婚活・結婚おうえんネットで一括資料請求するメリットとデメリット!

婚活・結婚おうえんネットで一括資料請求完全ガイド

 

婚活を始めたいけれども結婚相談所は不安だ。勧誘されて無理やり契約されると聞いたことがあるため、怖くて資料請求できない、などと言う話をよく耳にします。確かにある結婚相談所に資料請求すると勧誘がしつこくなる可能性があります。

 

そこでおススメしたいのが、結婚相談所の資料一括請求ができる「婚活・結婚おうえんネット」というものです。何が優れているのか、あるいは注意しないといけないのか、そのメリット、デメリットを解説していきます。

 

「婚活・結婚おうえんネット」とは?

「婚活・結婚おうえんネット」とは全国各地にある結婚相談所、結婚情報サービスの入会資料を無料で一度に一括して取り寄せることができる「一括資料請求」サイトです。

 

つまり、住所や氏名などを入力する手間が1回だけで、様々な結婚相談所の資料を一度に請求することができ手間いらずで簡単です。

 

「婚活・結婚おうえんネット」では、「○○(都道府県版)」を選択できます。その結果、ご自身が住んでいる地域に合った資料を請求することができます。結婚相談所は大手ばかりではなく、その地域密着で確実に成果を上げているローカルなところも存在しています。

 

「婚活・結婚おうえんネット」はこちらが調べなくてもお住まいの地域に合った結婚相談所が自動的に表示されます。

 

登録結婚相談所

「婚活結婚おうえんネット」に登録がある結婚相談所は以下の通りです。

 

掲載中の結婚相談所

 

ツヴァイ
楽天オーネット
★楽天オーネット スーペリア
★パートナーエージェント
★サンマリエ
ノッツェ
ウェブコン(WeBCon)
★マリックス
★茜会
★フィオーレ
★リーブ
★ヴィーノ
★ステラ結婚情報センター
★森羅倶楽部(シンラクラブ)
★プリヴェール
★婚活生活

★SC-ブライダル
★ウェディングベル
★WISH(ウィッシュ)
★アモーシェ
★ソエルテ

 

※印の意味※
★:ローカルな結婚相談所・地域で変わる 
無印:全国展開の結婚相談所)

 

全国展開している3大結婚情報サービス「楽天オーネット」「ツヴァイ」「ノッツェ」と「ウェブコン(WeBCon)」が全国どこからでも資料請求でき、加えて各地域で活動している結婚相談所の資料請求ができます。

 

資料請求方法

このサイトのいいところは、皆さんに合った結婚相談所の資料のみが送られるということです。

 

申し込みは電話かWEB上から行います。

その際に

  • 住所
  • 年齢(生年月日)
  • 学歴

を伝えます。

これが重要で、結婚相談所によっては会員の年齢や学歴に制限を設けているところがあります(いわゆるハイスペック結婚相談所だとそうした傾向があります)。

 

例えば某社は女性は44歳までしか入会できません。46歳の女性が結婚したくてその会社に資料請求しても、入会できないので無駄になるだけではなく「門前払い」されるようでショックですよね。

 

しかし、「婚活結婚おうえんネット」はそうした不安はなく、実際に今の住所でご自身が活動できる結婚相談所の資料のみが送られてきますから安心です。

 

繰り返しますが全て無料なので安心してください。

 

結婚相談所の勧誘がしつこい?

よく言われるのが、それぞれの結婚相談所からの勧誘電話がしつこいから資料請求したくないというものです。実は、結婚相談所の営業の人は歩合給で、要は入会させた人数に応じて給料が変わるので必死なんですね。

 

しかし、結婚相談所に入るも入らないも皆さんの自由ですので、検討中なら「検討中です」と、入会しないのならば「入会しません」とはっきり伝えることが大切です。あいまいな態度だといつまでも電話がかかってきます。

 

なお、最近は社会の変化もありあまりしつこい勧誘はなくなりましたので安心してください。まぁ、「○○社(別の結婚相談所)に入会しました」と言えば(実際に入会していなくても)、それ以上かかってくることはないでしょう。

 

一括資料請求のメリット〜各結婚相談所を比較することの重要性

「結婚相談所なんてどこも同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、違います。よく考えて選ばないと後悔してしまいます。

 

会員構成が違う

 

結婚相談所によっては年齢制限を設けているところがあります。年齢制限と言っても「〜歳まで」だけではなく「〜歳から」というものもあります。20歳を過ぎれば誰でも自分の意思で結婚できるわけですが、結婚相談所によっては「〜歳以上じゃないとうちの客層ではない」と考えているところもあります。

 

それによって会員の年齢層が変わってきます。40代中心の結婚相談所に20代の人が入会しても(女性の場合は男性から申し込みがあるかもですが)、あまり希望に合った年齢の人はいなくて、結局出会えないでしょう。

 

それらは各結婚相談所の資料を比較して初めてわかることですよね。

 

入会条件が違う

 

よく言われるのは、結婚相談所の場合

男性 定職にあり安定した一定額の収入がある人
女性 「家事手伝い」や学生で収入がなくても可

というものです。

 

これは男女差別なのではなく、家事手伝いの女性であっても男性が希望するからなんですね。需要があればそれに応えるのが結婚相談所です。

 

しかし、結婚相談所によっては「家事手伝い」「学生」と言った自分で稼いでいない女性をはじくところもあります。自分たちの結婚相談所のお客としてそういう人はいらないと考えるのも結婚相談所の自由ですよね。

 

一方男性の場合、「無職でもOK」という結婚相談所はまずありません。逆に年収要件が厳しい「ハイクラス」のところがあります。一般的に年齢×10万円が結婚相談所で活動できる(勝負になる)目安だと言われていますが、結婚相談所の中には年齢関係なく「500万円未満は審査で落とす」というところがあるかもしれません。

 

不公平だと思うかもしれませんが、その審査を突破できればより結婚しやすいサポートが待っています。ご自身がその結婚相談所に入会できるのか、入会できてもその「底辺」では出会えないでしょう。

 

「鶏口」になり「牛後」にならないことが大切です。

 

発生する料金が違う

 

結婚相談所によって入会金や月会費が異なります。入会金は一般的にかなり高く10万円を超えるところもざらです。合わせて月会費も1万円以下のところはあまりありません。

 

ただ、費用が高ければ出会いにつながるかというと必ずしもそうではないため、やはり吟味することが大切です。

 

その他。マッチングが成立した場合「お見合い料」(数千円)が発生するところと一切ないところがあります。月に数回お見合いすればそれだけで数万円。安くないですよね。

 

さらに「成婚料」という概念があります。成婚料とは文字通り結婚した場合のお礼の金、と捉えがちですが、実際は違います。同じ人と交際して数か月経過すると、「実質結婚」と解釈され強制退会と共に支払う類のものです。

 

さらに、体の関係を持ってしまう、宿泊を伴う旅行に行ったことが発覚すると問答無用で「成婚」になります。そんな保守的な、そんなこと普通にするだろ、と思う方は成婚料がない結婚相談所を選べばOKです。

 

料金の例
  結婚相談所A 結婚相談所B
入会費 10万円 15万円
月会費 3万円 1万5千円
お見合い料 5000円 無し
成婚料 3万円 無し

 

データマッチング型か仲人型か?

 

大手結婚相談所(オーネット、ツヴァイ)などは「データマッチング型」と呼ばれるもので、あらかじめ指定した条件(職業、年齢、年収、学歴・・・)に適合した異性が紹介され、その中から申し込みます。申し込んでマッチングした後は本人間でやり取りをして初回のデートの段取りをつけます。

 

一方「仲人型」は文字通り仲人のような人が、その人に合いそうな人を個別に紹介します。データだけでは分からない性格や個人の事情なども人の頭で考えてくれます。また、初回のデート(お見合い)場所をセッティングしてくれるところが多く、あまりお付き合いの経験がない人にとっては助かります。その代わり、厳しいことを言われることもあります。

データマッチング型 仲人型
あらかじめ指定した条件(職業、年齢、年収、学歴・・・)に適合した異性が紹介される 仲人がその人に合いそうな人を個別に紹介する

両者一長一短があります。これは資料を比較しないと分からないですよね。

 

このように同じ「結婚相談所」と言っても違いが大きすぎてうかつに判断できないことが分かります。

 

だからこそ「一括資料請求」をしてしっかりと時間をかけて比較することが大切なのです。

 

資料請求以外のメニューも充実しています

「婚活・結婚おうえんネット」は単に結婚相談所の紹介と資料請求をするためのフォームがあるだけではありません。婚活について重要な情報を入手することができます。

 

具体的には、

 

「婚活とは、婚活の方法」というそもそも婚活についてよくわからない人向けのレクチャーや掲載している結婚相談所が運営する「婚活パーティー」についての記事もあります。婚活パーティーは結婚相談所に入会しなくても参加できるものもありますので、まずは婚活パーティーからというのもありです。

 

そして、何より特徴的なのが「中高年の婚活」についての記事が充実しています。結婚せずに中高年になってしまう人も多い世の中ですし、3組に1組は離婚をする時代です。中高年の結婚、再婚のニーズは高いのですが、よくある結婚相談所だと20代〜40代前半がほとんどというところもあり、中高年は婚活できません。

 

しかし「婚活・結婚おうえんネット」では、中高年歓迎、中高年中心という結婚相談所も掲載しており、資料請求すればご自身の年齢でも活動できる結婚相談所の資料が届きます。中高年での婚活について、様々な角度から分析、アドバイスする記事が掲載されているのが特徴です。

 

このように「婚活・結婚おうえんネット」は単なる資料請求サイトではないことをご理解いただけたと思います。

 

ではデメリットはあるの?

これまでメリットばかり書いてきました。それでは全くデメリットはないのでしょうか?

 

勧誘はやはりある

複数の結婚相談所へ個人情報が伝わるのは確かですから、結婚したい人=お客だと判断されます。婚活業界も競争が激しくて何とかお客を囲い込みたいのは事実で、勧誘の電話やメールがしつこい可能性は否定できません。

 

その場合は「他の相談所の入る」「結婚相談所以外で縁があった」などと言ってきっぱり断りましょう。

 

資料請求できない結婚相談所もある

「婚活・結婚おうえんネット」では全ての結婚相談所の資料請求ができるわけではありません。いわゆる「街の小さな結婚相談所」「地域密着型結婚相談所」など、中の人(仲人、カウンセラー)の個人的な人脈でやっているようなところは対象外です。

 

全ての人がここで請求できる結婚相談所のほうがいいわけではなく、人によっては色々細かいお世話をしてくれる「街の小さな〜」「地域密着〜」のほうが結婚できるかもしれません。ですので、ここで資料請求できる結婚相談所が全てだと思うと婚活は失敗するかもしれないです。

 

デメリットはこのようなものですが、総じてメリットの方が大きいと考えます。ご自身の属性に合った結婚相談所の資料が、自動的に一度に請求できるのはやはりメリットですよ。

 

婚活・結婚おうえんネットまとめ

 

  • 登録がある全国各地の結婚相談所の資料を一括請求できる
  • 住所によって「都道府県版」があり掲載されていて請求できる結婚相談所が異なる
  • 年齢、学歴などによって対象外の結婚相談所は初めから送られることはない
  • 資料請求→発送は全て無料
  • 各結婚相談所を比較することでご自身の考えや経済負担を考えた婚活が可能になる
  • 婚活についてもコラムも掲載されているため、役に立つ
  • 特に中高年向けの結婚相談所、コラム等が充実している
  • 入会しないのならば勧誘は断わればOK
  • このサイトで取り扱っていない結婚相談所もある

 

 

 

⇒結婚相談所ランキングはこちら

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング