショップを起業した人です)。

LGBT婚活パーティー(カップリング)

大手婚活パーティー運営会社でおなじみの「エクシオ」が行うLGBT向け婚活パーティーになります。
大まかな流れはエクシオの婚活パーティーと同じです。

「タチ」「ネコ」(ウケと同義)ほか「リバ」(タチとネコどちらもOK)の3つのカテゴリーで募集をしています。

RESALLY

ゲイやレズの方に対して、結婚相談所のようにその人に合った人を毎月定期的に紹介するサービスです。
気に入れば「お見合い」を行いOKならばお付き合いとなります。「成婚料」はありません。

現状、男性(ゲイ)利用者の割合がかなり多いようです。

マッチドットコム

婚活サイトの老舗「マッチドットコム」ですが、こちらは検索の際に同性も候補に入れることができます。
他の婚活サイトは自動的に異性しか検索できませんが、ここは老舗でありアメリカ発祥ということもあり、LGBTに対して敏感だと言えるでしょう。
人種などに加えて性別関係なくパートナーを探したい、そういう人にはこちらをお勧めいたします。

LGBTが使えない婚活は?

現状だと「結婚相談所」になります。
大手中小含めて結婚相談所は「結婚させる=入籍させる」ことが目的ですので、籍が入れられない人はお客ではないのです。

結構相談所がとがめられることではなく、向こうも商売でやっています。ニースがないところにサービスは提供できませんからね。

ただし、結婚相談所の中には特に「シニア婚」で、70歳~80歳の方々が人生の最後を一緒にする相手を見つけたい、入籍にはこだわらない(相続やお墓の問題が発生するため)という方もいて、一定期間お付き合いすれば「成婚退会」としているところもあります。

実際、お年寄りの会員も結構いて、そういう人は「入籍したい、結婚したい」という人たちばかりではありません。

このような流れで、必ずしも入籍にこだわらないLGBTの需要が増えれば、結婚相談所でも受け入れを始めるかもしれませんね。

LGBT婚活で注意したいこと

婚活費用が異様に安いところがあります。こういうところは要注意です。

運営者がLGBTを「特別なもの」「かわいそうなもの」だと思い、安い価格で提供して「やっている」という意識が透けて見えます。ここでは儲けを取らずに「社会貢献していますよ~」と訴えるだけの偽善の可能性があります。

LGBTの皆さんも普通に働いて普通に収入があるわけですから、普通に会費を請求すればよいのです。このような視点もLGBT婚活を考えるうえでは大切です。主催者の意識を測りましょう。

以上、LGBTの婚活とそれを取り巻く環境について書かせていただきました。

LGBTの婚活まとめ!様々な種類の人気の婚活ランキング まとめ

  • LGBTは「レズビアン」「ゲイ」「バイ」「トランスジェンダー」の性的少数者の総称
  • 「少数者」といっても約7%の人間がLGBTと言われていて決して特別な存在ではない
  • LGBT向けに特化した婚活がいくつかある(本記事でランキングを示す)
  • 今の日本では「同性婚」は認められていない
  • 入籍(届けを出す)しなくても「成婚」でいいじゃないかという婚活もある
  • LGBTを特別なものと思わない社会が求められる

あわせて読みたい!