C婚活ライターが思うこと〜平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」を読んで

婚活ライターが思うこと〜平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」を読んで

婚活

政府(内閣府)では「結婚・家族形成に関する意識調査」というものを実施し公開しています。厚生労働省の人口動態調査と内容が似ている部分もありますが、こちらの方はより結婚や少子化問題に特化した内容になっています。

 

一般的な評論については公開されていますが、それだけ読んでも面白くありませんので、婚活ライターとしての視点も入れてみたいと思います。

 

調査の概要・結果

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/index.html

 

全体像についてはこちらのPDFを読んでください。

 

総論として

  • 独身者の内恋人がいない人の割合は約半々
  • その中で恋人がほしい人は6割
  • 色々な方法で出会いを求めている
  • 「結婚したくない」は少数派だが何が何でも結婚したいという人はそれほど多くはない

ということです。

 

これだけ読んで「最近の若者は草食化している」「結婚よりも趣味が良いのか」「出会う機会を積極的に探していない」「高望みし過ぎ」などと判断するのは(現にそう述べているメディアもありますが)、全く適切ではありません。

 

現状の婚活状況を無視した暴論であり、「最近の若いもんは」的な老害の戯言です。これを受けて政府や地方自治体も、婚活支援が大切だということでパーティなどを開催するところが増えていますが、これではまず無理でしょう。

 

全く現実が分かっていないのでその辺りを解説していきます。

 

最近の若者が恋愛に消極的なのではない

婚活

結婚よりも自分の趣味を優先させたいという理由で「恋人がいらない」と思っている男女は、統計によるとそのうち4割、これを高いとみるのか低いとみるのか、私はそんなに高いとは思いません。

 

今は恋愛以外の選択肢があり、不相応だと思っている人はそちらを選択する余地があります。それで経済生活を営み、文化的な生活を得ているのです。

逆に聞きたいのですが、何よりも優先して恋愛をしろというわけですかね。それこそ「恋愛至上主義」です。

残念ながら人間の中には恋愛に向いていない(能力がない)人も一定割合でいます。恋人が欲しくてもそのスキルがなく、色々な努力をしても報われるとは限りません。昔も今もそういう人はいましたが、昔はお見合いによって結婚できていました。

 

今のお見合い結婚は全体の5%です。お見合いでしか結婚できない人がその機会がないのですから、他に逃避するしかないでしょう。パーティをいくら開催してもダメな人はダメなんです。そこが分かっていない。

 

年収、安定した職ではないことが男性にとってマイナスステータス

婚活

さらに結果を考察していきます。特に男性の場合が顕著なのですが、年収が低い=安定した職ではない人ほど恋愛に対して消極的です。

 

「恋人がほしくない」人も現に恋人がいる人も、既に結婚している人も、年収が高い人ほど割合が高くなっています。

 

婚活

このことは年収が高い=恋愛コミュニケーション力が高いことを意味しません。

 

下手で朴訥な医師や弁護士ならば結婚できているはずです。なぜこうなってしまうのか。

 

これには2つの考え方があります。

  • 女性は年収が低い男性、非正規職の男性を結婚相手としては見ない
  • 年収が低いことで「恋愛は無理だ」というあきらめの感情が生まれてしまっている

男女平等になり、共同参画意識が高くなった今でも、女性が男性に求めるのは年収と安定した職です。

 

最も共働き率が高い福井県の女性もその傾向は同じであり、稼げていない男性とは結婚したくないのです。

 

もちろん、経済的なステータス以上に、社交性やコミュニケーション力があれば挽回できますが、どちらもない男性にとっては絶望的な状況です。

 

就職採用で考えると、年収や就業している職種で「書類選考」にかけられて、その後対人スキルやコミュニケーション力で面接される感じです。昔は前者があればお見合いでくっつきましたが、今はお見合いがないので後者も求められます。

婚活

内向的な人、対人スキルが積極的ではない人にとっては絶望的な状況になりつつあります。

そうした意識を変えて「そこそこの収入でも共働きで頑張ればいいじゃない」という意識がまだ浸透していないんですね。

経験がない人が年齢を経て恋愛にチャレンジするのは難しい

もう1つ言えるのが恋愛経験がない人ほど、自分に対する評価が低く、恋愛や結婚に対して積極的になれないということです。

 

モテない人間の劣等感はすさまじく、もう恋愛市場から逃避しるしかない状況です。

 

恋愛でしか結婚できない(お見合い結婚の減少)

婚活

恋愛経験がない、スキルがない

婚活

何をして良いのかわからない

婚活

年をどんどん取ってしまう

婚活

相手が求める能力がより高くなる(20歳のデートと30歳のデートではそれは異性が求めるものも高くなります)

婚活

ますます自信がなくなり、恋愛をしたくなくなる

婚活

他のものへ「逃避」せざるを得ない

このループがより大きなものになっています。

 

「恋人いない歴=年齢」の人が社会人になると、本来の仕事以外の面で人格的に否定されるということはよくあります。

 

何も悪いことをしていないのに、「モテない」=「悪」のようにからかう上司や同僚がいかに多いことか。それか彼らもまた恋愛市場主義の中で他を見下さないと生きていけないからなのです。

 

それによってますます自己肯定感が低くなり、卑屈になり、自分の殻に籠らざるを得なくなってしまうという悪循環です。

 

婚活

これに先ほどの年収要件も加えると、「モテない低収入の男性」は商品価値がないものと判断されてしまうのが今の恋愛結婚市場ということになります。

 

結婚相談所や婚活サイトの認知度が低い

婚活

出会いの機会がなく、パーティなどでもコミュニケーション力がないのであれば1対1で会う機会、つまり結婚相談所や婚活サイトを利用すればよいではないか、と思われますが意外なことですが、出会いのためにこうした媒体を利用することについて、積極的ではありません。

 

出会いの方法として「友人、知人の紹介」を期待している人が非常に多く、一方で結婚相談所などの民間結婚サービスや婚活サイトの利用を考えている人は驚くほど少なくなっています。あれだけテレビでCMを打っていて、ネットを開けば婚活サイトのバナー広告があるにも関わらず、です。

 

これは「よくわからない人」を「出会い系」のような怪しいところで紹介されるのが怖いという意識があるのでしょうか。事実、結婚相談所や婚活サイトの利用者は約60万人で、「婚活」のターゲットになり得る人600万人の10分の1だと言われています。経済市場で考える「婚活」は狭いのです。

 

婚活

私から言わせると非常にもったいないです。

はっきり言います。全くモテない非リア充が友人の紹介を期待しても、そもそも異性を紹介できるようなリア充の友人はいないですよね。モテない者同士が「異性を紹介して」と言っても、自分がどうすることもできない中で人に紹介できるはずもないのです。リア充と非リア充は断絶しています。

 

だから、お見合いがない世の中なのですから、無理やりにでも1対1で会う機会を作るために結婚相談所や婚活サイトを利用することは不可欠なのです。

 

結婚や恋愛は自由意志なので、自治体などが無理やり入会させて・・・というのはいけないので、こうした情報サイトで積極的に良いところを発信していく重要性を認識しています。

 

お金のかからない婚活もあります

婚活

でも年収200万円台の男性に結婚相談所に入会して、月会費1万円以上支払えと言うのは厳しいでしょう。そもそも、結婚相談所は女性ならば無職や「家事手伝い」、学生でも入会できますが、男性は「一定額以上の年収。

 

婚活

正規雇用」が条件で、落とされる人多数です。

ここを改善しないとどうしようもないです。ただ、民間企業の結婚相談所に強いることはできないので、まずはあまりお金のかからない「婚活サイト」をお勧めします。

 

スマホだけで活動できるので、PCを持っていない人でも大丈夫。とにかく数を打たないと周囲が気を利かせてくれる時代ではなくなっています。

 

このようなことをこの意識調査から読み取りました。特にモテない男性には厳しすぎる世の中です。機会があればなぜそうなったのか分かりやすく説明している『底辺の男性と中間の女性が残る法則』を紹介します。

 

平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」を読んでまとめ

 

  • 恋人がいない人の中でも恋愛に積極的な人と消極的な人がいる
  •  

  • 「草食化」は今に始まったことではない
  •  

  • 自己評価が低い人が恋愛や結婚に消極的
  •  

  • 男性の場合「収入」「安定した職」という経済的ステータスがハードルになる
  •  

  • 女性が男性に求めるものは昔とさほど変わっていない
  •  

  • 見合いが減った今、スキルがない人は出会いの機会を作れない
  •  

  • 結婚相談所、婚活サイトなど結婚情報サービスの認知度が低い
  •  

  • これらは安心で重要なものだと周知させていくことが大切

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング