【2017年版】恋活アプリランキング

【2017年版】恋活アプリ&サイトで安全な企業ランキング

皆さん「恋活」ってご存知ですか?
え、婚活と違うの?という人もいるかもしれませんが微妙に異なります。

 

ここでは恋活について簡単に説明たうえで、お勧めできる恋活サービスを紹介いたします。
婚活はちょっと・・・という人でも恋活ならば大丈夫!是非取り組んでみてください!

 

当サイトでおススメの安心安全な恋活サービスベスト3!

以上を踏まえて、婚活ではなく「恋活」としておススメできる3サイトをランキングして紹介します。
これらのサイトは、本人証明がしっかりとしていてサクラの可能性が極力排除できるものです。
後は、婚活をしたいのか恋活でいいのか、向き不向きの問題になります。

 

 

Omiai

Omiai

 

Facebook連動型の恋活サイトです。
「Omiai=お見合い」という名前からして婚活用としても利用できる老舗のサイトですが、もちろん結婚を前提としない恋人探しにも使えます。

 

特徴は以下の通りです。

本人確認を厳格化

入会の際には本人確認書類の提出を義務付けていて、それが確認されない限り活動できません。
まずスタート地点で厳格に審査を行います。
時間が若干かかりますが、しっかり見て審査しているということになります。

 

Facebookのアカウントが必要

OmiaiではFacebookで10人以上の友人がいる人でないと入会できません。
つまり以前から本当に友人がいる人=サクラでない人ではないと入会できません。
1アカウントで入会できるのはその本人だけですから、いくつかのアカウントを仮にとっても、友人が10人いないので入会できません。

 

女性からも会費を請求し真剣な出会いを求めている人のみが活動

Omiaiでは全ての男性と30歳以上の女性が有料です。
Facebookで年齢を確認するのでごまかせません。

 

有料ということは遊びではなく真剣に相手を探さないと元が取れませんから真面目な出会いにつながります。

 

無料で気になる相手を探せます♪♪

pc_top1

 

 

 

PCMAX

 

10年以上の実績がある老舗の恋活サイトです。
婚活サイト方式ではなく、mixiのようなSNSになっています。
「恋活SNS」といってもいいかもしれません。これまで大きなトラブルもなく、問題なく運営できています。

 

女性誌(20代〜30代ターゲット)を始めメディアに積極的に取り上げられて評判もかなりいいです。
広告ではなく「記事」ですので記者が内容を評価して書いています。

 

厳格な本人確認

こちらもやはり本人確認を厳格に行い、それが許可されないと活動できません。
具体的には、運転免許証やパスポートの他、他の恋活サイトではあまり認められていない年金手帳や外国人登録証明書でもOKです(法的な要件は満たすので安心してください)。
外国籍の方でもこれなら恋活できますね。

 

SNS方式で使いやすい

mixiなどでおなじみのSNS方式で、検索してメッセージを送ることができるほか、特定のトピックスの掲示板に書き込むこともできます。
やはり共通の話題がある人のほうが話がしやすいですよね。

 

注意していただきたいのが掲示板カテゴリです。
「ピュア」と「アダルト」があり後者は文字通りオトナの怪しい出会いを希望する人たちの書き込みが多いので、これは避けて「ピュア」カテゴリで活動しましょう。
恋活用ならばピュアです。

 

安心の「前払い」ポイント購入制

このサイト、女性は完全無料ですが男性は費用が発生します。
この場合危惧されるのが課金額が多くなって、気づいたら数十万円の請求が来たようなケースですが、その心配はありません。

 

ポイントを前もって購入しないといけないので、買った額しか使えない「プリペイドカード」方式です。
クレジットカードのようにいくらでもその時は使えるけれども気づいたら・・・ということはないので安心してください。

 

無料で気になる相手を探せます♪♪

pc_top1

 

 

 

 

 

 

ラブサーチ

 

非常にオーソドックスな定額制の恋活サイトです。
出会い系は怖い、という人にはこのサイトはおススメできます。
とにかく色々な機能が搭載されているので、ご自身に適した異性の見つけ方を探すことができます。

 

とにかく「安心・安全」

入会の際の本人確認の厳格化はもちろんですが、ラブサーチでは24時間体制でサクラやトラブルがないかどうかの見回りを行っています。
「プライバシーステートメント」策定や、メールアドレスの暗号化といったセキュリティ対策が万全なのも心強いです。

 

出会いのための様々な機能

通常の恋活サイトにあるような検索機能だけでなく、様々な出会いのためのツールが揃っているのが強みです。

  • 検索
  • ラブアンサー:掲示板
  • チャット
  • オフ会
  • コミュニティ

といった複数多数の方法で異性を探すことができます。

 

男性は安心の定額制

ラブサーチではいくら使っても
男性:月額2800円
女性:完全無料
が徹底しています。
それ以上課金する要素がないため、費用は発生しません。使いたい放題というのが極めて安心できますね。

 

無料で気になる相手を探せます♪♪

pc_top1

 

 

 

恋活と婚活の違い

まず、恋活と婚活の違いについてお話しします。

 

読んで字のごとくなのですが

  • 恋活:恋人を見つけるための活動
  • 婚活:結婚するための(結婚相手を見つけるための)活動

です。

 

 

恋活は結婚を必ずしも前提としていません。
もちろん、恋活をして恋人を見つけた先に結婚するケースもありますが、あくまでも恋愛をするための活動です。

 

一方で「恋愛のない婚活」というのも今ではまずあり得ません。
婚活をして知り合った場合でも「本交際」として恋人関係になり、恋愛感情を育まないと結婚には至らないでしょう。
明治時代のように結婚式当日まで顔も見たことがなくて、全く恋愛感情も好意もないまま結婚するというのは今の時代あり得ません。

 

  • 「結婚のない恋活」→あり
  • 「恋愛のない婚活」→なし

婚活は恋活に含まれて、恋活のほうが幅が広いものと解釈してください。
幅が広いということは恋活するためのハードルも婚活より低いということです。

 

職業、収入などを前提としないのが恋活

恋活は結婚を前提としないのですから、まだ就職前の大学生やいわゆる「定職」ではないフリーターでも問題ありません。
18歳以上であれば誰でも恋活ツールを利用できます(18歳未満、高校生は法律で不可です)。

 

特に男性の場合「婚活」しようと思うと、学生や定職にない人はそもそもできないことがあります。

 

婚活サイトならば登録することはできますが(それで相手がOKするかは別です)

  • 結婚相談所:入会審査ではねられる
  • 婚活パーティー:申し込みできない
  • お見合い:そもそも話が来ない

と他の場合は絶望的です。
女性は学生や「家事手伝い」でも婚活できますが、相手が見つかるかどうかは別の話です。

 

しかし、恋活ならば恋人探しですから20代前半の学生同士、フリーターなどでも問題ありません。
ひょっとするとその先に結婚を考えるかもしれませんが、今恋人を探したい人ならば誰でもできるのが恋活です。
大学生でも積極的に活用しましょう。

 

恋愛感情の程度に差はアリ

 

婚活は恋活に含まれると書きましたが、その程度には差がありそうです。

 

婚活の場合、恋愛感情は不可欠ですが、その他にも職業や学歴、年収など社会的ステータスも評価します。
恋愛結婚の場合は「好き」だけで地位や立場を乗り越えられますが、婚活では条件面での考慮が不可欠です。

 

一方、恋活はともかく「今好きになりたい相手」を探す活動ですから、職業や年収などが考慮される比率は低いものになっています。

 

恋活={好きだけで10}
婚活={好き+年収+学歴+職業・・・で10}
より恋愛感情が強くなりそうな相手を見つけるためには恋活だと言えますね。

 

要求される書類などが違う

恋活と婚活では要求される書類のレベルも異なります。
結婚相談所やお見合いの場合、つまり婚活100%を行う際には、色々な証明書(源泉徴収票、卒業証明書、住民票・・・)が必要になりますが、ここでは「恋活サイト」と「婚活サイト」で比較してみましょう。

 

共通する必須書類

 

18歳以上であることを証明する本人確認書類

これは法律で定められている「インターネット異性紹介事業」を行う上で絶対に必要なものです。
運転免許証、パスポート、保険証など。

 

逆にこれらが必要ないサイトは恋活サイトでも婚活サイトでもない「悪質な出会い系サイト」だと思ってください。

 

写真

 

自分の画像をアップロードします。
必ずしも必要ではないですが、写真の登録がない人はやる気がないと思われますし、「サクラ?」と疑念を抱く人も出るかもしれません。

 

恋活サイトだけ必要なもの

恋活サイト『だけ』必要なものはありません。
しいて上げればすごく「緩い」感じの写真は婚活サイトには合わないかもしれません。

 

婚活サイトだけ必要なもの

婚活サイトでは任意で、結婚相談所などに提出するのと同じ

  • 独身証明書
  • 年収証明書
  • 学歴証明書

などが提出できます。
これらを提出することによって、条件面で自分は価値があるんだよということをアピールしていきます。

 

恋活のメリット

若い年齢でも相手を見つけられる

20歳そこそこで婚活(たとえ働いていても)するというと構えられてしまいますし、実際その年齢では結婚なんか考えていない人も多いでしょう。
婚活サイトに登録してもかえって「怪しい」と思われるかもしれません。

 

結婚を考えない年齢で恋人を探したいならば絶対に恋活ですね。

 

とにかく今恋人が欲しい

婚活サイトだとどうしても職業や年収なども合わせて「将来この人とやっていけるのかどうか」という判断が入ってしまいます。
そういうこと抜きに今恋人が欲しいのであれば、婚活サイトではなく恋活サイトを利用します。

 

「結婚相手ではなくとにかく恋人が欲しい」という人は恋活サイトに登録していますからそちらの方が確実です。

 

結婚を仰々しく考えたくない

結婚相談所、お見合い…。
結婚を前提にすると仰々しくなってしまいますよね。
恋人の先に結婚があっても構わないが、それを全体とせずにまず好きな異性を探したい人ならば恋活をしましょう。

 

婚活をして下手に条件面で合う人を探すよりも、恋活をして「運命の相手」に巡り合ったほうが幸せな結婚ができるかもしれません。

 

恋活のデメリット

サクラの可能性

「18歳以上の本人」の証明は必要ですが、それ以上の証明が必要ないのが恋活です。
ひょっとすると、既婚者や恋人を探していない「ヤリ目」、変な商売をしていて売りつけられる、怪しい団体の人などが隠れているかもしれません。

 

職場や学歴などが伏せられるということは色々な立場の人が「恋活」に参戦できます。もちろん「サクラ」もそうでしょう。

 

悪意はなくても、恋活サイトや恋活業者がお金を払って恋人を探しているようなふりをさせて課金させる、絶対に会ってくれない、会っても1回で消えてしまう。
結局、恋人を探して活動していたのにお金だけが無くなってしまうということがあり得ます。

 

これは許せませんよね。

 

恋活に向かない人がいる

 

もう一点。恋活をすれば誰でも恋人ができるわけではありません。
学歴や年収などがあまり考慮されないということは、コミュニケーション能力と外見のガチ勝負になります。

 

やはりモテない感じの人はいるわけで、そういう人は(努力は大切ですが)、恋活よりも婚活をして結婚を前提に条件で釣って相手を探した方がうまくいく可能性があります。

 

実も蓋もない言い方ですが、ダサくて太っている男性でも大企業社員や公務員ならば、婚活をしたほうが結果的に美人の奥さんをゲットする可能性が高いかもしれません(努力は必要です)。
あくまで確率の問題ですが、向き不向きがありそうです。

 

 

 

是非ともこれらのサイトを使って「恋活」やってみてください。
応援しています。

 

 

 

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング