オンライン結婚相談所とは?どこまでネット完結?現状4社のおすすめ

時代はオンライン結婚相談所へ!オンライン⇒オフラインで時短婚活

「オンライン結婚相談所」というものが増えています。「オンラインなんだから、それって婚活サイトでは?」と思う人もいるかもしれません。確かに、実際に担当者(仲人、コンシェルジュなどと呼ばれる人と実際に面談し、アドバイスを受けなければ「結婚相談所」とは言えないような気もします。でも「オンライン結婚相談所」は増えています。ニーズがあるのでしょう。

 

ここでは、オンライン結婚相談所についての定義や、ネット婚活との違い、具体的な相談所、オンライン結婚相談所と普通の結婚相談所との違い、メリット、デメリットなどについてまとめてみたいと思います。

 

■「オンライン結婚相談所」とは?

ネットの発達とともに、リアルタイムで動画(TV電話)やSkypeなどを通して、担当者と会話をすることが可能になりました。つまり在宅でも、仲人型結婚相談所と同じサービスを受けることが可能になりました。

 

結婚相談所ですので、あらゆる婚活の中でも最も本人であることの証明が必要になります。

 

つまり、本人確認書類(運転免許証等)の提出に加えて

 

@年収証明を提出する(源泉徴収票、確定申告書等。特に男性の場合は必須)
A独身証明を提出する
B住民票等を提出する
C最終学歴証明を提出する
D職場についてもしっかりと報告する
E個別の紹介がある

 

のが条件で、ただし、実際に結婚相談所の事務所に行くことはないというものです。

 

ネットベースで進めるものには楽天オーネットやツヴァイなど大手結婚情報サービスもありますが、1回は事務所に行きますし、仲人による個別紹介がないので、ここでいうオンライン結婚相談所には挙げません。

 

オンライン結婚相談所」の目安として

 

「コネクトシップ」という中小の結婚相談所が相互に会員を紹介するプラットホームに加盟していることがあります。

 

コネクトシップとは

 

パートナーエージェント、日本結婚相談協会などはオンライン結婚相談所ではなく、普通の仲人型結婚相談所ですが、それらと共通のルールでお見合いができる、ということはコネクトシップに加盟しているところならば結婚相談所的な婚活が可能である、ということです。

 

Pairsやマッチドットコムなどが加盟していないのは、それらはあくまで婚活サイト、婚活アプリのカテゴリになるからです。

 

 

■ネット婚活との違い

 

ネット婚活との違いは明白です。

 

□ネット婚活の特徴

「お見合い」がない

 

ネット婚活では運営の人が当事者に連絡を取り合って「お見合い」をセッティングすることはありません。マッチングすると専用のシステムによるやり取りや、メールアドレスの公開などによって、当事者間で勝手にやりとりして実際に会うところまでもっていかなければなりません。

 

メッセージのやり取りが苦手な人には会えないこともあります。

 

本当にプロフィールが正しいのかわからない

 

ネット婚活(婚活サイト、婚活アプリ)でも入会の際には本人確認書類が必須ですが、それ以外のものがいらないところが多いです。

 

任意で、独身証明や年収証明、学歴証明などを提出できますが必須ではありません。つまり、「その人である」ことは確認できても、年収や学歴を偽っている可能性があります。証明書を出していないものについては「自己申告」ですから、残念ながら全ての人が正しいとは言えないでしょう。

 

「交際」がはっきりしない

 

実際に会うことになっても、何をもって「交際」と定義するのか不明確です。簡単に言うと、ネット婚活ならば「出会い系」的な使い方ができますし(つまり遊び目的等)、何股をしてもOKということになります(だって仲人がいないのだから把握できない)。

 

また「交際終了」も各自で勝手に・・ということになります。フェードアウト(FO)、カットアウト(CO)ということが当たり前に行われる世界であり、徐々に人間不信に陥っていきます。

 

COとは要は「いきなりLINEブロック」みたいなやつです。みなさんの中にもそれを食らった人がいるのでは?すごくむかつきますよね。

 

相手は自分で検索する

 

ネット婚活の場合、異性を自分で条件検索して申し込みます。スペックが高いならば申し込みが殺到しますが、逆の場合は誰からも申し込みが来ず、ひたすら自分から申し込むだけになります。この徒労感、嫌になりますよね。

 

□オンライン結婚相談所の特徴

「お見合い」をする

 

初回の面接はお見合い形式です。つまりオンライン結婚相談所の人が双方のスケジュールを調整して、初回に会う場所を設定してくれます。場所だけではなく、ホテルのラウンジなどを予約してくれることもあり、非常に楽です。

 

当然ですが、ネット婚活にありがちな「ドタキャン」「無断欠席」もこれならば防ぐことができます(だってそれをやったらペナルティがありますし、仲人の心証が最悪になります)。

 

プロフィールは正しい

 

結婚相談所ですから、あらゆる証明書の提出が必須です。本人であること、本人のスペックについて客観的な証明書の提出は、仲人型結婚相談所とほぼ同じ。つまり、全く疑う余地がないくらい、プロフィールの内容が確約されているといえるでしょう。

 

当然、その中で遊び目的、ヤリ目的での活動などできるわけがありません(身バレしてしまいます)。

 

交際の定義がはっきりしている

 

結婚相談所ですから、仮交際、本交際(真剣交際)がはっきりしています。あくまで面接段階の仮交際と、恋人として付き合う真剣交際では全く異なり、真剣交際の並行はできません。

 

真剣に結婚を前提にしたお付き合いができるのですから、オンライン結婚相談所はガチに結婚したい人に是非入会していただきたいのです。

 

仲人からの紹介もあり

 

これは結婚相談所によりますが、自分で検索して申し込むケースもありますし、中の人(仲人、コンシェルジュ)から相手を紹介されるケースもあります。相手を紹介されるということは、縁談を持ち込まれる(家同士のお見合い)と同じ状況です。

 

自分を信頼してくれないとそういうことはないですし、とっておきの相手を紹介してくれることもありますから、結婚への道は大きく拓けます。

 

というわけで、ネット婚活とオンライン結婚相談所は全く似て非なるものだということがお分かりいただけたかと思います。

 

■具体的なオンライン結婚相談所を紹介

 

それでは具体的な「オンライン結婚相談所」はどこなのでしょうか?紹介していきたいと思います。

 

□エン婚活

転職サイトでおなじみの「enジャパン」が運営するオンライン結婚相談所で、その道のパイオニアになります。

 

★コネクトシップ加盟

 

エン婚活のすべて|縁を結ぶ結婚相談サイト||エン婚活

 

  • 毎月6名以上の紹介
  • 成婚料、お見合い料なし
  • 仲人型結婚相談所と同様の証明書提出
  • 入会金9,800円、月会費11,800円

 

で確かな人と出会えることができます。

 

自分で検索することはできませんが、スペックが高ければかなりいい人を紹介してくれるはずです。

 

※当サイトのエン婚活の記事はコチラ!

 

エン婚活の新しいオンライン結婚相談所はこんな人にオススメ

 

エン婚活※活用ガイド!オンライン結婚相談所という選択!

 

□エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT

2017年9月4日から始まった新しいオンライン結婚相談所です。エキサイト婚活(婚活サイト)とパートナーエージェントが協力して「エキサイト婚活」に登録している利用会員及びエキサイトユーザー向けに、パートナーエージェントの「オンラインの婚活コンシェルジュ」を提供します。

 

★コネクトシップ加盟

 

 

エキサイト結婚相談所

 

 

エキサイト婚活(ネット婚活)を続けながら、オプションとしてパートナーエージェントのコンシェルジュが相手を紹介します。コネクトシップ加盟なので、パートナーエージェントや他社の会員紹介があります。

 

オプションで紹介された人については、そのルール、つまり仲人型結婚相談所の決まりに沿って進みますので安心してください。

 

  • 毎月6名以上の紹介
  • 成婚料、お見合い料なし
  • 仲人型結婚相談所と同様の証明書提出
  • 登録料:9,200円(+消費税)月会費: 9,800円(+消費税)

 

同様にパートナーエージェント主導で、歯科技工士など向けの結婚相談所プランも開始しています。

 

※参考記事はコチラ

 

歯科医、歯科技工士向け婚活※Ciしあわせエージェントの口コミ

 

□ichie(いちえ)

あまり聞きなれませんが、ichieとは、福利厚生サービス「ベネフィットステーション」の会員限定のオンライン結婚相談所です。

 

職場の福利厚生サービスで、会員証を提示するとリゾートホテルや有名観光地、アトラクションパークなどに安く行けるものがありますよね。あの1つだと思ってください。

 

★コネクトシップ加盟

 

あなたの婚活を一歩先へ ベネフィットステーション会員限定の婚活サービス|ichie

 

これを利用するには職場で「ベネフィットステーション」に加入している必要がありますので確認してみてください。

 

  • 毎月6名の紹介
  • 成婚料、お見合い料なし
  • 仲人型結婚相談所と同様の証明書提出
  • 登録料:9,200円(+消費税)月会費: 9,800円(+消費税)

 

活動を続けることで「ベネポ」というベネフィットステーション共通ポイントも貯まるようですね。

 

□Yahoo!婚活コンシェル プラン

婚活サイトの老舗「yahoo婚活」でも、最近オンライン結婚相談所プランができました。こちらも通常の婚活サイトと並行してできて、オプションとしてオンライン結婚相談所プランが使えると思ってください。

 

★コネクトシップ加盟

 

Yahoo!婚活コンシェル:婚活 結婚相談所のポータルサイト

 

こちらも

 

  • 毎月6名の紹介
  • 成婚料、お見合い料なし
  • 仲人型結婚相談所と同様の証明書提出
  • 登録料:9,200円(+消費税)月会費: 9,800円(+消費税)

 

で婚活が可能です。

 

何だかどのオンライン結婚相談所も価格が似ていますよね。値段をあえてそろえているということもありますが、どうやらパートナーエージェント(結婚相談所)が音頭をとって共通のシステムを使っているようです。

 

  • 会員の相互紹介→コネクトシップ
  • 活動のためのシステム→パートナーエージェント

 

という感じでしょうか。コネクトシップには他の大手仲人型結婚相談所も加盟していますから。中小の結婚相談所やネット婚活のオンライン結婚相談所部門をパートナーエージェントが音頭をとって取りまとめている感じです。

 

■仲人型結婚相談所との違い

IBJなどの大手仲人型結婚相談所との違いは以下になります。

 

入会金、成婚料などがない

 

婚活にお金がかかるイメージの最たるものは入会金と成婚料です。入会金10万円、成婚料20万円なんてところはざらにあります。しかし、オンライン結婚相談所ならばそうした費用が掛からずに廉価で婚活ができます。

 

結婚相談所の場所を取らないというのも影響しているでしょうね。

 

仲人との面談がない

 

結婚相談所の人と会って話すことはありません。電話やメールでのやり取りはありますが、1対1で会って話してアドバイスや相談をするということがないです。それをどうとらえるのかは皆さん次第です。

 

交際ルールが厳しくない

 

今のところ、オンライン結婚相談所では仲人型結婚相談所独特のレギュレーション

 

  • 初回のお茶代は全額男性負担
  • 申し込んだ側が申し込まれた側に行く
  • 宿泊旅行や婚前交渉は成婚退会

 

などはなく緩いです。かといって結婚相談所ですから、遊びや複数との真剣交際がNGなのは言うまでもありません。

 

自分で申し込みができない

 

パートナーエージェントのシステムを準用しているところであれば、オプションで「MYPR」という検索、申し込みプランも利用できますが、基本的に毎月の紹介を待つ「受け身の姿勢」になります。

 

検索して30人前後毎月申し込みでき、他に紹介もある仲人型結婚相談所とは違います。攻めの婚活をしたいのならばオンライン結婚相談所は向かないかもしれません。

 

 

■オンライン結婚相談所のメリット、デメリット

 

最近オンライン結婚相談所が増えているのはメリットがあるからです。しかし、デメリットももちろんあります。

 

□メリット

安い

 

何といっても安いということです。入会金がかからず成婚料もお見合い費もない。これならば「婚活にはお金がかかるから躊躇してしまう」人たちも問題なく入会して婚活できます。

 

月会費も多くの既存の結婚相談所よりも安めに設定されています。

 

時間や場所にとらわれない

 

ネット婚活の要領でやり取りが進んでいきますから、結婚相談所に面談に行く手間もありませんし、いつでもPCかスマホさえあればマイページに入って紹介相手を見ることができます。

 

□デメリット

アドバイスが受けられない、面談する重要性

 

結婚相談所に行き中の仲人と会う手間がないのはメリットですが、やはり1対1で面談するというのは参考になることも多いです。

 

会って話をすればその人の人となりが分かりますし、ひょっとすると仲人があなたに情がわいて特別サービスやとっておきの人を紹介してくれるかもしれません。

 

私も仲人と会って話をしてアドバイスを受けた結果、見事に結婚することができました。成婚、結婚後の手紙やメールのやり取りは今でも続いています。それがなくて、メールのやり取りだけで結婚へ真摯に向き合えるのかどうか、という人もいるかもしれません。

 

 

※筆者、監修松田が結婚した仲人型結婚相談所はコチラ

 

東京の結婚相談所をお探しならBridalチューリップ

 

中の人が本気にならない

 

仲人型結婚相談所で成果報酬型のところ、つまり入会金や月会費が安くて、成婚料が高くお見合い費があるところは、マッチングして成婚退会しないと儲からない仕組みです。つまり、中の人、仲人ががんばらないと儲からないんです。だから真剣になって、親身になって相手を探してくれますし、その人に合ったアドバイスもします。

 

しかし、成婚料もお見合い費もないオンライン結婚相談所は「放置プレイ」が一番儲かります。会員のままだらだらと婚活を長引かせてくれた方がいいわけで、本気のガチアドバイスがひょっとすると仲人型結婚相談所よりも薄いかもしれません。

 

オンライン結婚相談所にはいい面とそうでない面があることは知っておきましょう。でも、証明書類は仲人型結婚相談所と同じですから、本当に会員の人のプロフィール、ステータスは信頼できます!

 

■結局どこまでネットで完結するのか?

オンラインではありますが、ネット上で進行するのはその人と会うまでです。会ってからは当事者同士が頻繁に連絡を取り合ってデートして行かないと結婚までたどり着けないでしょう。

 

会うまではオンラインで楽をできるかもしれませんが、会って交際を進めていくうえでは時間もお金もかかりますし、何より相手への感情をしっかりと持つことが大切です。

 

オンライン結婚相談所はありますが、オンライン夫婦生活はありません。そこはバーチャルではなくリアルな世界になります。スマホで何でも完結する異世界冒険記ではないので注意してください。

 

またネット婚活ではなく「結婚相談所」です。他の会員さんの本気度は婚活サイトなどと比べて非常に高い、ということは意識しておきましょう。

 

■おススメオンライン結婚相談所はどこ?

じゃあ、どのオンライン結婚相談所がおススメなのか、ということですが、エン婚活がやや有利であとはあまり変わりない、というのが正直なところです。

 

コネクトシップを利用しているのは共通していますが

 

  • エン婚活:独自システム
  • エキサイト、ichie、Yahoo :パートナーエージェントのプラットホーム

 

です。「エン」は転職で実際がある会社ですよね。人と人をマッチングさせる、繋いでいくノウハウというのは一日の長があるかもしれません。

 

あとは会費をどう考えるかだと思います。

 

「エン婚活」≧「エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT」「ichie」「Yahoo!婚活コンシェル プラン」と思ってください。まぁ、あまり差はないです。

 

■オンライン結婚相談所って何?どこまでネット完結?仕組みの違い まとめ

  • オンライン結婚相談所は実際に事務所に行って仲人と話す手間がない
  • 費用は安く、成婚料やお見合い費が発生しない
  • 独身証明書や納税証明などは結婚相談所と同じレベルで必ず要求される
  • したがってネット婚活よりも確かなステータスが担保され、遊び目的やサクラは排除される
  • 現在「エン婚活」「エキサイト結婚相談所 powered by PARTNER AGENT」「ichie」「Yahoo!婚活コンシェル プラン」がオンライン結婚相談所としてある
  • メリット、デメリットをよく理解して始める
  • 実際に事務所で仲人と会う意味はやはり大きい
  • 自分でできるならばオンライン結婚相談所でいいが、うまくいかなそうと自覚しているなら少々高くても仲人型結婚相談所にすべき
  • 今のところオンライン結婚相談所4社に大きな差はない。お好みで選べばOK!

 

 

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング