IBJメンバーズ※結婚相談所 ブライダルネットの運営会社だから安全

IBJの結婚相談所 ブライダルネットの運営会社だから安全

皆さん「IBJ」という結婚相談所をご存じでしょうか?正式には「日本結婚相談所連盟」と言い、日本最大の結婚相談所ネットワークになります。

 

 

今回紹介するのは、IBJとIBJ直営の結婚相談所「IBJメンバーズ」というものです。その独特な成婚への仕組みや利用する時のポイントについて紹介いたします。

 

IBJ「日本結婚相談所連盟」について

まずIBJとは何?という疑問にお答えします。

街の結婚相談所の集合体=IBJ

皆さんのお住まいの地域に小さな結婚相談所があるかと思います。大手のオーネットやツヴァイ、パートナーエージェントなどではない「結婚相談所○○」のような名称がついているところですね。

 

こうした小さな地域密着型の結婚相談所ですが、その結婚相談所だけでは紹介する人が足りません。小さなところでは会員が10名以下というところもあり、それでは経営ができないのです。

 

こういった全国の結婚相談所の会員を束ねているのが「IBJ」(「日本結婚相談所連盟」)というところになります。

 

現在、IBJ加盟の結婚相談所は約1500社以上で、それぞれの会員を合計すると約58,000人以上になります。

 

つまり、各結婚相談所は「窓口」であり、紹介できる人は共通で6万人近くいると考えてください(男女半々なのでそれぞれ3万人弱ですが)。

 

IBJ以外にも、NNR(日本仲人連盟)、良縁ネット、BIU(日本仲人連盟)、JBA (日本結婚相談協会) などの仲人型結婚相談所はありますが、 IBJは、「仲人型結婚相談所」の中でも最大手の結婚相談所です。
 

IBJは

  • 日本結婚相談所連盟

のほか

  • PARTY☆PARTY(婚活パーティー)
  • ブライダルネット(婚活サイト)
  • RUSH合コン(合コン支援)
  • 婚活情報メディア(婚活情報サイト)

など「出会い」に関わる事業を手掛ける日本でも老舗の企業です。

 

IBJメンバーズについて

IBJ加盟店のサービスや料金はバラバラ

 


IBJに加盟している結婚相談所は、全国各地にあり、その中から選んで入会することもできます。
それぞれのIBJ加盟結婚相談所は共通の紹介システムや、お見合いのルールを持っています。同じサービスを提供することで、どの結婚相談所に入会している会員でも紹介可能なシステムになっています。

 

ただし、入会金、月会費、お見合い代、成婚料、サービス内容などは各結婚相談所によってバラバラです。

IBJメンバーズは「直営店」なので安定している


それぞれの相談所は、共通のルールを維持しつつ個別のサービスには差があります。
たとえば、費用が激安だけどほとんど相談も受けず紹介もしないところ(婚活サイトのような感じ)、かなり高い会費を取るが懇切丁寧な相談や個別の紹介をするところなど様々です。

 

各結婚相談所はIBJの「フランチャイズ」だと思ってください。
それよりも、より質の高いサービスを受けられて、成婚率を高めるにはIJBの直営店ともいえる「IBJメンバーズ」へ登録するのがおすすめです。

 

分かりやすく言うと

  • IBJ:統括するブランド
  • 個々の結婚相談所:フランチャイズ店
  • IBJメンバーズ:直営店

「個々の結婚相談所の会員」+「IBJメンバーズの会員」=IBJで紹介、申し込みできる会員になります。

IBJメンバーズのメリット

IBJに加盟しているそれぞれの結婚相談所の場合、担当者(カウンセラー)は名うての超ベテランから、素人と同じレベルの人やほとんど関与しない人など様々です。
IBJの「直営店」ともいえる「IBJメンバーズ」は、IBJ本部から選ばれた「エリートカウンセラー」が担当しているため、サービス内容の質の高さが安定しています。

 

各結婚相談所とIBJメンバーズの質の違いは、

各結婚相談所=フランチャイズ=0点〜100点(ばらつきがある)
IBJメンバーズ=直営店=80点以上は確実(安定している)
というようなイメージです。

どこのお店にしようか迷った場合は、「フランチャイズよりも直営店」にした方が確実にリスクを減らすことができますよね。

 

 

 

 

 

 

IBJメンバーの店舗がある場所

ただし、IBJメンバーズは全国どこでもあるわけではなく、大都市圏に集中しています。

東京

新宿・銀座・有楽町・東京

埼玉県

大宮

神奈川県

横浜

愛知県

名古屋・名古屋アネックス

大阪府

梅田・心斎橋

兵庫県

神戸

福岡県

博多

現在は上記の全国12ヶ所のみですが、年々その数を増やしています。

 

事務所は一等地になり、すごくきれいでプライバシーも守られます。なお、お見合い自体は事務所で行うのではなく、カウンセラーと相談して、ホテルのラウンジなどで行うことになります。

 

IBJで婚活する方法

IBJの婚活システム

専用サイトで検索する

まずIBJ全般のシステムについて簡単に紹介します。

IBJでは専用の検索システム(婚活サイトのようなもの)があり、そこから会員は自由に検索して毎月申し込みを行うことができます。

検索画面は以下のように、非常に詳細な条件が設定できます。

 

 

 

他の仲人型結婚相談所も大体同じですが、IBJの検索画面はその中でも特に洗練されていると言われています。
ここから検索して申し込むのですが、仲人から紹介があった場合も、その人の会員番号を検索して出た画面から申し込みをする感じになります。

 

カウンセラー(仲人)から紹介してもらう

 

サイトの検索とは別に、カウンセラー(結婚相談所の仲人)によって、ご自身の条件に合った人を毎月不定期で紹介してもらえます。
仲人しかわからない情報もあり、過去の経験や、他の相談所との横のつながりなどから、あなたにふさわしいと思われる人を紹介します。優秀な仲人はここでマッチングしやすい人が紹介できます。

 

ただしこの紹介は、相手がOKしているわけではありません。よさそうな候補を紹介するだけなので、本当にこの人でいいのかどうかはあなた自身で判断します。

 

なお、訳あり(特定の宗教、家庭の事情、病歴・障害など)のケースでは、仲人だけが分かるものもあり、そういうことに配慮した紹介をしてくれるケースもあります。

 

この2つからマッチングをして、双方がOKならばお見合い成立になります。「お見合い」はIBJにとっては大切なもので、一度成立するとキャンセルできません。婚活サイトのように結局会わなかったということがないのです。

 

 

 

 

 

 

 

成立したお見合いは、それぞれが入会しているIBJの結婚相談所の人が連絡を取り合ってセッティングをしてくれますので、「会うまでの当事者同士のやり取り」はありませんし、お互いの情報も名字以外は知らされません。

 

お見合いパーティーに参加する

 

IBJでは会員向けに定期的にお見合いパーティーを開催しています。
これは、同じIBJが運営する婚活パーティーの「PARTY☆PARTY」とは全く別物です(ちなみにIBJ会員がPARTY☆PARTYに行っても特に割引などはないです)。

 

男性も女性も全てIBJに登録している会員だけなので、結婚に真剣な人だけが参加しているということです。
コースによって回数は異なりますが、IBJメンバーズに登録した初年度は無料でパーティーに参加できます。(2年目以降は有料)

 

このパーティー最大のポイントは、ここで成立したカップルは、絶対に「お見合い」をしないといけないということです。
つまり1対1で会う機会が必ず保証されます。

 

これは他の婚活パーティーのように、連絡先を交換したけど結局やり取りがなくなって終わってしまったということがなく、入会している相談所経由でお見合いがセッティングされます。

 

 

 

申し込みと申し受けについて

 

仲人からの紹介およびシステムで検索しての申し込みには上限があります。この辺は婚活サイトと同様ですね。

 

相談所によって上限は差があり、大体1か月20件〜30件毎月1日の午前1時にリセットされます。件数の繰り越しはできません。有料で件数を追加することも可能です。
IBJメンバーズの場合は、コースによっても申込件数の上限が異なります。

 

なお、相手から申し込まれた場合(申し受け)は、申し込み件数は減りません。OKすればお見合い成立、断っても大丈夫です。

 

お気に入り機能で成婚率を高める

検索で気になったけど申し込みは少し考えたい人がいた場合、「お気に入り」マークを付けることができます。
これは自分でお気に入りの人をまとめるだけでなく、相談所でもわかります。

 

つまり、ある男性Bさんの場合
女性AさんがBさんを「お気に入り」に入れた(Bさんはそれがわからない)

Bさんの相談所はBさんがAさんの お気に入りに入れられたことが分かる

Bさんにそれを伝えることができる

Bさんがそれを知ってAさんに申し込みをする
という流れができます。

 

相手からお気に入りされたことがわかれば申し込みしやすくなりますし、申し込みされた方もOKしやすいですよね。このシステムは成婚率を高めることにつながります。

 

実はこれ、全ての相談所が行っていることではなく、相談所あるいは仲人個人の厚意でやってくれるものです。仲人との良好な関係もそうですが、入会の際に聞いてみるといいでしょう。

 

お気に入りに入れてくれた女性は、少なくともネガティブではないのですから、この女性に申し込むことでお見合いが成立しやすくなります

 

 

 

 

 

 

IBJで婚活する場合の料金や会員データ

IBJメンバーズのコース料金

IBJに加盟している各相談所は料金もバラバラですが、IBJメンバーズではしっかりとした婚活支援のため、適切な金額のコースが設定されています。

 

基本的な料金は、登録時にかかる初期費用と毎月の月会費、成婚退会時に発生する成婚料になります。
月会費と成婚料は各コース共通で、初期費用の内の「活動サポート費」が異なり、毎月申し込みできる人数・カウンセラーからの紹介・面談、無料で参加できるパーティーの回数などに差があります。
 

  エントリーコース スマートコース スマートプラスコース プライムコース
初期費用 165,000円 220,000円 240,000円 380,000円
月会費 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
成婚料 200,000円 200,000円 200,000円 200,000円
専用システムからの申し込み 10名/月 20名/月 20名/月 30名/月
カウンセラーからの紹介 なし なし 3名/月 3名/月
カウンセラーとの面談 なし 6回/年 6回/年 12回/年
パーティーへの参加 2回/年 2回/年 2回/年 4回/年
 お見合い料はかからない

上記の料金表のほかに、お見合い料などはかかりませんので、費用を気にせずたくさんの人と会うことができます。
ほかの結婚相談所では、1回のお見合いごとに5000円〜10000円かかるところもありますので、非常に良心的な価格設定です。

 

結婚を前提に付き合い、結婚が決まれば「成婚」となり、成婚料をIBJメンバーズに納めます。

 

返金保証制度がある

全コースに返金保証制度がありますので、短期間で退会した場合でもあまり金銭的に損することがありません。
たとえば、スマートコースに入会して3ヶ月活動後、中途退会した場合、
初期費用22万円-(登録料3万円-3ヶ月分のサポート費4.7万円-解約料1.8万円)
=12.3万円の返金があります。これは支払った初期費用の約65%にもあたります。

 

毎月かかる費用はどのコースも一律なので、しっかり婚活を続けるなら面談や紹介などのサポートが豊富なプライムコースがお得と言えますね。

 

IBJに登録している会員のデータや成婚率

 

会員データ
  • 会員数約57000名
  • 男女比:4:6
  • 年齢層:30代〜40代中心(20代はかなり少ない)

婚活サイトよりも年齢層が高く、女性が多いのが特徴です。

 

 

もちろん、男女の会費は同額が基本なので、「女性無料」の婚活サイトや「女性500円」の婚活パーティーのように「冷やかし」「遊び」はいません。

ほかの婚活サービスに比べて高い成婚率

IBJは成婚率もかなり高く、

プロフィールを公開してから3ヶ月以内に

・お見合い実現した人:95.9&
・交際を実現した人:82.5%

 

さらに、IBJメンバーズの主要コースでは

・成婚率55.4%
と、2人に1人が結婚というゴールにたどり着けています。

成婚までの平均期間は10.2ヶ月、約7割の人が1年以内に成婚しているので、何年も婚活サイトに登録するのが無駄に思えてきますよね。

 

結婚適齢期〜中高年まで幅広い年齢層

 

IBJの年齢層は30代〜40代中心ですが、上は90代まで幅広い年齢が登録しています(下限は20歳です)。

 

中高年層の「シニア婚」希望の方も入会できますし、そういう人向けに特化したIBJの相談所もあるようです。
そうしたところはPCやスマホを使うことを前提としないサービスを実施しています(要は紙ベース、郵送対応ということです)ので、シニア婚希望の方もIBJで大丈夫です。

 

 

 

IBJに入会するには

相談所によって入会金、月会費、お見合い代、成婚料などが異なりますが、入会時に必要な書類は一緒です。

 

入会時に必要な書類

以下の書類の提出が義務となります。
婚活サイトのように「出しても出さなくてもいい」任意提出ではありません

 

  • 3か月以内の住民票
  • 3か月以内の独身証明書
  • 写真付き身分証明書(免許証、パスポート等)
  • 最終学歴証明書(短大卒以上)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告等)※男性は必須
  • 勤務先が証明できる書類(社員証等)
  • 写真(提携した写真館で撮影することが多いです)
  • 資格証明書(弁護士、医師、教師、看護師等の資格を持っている人は提出)
  • 入会誓約書

 

これによって「サクラ」「遊び」「既婚者」「ヤリ目」等は完全に排除されます。
何かあれば職場に連絡が行くわけですからね。
本籍のある自治体が「独身」と証明するので安心です。

 

収入証明について

IBJでは男性は安定した収入があることが必須です。収入がない人は入会することができず、収入証明書の提出が必要です。
自営業やフリーランスの方は確定申告書やそれに代わるもの(支払調書等)があればOKです。

 

女性の場合は必須ではありませんが、「女性の場合は収入不要」というわけではありません。
無職やニート、家事手伝いの入会も可能ですが、相談所によっては女性にも収入証明の提出を求めるところもあります。
やはり定職にある女性のほうが成婚しやすいのは事実です。
収入がない場合、それでも入会できる相談所を探すことになります。

 

なお、IBJには年齢制限がないため、定年退職した男性もいますが、年金を受給していれば「安定した収入」とみなされます。
同様に、若くても病気や障害であまり働けず障害年金をもらっている方は、それを「安定した収入」とみなすことが可能です。
ただ、これは活動できるというだけで、結婚できるかどうかは別の話になります。

 

登録する写真について

活動を始めると分かりますが、IBJ(に限らず仲人型結婚相談所)の場合、登録してある写真は完全に「お見合い写真」です(2枚)。写真館、スタジオに行き、フォーマルな格好でポーズを決めて撮影したものです。

 

1万円〜15000円かけて撮影するところが多く、途中で差し替えは可能です。

 

婚活サイトやオーネット、ツヴァイのような結婚情報サービスでいいとされる「日常のシーンのスナップ写真」はダメです。これが大きな違いになります。

 

実は登録しても「写真非公開」に設定することはできますが、お見合い(後述)が成立した場合、お見合い相手には公開されます(当たり前ですが)。

 

プロフィールについて

写真と共にプロフィールが重要になります。
趣味や家族構成の他にも学歴や年収欄があります。

 

男性

  • 最終学歴の学校名は必ず出す
  • 年収は絶対に表記する

 

女性

  • 「大卒」までは書くが具体的な大学名は出さない人が多い(有名大卒の人などは表示するようです)
  • 年収は表示しない人が多数

 

婚活サイトでもそうですが、最初に目に留めてもらうプロフィール作成は重要です。IBJでは、会員の魅力を最大限に表現してくれるプロフィール作りのお手伝いや、自己PRの添削もしてもらえるので、ここでつまずく心配もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、男性の中には「自分よりも高い学歴、高い収入の女性は嫌だ」という人がいます。プライドが高く、こんなことでは結婚できないと言ってしまえばそれまでなのですが、それで避けられてしまう女性もいるんですね。

 

そのため、稼いでいても女性の場合年収は表記しない人が多く、逆に男性はどんなに稼ぎがなくても表記しないといけません。
「男女差別だ」と思うかもしれませんが、男性の場合、収入を書かないと誰も女性が申し込まないのは婚活サイトと同じ理由です。

 

IBJの結婚相談所「IBJメンバーズ」 まとめ

IBJメンバーズ

 

  • 大手結婚相談所「日本結婚相談所連盟」=IBJ運営の結婚相談所
  • 街のIBJ加盟の結婚相談所よりIBJ本部の直営店が安心
  • 全国各地のフランチャイズの相談所会員が紹介、申し込みの対象になる
  • 婚活のプロであるIBJ社員などが実際に婚活支援を行う
  • 入会時には様々な書類を提出しなければならない
  • 初期費用は高いがサービスは確実
  • カウンセラーとの面談などきめ細かいサービスが保証される
  • 活動はIBJ共通のやり方で行う

 

 

⇒結婚相談所の利用ランキングはコチラ

 

 

IBJで婚活する場合の交際の流れ

次に、IBJでの交際の流れを説明します。

 

 

@お見合い

A仮交際
↓(@→A→B 合計で3か月以内)
B真剣交際
↓(@→A→B→C 合計で最大6か月以内)
C成婚退会

お見合い

 

上で書いたようにホテルのラウンジなどでお見合いをします。
ここまでは全て相談所が段取り、セッティングをしてくれます。

 

仮交際

 

お見合いで双方OKの場合「仮交際」となります。連絡先が交換されて、後は他の婚活と同じように本人同士でやり取りをしてデートなどをしていきます。

 

ただし、この期間はあくまで婚活の仮交際ですので、友人関係です。数名と仮交際をして1人に絞る期間であり、相手も他の異性と会っていることが前提です。
この間にどのくらい距離を縮められるのかでしょう。
相手からある日突然切られることもあります。

 

お断りは、トラブル防止のため、相手に直接ではなく相談所に伝えて相談所担当者から行います。システム上は「交際中」から「交際終了」となります。これが1人について、お見合いした日から最大3か月です。

 

真剣交際

 

3か月以内に1人に絞って「真剣交際」になります。
ここで「友人」から「恋人」になります。

 

ただし、IBJは結婚相談所ですので恋人としてお付き合いするだけではいけません。結婚できるか判断して、将来の計画を話し合い、プロポーズをして(されて)、お互いの両親への挨拶などを済ませます。
これがお見合いした日から最大6か月までです。

 

とにかくこの人と結婚できるのかを判断します。

 

成婚退会

プロポーズがあり結婚する見通しが立てば「成婚退会」となり、成婚料を支払って退会となります。

 

重要なのは「成婚」=「結婚、入籍」ではないということです。
その前段階で退会になります。

 

恋愛の場合でも婚約や結納以降に破談になることはありますよね。成婚退会しても別れてしまうということはあり得ます。
その場合、再びIBJで婚活するならば入会金等をいちから払って入会することになります。
また真剣交際中の相手と6か月経過した場合は自動的に成婚となります。

 

IBJで成婚するためのポイント

 

IBJでは「お見合い」を最重要視します。これが成立しないことには何も始まらないからです。
IBJの「お見合い」とは、家と家との昔ながらのお見合いと、婚活サイトや婚活パーティーなどでマッチングした後の「初面接」の中間くらいの雰囲気です。

 

IBJでの婚活ではお見合いは必須!

 

申し込みがOKとなりマッチング成立、あるいはパーティーでカップリング成立になると、お見合いが組まれます。
このお見合いは、成立した場合絶対にやらないといけないものです

 

つまり20名に申し込んで15名とお見合いが成立したら、15人と必ず最初の1回は会わないといけないというルールです。

 

お見合いをキャンセルすることはできず、もしキャンセルする場合はペナルティ(数万単位の罰金)が科されます。もちろん相談所の心象は最悪になります。

 

つまり、スペックが高い(と自負する)人はうかつに件数を申し込めません。
「数打ってOKした人の中から選ぶ」ことはできず、当たった人とは絶対に全員会うのがルールです。

 

「お見合い代」が設定されている会員の場合、1件当たりいくらで支払うことになります。当然回数が増えれば1か月数万円がお見合い代で消えることになります。

 

IBJによるお見合いのセッティング

 

IBJでは、婚活サイトや結婚情報サービス(オーネット、ツヴァイ等)のように当事者間で連絡を取って会う日程や場所を決めることはしません。それぞれの結婚相談所の人が連絡を取り合って、当人の希望日時などを聞きながら決めます。

 

つまり、最初のセッティングは全部やってくれると思ってください。ここは気楽でいいと思います。

 

IBJのお見合いを行う場所

 

お見合いの場所は喫茶店などではなく、ホテルのラウンジがほとんどです。
事前に予約できるところが多く、当日満員で、別のお店を探して2人でさまようというリスクをなくします。

 

お見合いをするホテルの場所ですが、申し受けされた側の都合が優先されます。
つまり、申し込まれた人が出やすい場所、住んでいる駅の近く、職場の近くなど、申し込まれたので多少わがままが利くと思ってください。
婿養子希望などで、例えば北海道の人が東京の人に申し込んだ場合、お見合いが成立すれば北海道から東京まで出ていくことになります。

 

実は(家と家との)お見合いでは今も関東と関西で違いがあります。
場所については

  • 関東:どんなときも男性が女性の方へ赴く
  • 関西:申し込んだ側が申し込まれた側へ赴く

なのですが、実は以前はIBJでも関東と関西で違いがありましたが、これを関西式に統一しました。

 

IBJお見合いのドレスコード

 

お見合いはホテルのラウンジなどで行うので、ラフな格好で来る人はいないと思いますが、あくまでお見合いです。IBJではある程度ドレスコードを指定しています。

 

男性の場合、スーツでなくてもいいのですがジャケットを着用するように指定されます(ノーネクタイでも結構です)。ただ、自信がない人はスーツでも構わないと思います。女性の場合はあまり派手な格好ではなく、ワンピースなどがいいとされます。昔ながらのお見合いのように着物などで来る必要はないので安心してください。

 

IBJの初回お見合いは男性が支払う

 

よく問題となるお見合いの時の支払いです。
「払います、奢ります」で揉めるのは嫌ですし、かといって初回に男性が全金銭的なリスクを負うのか?という議論もあります。

 

IBJでは「初回は男性が全額女性の分も支払う」という決まりになっています。文句があってもお見合いでは男性が全部払ってください。

これも

  • 関東:両家が折半
  • 関西:男性側が全部払う

の違いがありますが関西方式に合わせています。

関西ばかりではないかと思うかもしれませんが、
実はIBJの会員数は関西(西日本)>関東(東日本)なんですね。多数派に合わせたと思ってください。

 

連絡先や名前を聞いてはいけない

 

お見合いなのでその場で連絡先を交換するのはNG。

 

終わってから結果を相談所に伝えて、双方OKならば交際成立、連絡先が開示されます。お見合いの場で聞くとペナルティになります(相談所を通さずにお付き合いができるので)。

 

あと特徴的なのが、相手の下の名前は交際成立まで分かりません。つまり名字だけしかお見合いの時には伝えられないんですね。当日も原則的に下の名前を聞いてはいけません。
本人から話すのは黙認、というか仕方ないかなという感じです(勧めませんが、自分の名前を話だけならペナルティはないです)。

 

その他、婚活をする経緯や、過去の恋愛経験、どのくらいIBJにいるのか、住んでいる場所(○○区、△△市くらいまでならOK)などを聞いてはいけません。交際していく中で打ち明けていくのはありです。

 

IBJでお見合いするために活用したい3つのオプション

 

お見合いが成立する可能性を上げるために、IBJのマイページ上で以下の3つのサービスが利用できます。

 

共感マッチ

 

プロフィール上の価値観(子供が欲しい?親との同居OK?再婚可?希望年齢)を元にマッチングした相手が表示されます。

 

オーネットやツヴァイなどでマッチングして紹介されるのをイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。
申し込むかどうかは自由で、申し込み場合は申し込み回数が減ります。

 

みんなのフォト

 

スマホなどで撮影した料理や旅行先などの写真をコメント付きで掲載できます。それを見た異性が「いいね」をすることができ、誰が自分の写真に「いいね」したのかわかります。

 

「いいね」した人に申し込むのもアリですが、要は積極的に活動したいアピールになります。毎日写真を掲載している人は婚活に対して極めて積極的ということですから、そういう人に申し込んだ方がお見合いが成立しやすいということです。

 

相手のプロフィールから過去に掲載した写真を見ることができます。

 

マッチングラボ

 

心理学の「エゴグラム」に基づいて、自分と性格的に合う相手が紹介されます。@とは異なり登録した条件ではなく、深層心理で合いそうな人が紹介されます。

 

つまり、「関東30代希望」としている人でも「北海道40代」が紹介される可能性があるということです(@の場合は紹介されません)。どこまで心理学を肯定するのかはその人次第ですが、こういう方法もあるのだとオプションとして考えてください。

 

@〜Bの利用は無料。
面倒ならば利用しないのもありですが、IBJによるとこういうツールを利用していた人のほうが成婚しやすいようです。

 

IBJの婚活で気を付けたいこと

 

IBJの会員になると定期的に(だいたい毎月1回)、相談所の仲人(自分の担当者)と面談をします。
交際に至らない場合はアドバイスやダメ出し、交際している場合はその状況を報告しアドバイスをもらいます。

 

Face To  Face で進めていくのが相談所のいいところですが、申し込み、お断り、交際OK、交際終了、トラブル相談などは全て専用のシステム(HP)のマイページ上から行います。

 

メールなどのやり取りも基本的にその中のシステムで行います。おそらくIBJとして文章に残したいということがあるのと、ステータスの変(交際中、休会中など)はシステム上で表示されるので、一元管理したいものと思われます。

 

お見合いをして「この人と付き合いたい」とおもっても、相談所に電話するのではなく、システム上の「お見合い管理」から「交際OK」と書かないといけません(電話で行っても、システムから書いてと言われます)。

 

ただし、IBJではPCやスマホを持っていないであろう70代〜90代(!)の人も会員としています。そういう人は電話や郵送対応だと思いますが、これを見ている皆さんの場合、全部システム上で行うものだと思ってください。

 

交際のルールが厳格

 

結婚相談所なので、トラブルを防ぐ目的もあって、交際する上で厳しいルールがあります。

 

まず、真剣交際できるのは1人のみ(恋人ですから当然です)、その時に他に仮交際している人がいた場合、相談所を通じて交際終了となります。

 

交際終了後の当事者間の連絡はNGです。ただし、真剣交際後ダメになった場合、仮交際していた人と再び仮交際(仮交際からですよ!)することは、一定の条件(本人、相手の相談所がOK、まだIBJの会員である、恋人がいない等)で認められることがあるようです。

 

真剣交際=恋人関係になれば何をやってもいいじゃないかと思いますが、発覚した場合成婚となることがあります。
具体的には以下の3つ。

  • 体の関係を持つ
  • 同棲を始める
  • 宿泊を伴う旅行へ行く

 

同棲を始めるくらいなら体の関係はあるでしょうが、こういうことをする=結婚するんだろうとみなされます。

 

逆に体の関係(セックス)がなければOKなので、キスする、手をつなぐ、日帰りの旅行(遠出)は問題ありません。真剣交際になっても手もつながないと逆に相談所の人に心配されるかもしれません。

 

ただし仮交際でこれをやるのはNGです(特にキスと手をつなぐ)。あくまで「面接」段階ですのでキスを迫るなどしたら厳しいお叱りを受けるでしょう。恋人関係なのかどうでないのかははっきり区別をしないと、厳しい指導が行く可能性があります。

 

モテると勘違いして理想を高くし過ぎない

 

婚活全般に言えることですが、これまでモテなかった人が急にモテると錯覚します(申し込みが殺到する)。

 

特にIBJの場合、入会すると「新入会員ピックアップ」という画面で紹介されます。
そうすると、何十件(多い人は百件)単位で申し込まれるそうです

 

ここで勘違いして自分の価値は高い。だからもっともっといい人はいるはずだ」と考えると、「婚活思考」になり相手に求める条件が上がっていき、結婚できなくなります

 

最初は”優しくて思いやりのある男性なら共働きでがんばる”と思っていた女性も、「年収1000万円以上で専業主婦をOKしてくれる人。国立大卒で安定したメーカーで転勤なし。相手の親とは同居しなくてよくてもちろん初婚。身長は175p以上でタバコは吸わず、お酒もあまり飲まない。年齢も40以下で当然イケメン。ハゲなんてとんでもない!」
このレベルで変わる人がいます。

 

こうなると結婚は無理ですよね。そうした大いなる勘違いをせずに婚活できるかがカギです。

 

IBJはハイスペックが多いのでどんどん上を見てしまいます。でも、そういった人とマッチングして結婚できるのは一握りです婚活のゴールは「結婚すること」ということを忘れないように!

 

 

 

 

 

 

 

主体的に行動しないと結婚できないのはIBJでも同じ

 

結婚相談所で「仲人」がいるからと言って、すべてお任せでは絶対に結婚できません。
お見合いまではいいのでしょうが、その後の交際は当人が頑張らないと続きません。

 

だから、だらだらと適当にやるとお金ばかりかかり、どんどん年を取っていきます。それでは婚活の価値は下がっていきます。婚活で一番条件を重視するのが結婚相談所だということは忘れないでください。

 

結婚相談所IBJで結婚するためのポイント

  • お見合いが成立した場合キャンセルはできない
  • 仮交際中は他の人とお見合いするのはあり(並行交際OK)
  • 結婚を前提に付き合いたいと考えたら3か月以内に真剣交際に移行する
  • 真剣交際=恋人関係であるが相談所の性質上ルールがある
  • 結婚する意思が固まれば成婚退会となり成婚料を支払う
  • 相談所在籍中に体の関係を持つなど違反行為が発覚すると、強制的に成婚となる
  • 主体的に行動しないと成婚までに至らない
  • 過度な期待や勘違い、無駄にハードルを上げることは避ける
  • 不安があれば相談所の人に相談しながら進める(「相談所」ですからね)

 

 

 

 

あわせて読みたい!

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング