PARTY☆PARTYバツイチ限定(離婚歴有)&理解者限定の体験

パーティーパーティーには再婚パーティーもあります!

 

婚活パーティーの利点は、その時々でテーマを設定し、ある共通の属性を人たちだけを集めて開催することができます。

  • アニメファン
  • 動物好き
  • 年上女性と年下男性

テーマは様々ですが今回は「バツイチ(離婚歴あり)」及び理解者限定のパーティーです。
実際にこれに参加してきましたのでどんな感じだったのか報告いたします。

 

⇒普通のパーティー・パーティーのパーティー体験はコチラ

 

 

バツイチは嫌われる?

 

まず、大前提として婚活をする際は「離婚歴なし」(未婚)、「離婚歴あり」は区別され、書類にも記載されるということです。
一度も結婚したことがない人と、そうではないバツイチ以上の人は、何らかの形で分かるようになっています。

 

言うまでもなく、一度も結婚したことがない人がいいという人が多く、結婚相談所や婚活サイトでは離婚歴ありを対象から外す人も多いですし、婚活パーティーでは「離婚歴あり」の段階で人が良くても、対象から外す人もいます。
まして、子供がいるとなれば相当人を選ぶことになるでしょう。

 

離婚歴あり=何らかの問題があると考える人は少なくありません。

 

バツイチも悪くないのでは?


でも考え方を変えると、バツイチということは1度は結婚できた人と言うわけです。
性格に難があり未婚のまま売れ残っているわけでもなく、異性とうまく接することができない非モテ属性でもありません。
現在結婚した夫婦の3組に1組は離婚しています。
そう考えると、むしろ「まともな人」なのではないでしょうか?

 

何度も離婚していれば、その人に原因があるのかもしれませんが、バツイチくらいならばむしろ「需要があった人」ですから、リードが下手な男性にとってはありがたいかもしれません。

 

というわけで、物は試しで「バツイチ&理解者限定パーティー」に行ってみることにしました。
どんな人たちが来るのでしょうか?

 

PARTY☆PARTYに参加しました

 

行ってきたのは婚活パーティー大手のPARTY☆PARTYです。
IBJ(日本結婚相談所連盟)系列の婚活パーティーでそのノウハウや運営には定評があります。

 

ネットで検索して「バツイチ&理解者限定パーティー」に申し込みます。
ちょうど、新宿南口の会場の回がありましたのでネットで申し込みます。

 

PARTY☆PARTYでは一度登録しておくと、その情報がそのままパーティー時の資料に反映されるので、当日書く手間がなくて楽です。

 

申し込み画面は以下のような感じで、当日来るであろう異性も多少紹介されています。

 

 

実際にこの人たちは来ていたのでサクラではないんですね。

 

当日は新宿3丁目駅から向かいます。
駅を出て大通りを曲がったビルに会場があります。

 

 

このビルの6階が今回のPARTY☆PARTYの会場になります。
会場は大きく分けて2部屋あり、そのうち小さいほうの部屋でバツイチ&理解者パーティーは行われました。

 

 

よくある「個室ブース型」ではなく、写真のように大きなテーブルがあり、そこに男女が隣り合って座って話します。

 

 

この会場、スタッフの方が1名で運営されていました。
通常、数名で回しているのでかなり大変そうです。

 

今回は、紙ベースではなくPARTY☆PARTYオリジナルのiPadを使って行います。
このiPadには、申し込み時に登録したデータが反映されています。

 

つまり、時間をかけてプロフィールを入力した場合、本当に相手の興味を引くいいものをそのまま見せることができます。
当日会場で書く方式だと、時間の関係もあり、どうしてもいい加減になってしまいますが、iPadならばそれを防ぐことができます。

 

iPadには自分と参加している異性のプロフィールを見ることができます(他の同性のものは見られません)。

 

iPadにはチェック欄があり、メモの代わりに「おしゃれ」「話し上手」「聞き上手」など項目を押してどういう人かが分かるようになっています。
通常のパーティーでは実際にはメモをする時間はほとんどありませんから、この方式は合理的です。

 

パーティーの流れ

話をする

PARTY☆PARTYのパーティーの多くに共通しますが、iPadを使いながら全ての人とお話をします。

 

いいなを送る

その後、iPad上から「いいな」を送ります。
「いいな」とは自分が持っている好印象を伝える手段です。

 

カップリング申し込み

これを元に、最終的なカップリング申し込みを行います。

 

通常だと最終的にカップリングした人同士しか連絡先の交換ができませんが、今回は「連作先交換自由」のパーティーで話しているときに、机上のカードに連絡先(アドレス、LINE-IDなど)を書いて渡すことができます。
チャンスが通常のものより多いと考えてください。

 

当日のパーティーの流れ

 

当日は男性5名、女性5名ということで、つり合いがとれていました。
どちらかが少なくて、誰とも話さない時間がなく、よかったです。
1人当たりの時間は7分〜8分と少し長めでした。

 

あと、結論から言いますと、私以外の男女は皆さんバツイチでした。
つまり「理解者」として参加したのは私だけだったことになります。
もう少しいるかと思ったのですが意外でした。

 

全ての女性から「あなたは独身で私はバツイチだけどいいんですか?」と聞かれました。
やはり婚活の場ではバツイチというだけでかなり不利になっているようですね。
それでは各女性との話をレポートしていきます。

 

1人目 Wさん(39歳)

看護師をしています。見た目は非常におしゃれで若々しくエネルギッシュです。スポーツをしていて特に海に潜っているようです。サバサバしていて話しやすかったですね。お子さんはいなくて、年齢的にも厳しいことは(看護師なので)分かっていますということでした。

 

評価:

 

2人目 Aさん(39歳)

音楽教室の先生をしています。この方はシングルマザーで小学生のお子さんがいらっしゃいます。とても癒される感じで、母性にあふれていました。「子供がいますけど気にしませんか?」と聞いてくれました。聞き上手で色々話を引き出してくれました。

 

評価:

 

3人目 Dさん(35歳)

会社員でデザイン関係の会社に勤務しています。年収が高くて驚きました。かなりいいところに住んでいますね。仕事は大変ではあるが、過去の失敗をもう1回リベンジしたいと言っていました。趣味は意外なことに華道と茶道で、子供のころからやっていたとのことです。

 

評価:

 

4人目 Cさん(35歳)

中小企業の事務員をしています。とても純朴な感じの人で、話しやすかったです。笑顔が素敵で、私の趣味などに興味を示してくれました。あと、この方だけ机上でアドレスが入ったカードをくれました。これはひょっとするとカップリングに期待できるかもしれません。

 

評価:

 

5人目 Hさん(29歳)

この人がバツイチであったことに驚きました。どう見ても20代の女の子です。人には色々事情があるんですね。やはり「こんなバツイチではなくて独身の子が来るパーティーに行かないんですか?」と聞かれました。この人はデパートで販売員をしています。おしゃれな女性用雑貨を売っているとのことでした。なるほど、納得できました。

 

評価:

 

全員と話してみて感じたこと

女性が全員バツイチでしたが、全然違和感がありませんでした。
むしろどの方も話しやすくて、全員高評価です。

 

やはり結婚できずに独身をこじらせている人と比べて、一度は結婚できた人というのは自分が見えているのかもしれません。

 

その場で露骨に嫌な態度をとることもなく、大人の対応をしてくれました。とてもありがたかったです。

 

そして、どの方もバツイチであることに引け目を感じていました。
バツイチ&理解者パーティーですらこれなので、そうではないパーティーでは婚歴ありを指摘されるのだと思います。
これは非常にもったいないことで、子供の有無を気にしなければ何がハンディになるのか私には理解できません。いい方ばかりでしたよ。

 

「いいな」〜マッチングまで

このように全員高評価なので、どの方に「いいな」をつけようか迷いましたが、迷った挙句、☆5のAさんCさんと☆4のHさんにしました(「いいな」は3名まで)。

 

iPad上から該当者を押すだけなので簡単です。集計も勝手にやってくれます。結果は以下のようになりました。

  私がつけた「いいな」 相手からもらった「いいな」

Wさん

   

Aさん

Dさん

   

Cさん

 

Hさん

 

 

何とAさんと「いいな」が一致しました。
これは最終的にAさんとのカップリングが期待できます。

 

この結果を受けてカップリングの申し込みを第一希望〜第三希望まで出します。

 

私は
第一希望 Aさん
第二希望 Cさん
第三希望 Hさん
にしました。
やはりiPad上ですぐに結果が出ます。

 

「おめでとうございます。見事Aさんとカップリング成立です」
というメッセージが出ました。

 

カップリングした人は会場外で待ち合わせをして連絡先を交換するなり、別のお店に行って話すなりできます。
せっかくなので食事に誘って、Aさんとじっくり話してみました。

 

バツイチならではの問題も

Aさんはシングルマザーなので、その辺りの経緯についても食事をしながら話してくれました。
やはり子持ちと聞くとためらう男性が多いようです。

 

 

あと、なぜ離婚したのかどこかの段階で話さなければならないと言っていました。
当日の段階では詳しいことは聞くことができませんでした。

 

やはりその辺りをどう乗り越えられるのかがバツイチの方の婚活のカギだと思いました。
私は全く気にしませんでしたが、だんだんLINEのやり取りも減ってしまい、フェードアウトとなってしまいました。

 

ただ、バツイチであることだけであれば、全く問題ないと思いますし、通常のパーティーでうまくいかない人にはチャンスだと思いますがいかがでしょうか。

 

バツイチ限定(離婚歴あり)&理解者限定のパーティー体験 まとめ

  • バツイチの人が避けられることは実際にある
  • バツイチの人も自覚をしていて不利だと感じている
  • 「離婚した人」ではなく「結婚できた人」と発想を転換しよう
  • バツイチの人は相手に求める基準はあまり高くない
  • 基本的なコミュニケーションができる人が多い
  • 離婚した経緯はすぐには聞かない

 

あわせて読みたい!

 

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング