ハワイで婚活!テクニックとオススメ婚活サイトと結婚相談所6選

日本人はハワイが大好き!これは歴史的な経緯(日系の移民の先祖がいる)ということもありますが、アメリカ本土よりはるかに近い距離にある「アメリカ」であり、手近に行ける西洋でもあります。

 

「常夏の島」という気候も春夏秋冬がある日本人にとってはあこがれなのかもしれません。

 

そんなハワイの人と結婚したい、結婚してハワイに住みたいとどうするの?実はハワイの人と結婚できるような婚活があります。

 

今回はハワイで結婚するための婚活について6つ紹介したいと思います。

 

ハワイ婚活の原則は日本人女性がハワイに嫁ぐ

今回紹介する婚活の多くが

 

「日本人女性」(日本在住)×「アメリカ人男性」(ハワイ在住)
をカップリングさせるものです。

 

日本人情勢がハワイの現地男性のところに嫁ぐためにどうするのか?という疑問を解決するものが多くなっています。

「ハワイでは男性が多くて嫁不足なのか?」と思う人もいるかもしれませんがそうではありません。本当に嫁不足だったのは、日本からハワイへ移民していった当時(100年以上前)のことで、その時は日本の女性とのお見合いをしていたそうです。もちろん結婚できなかったのは、移民した日本人男性ですから事情が異なります。

 

現在は男女の割合は適正なものになっています。日本の地方のように若い女性が都会に働きに行って、農業や漁業の跡取り息子が結婚できないという状況ではないです。


そうではなく、純粋に日本人女性と結婚したいハワイの男性がいて、それに応えるために結婚相談所などの婚活サービスがあります。

 

逆に日本人男性がハワイの女性と結婚したい場合は、各自で努力するしかなさそうです。

 

要はハワイに婿に行くということですから仕事などをどうするのか、課題は山積しています。ハワイで事業を興して、そこで現地の女性と仲良くなる、くらいしか思いつきません。ハワイの女性を嫁にもらって日本に来てもらうというのは、ここで扱う婚活とは違い、普通の国際結婚をどうするのかという話になりますので、過去に私が書いた記事

 

「外国人と結婚したい!出会いたい!外人との婚活方法と厳選アプリ」
を参考にしてください。

 

ここでは「日本在住の人がハワイの人とハワイで結婚してハワイ暮らす」ための方法を考えていきます。

 

結婚した場合日本人ではなくなるの?

ハワイにはあこがれがあるけど、向こうの人と結婚したらアメリカ人になってしまうの?と思うかもしれませんがそうではないので安心してください。

 

アメリカならば国籍はそのまま

外国人と結婚しても国籍が必ず変わるというわけではありません。男性は基本的にそのまま(日本国籍)ですし、女性も中東のイスラム教国など、極端に女性の地位が低い国でなければ日本国籍のままです。

 

当然、ハワイはアメリカ合衆国ですから、結婚しても日本国籍のままになります。夫はアメリカ国籍、妻(自分)は日本国籍のままですね。

ただし、生まれた子供は一定の年齢になると(日本の場合22歳)、両親どちらの国籍か選ぶことになります。それまでは両方の国籍ですね。細かく書いていくと法学部の授業になってしまうのでこの辺で。

 

つまり、父親:アメリカ国籍、母親:日本国籍、長男:日本国籍、長女:アメリカ国籍、みたいなことも起きうるということです(国籍選択(どちらを選ぶかは)は子供本人の意思によります)。

 

市民権と永住権

では身も心もアメリカ人になりたい、ということはできないかというとできます。
アメリカの場合「市民権」と「永住権」というものがあり、簡単に言うと

市民権:国籍を変えてアメリカ人になる(帰化する)
永住権:日本国籍のままアメリカで生活できる(夫が亡くなったとしても)

ということです。

 

当然、市民権を得るとアメリカ人ですから、日本国民としての権利(選挙権等)はなくなり、逆にアメリカ国民の権利を得ます。当然、義務もアメリカ国民としての義務が課されますのでご注意を。

ハワイ婚活では、アメリカへの「永住権」(別名『グリーンカード』)の取得を前提に話を進めます。結婚後3年経つと、市民権(帰化)の申請ができますが、それは本人の問題になります。帰化は前提ではないので安心してください)

それでは具体的なハワイでの婚活について紹介していきたいと思います。

ピックアップ ハワイで婚活パーティーエクシオ


上記の通りハワイ好きのパーティーをエクシオは開催しています。日本人どうしや日系の出会いが主流ですが現地にいくついでに、ハワイでの出会いも期待でき、同じ趣味の友人も増えるかもしれないので普通の婚活パーティーとはまた違った感覚を味わえるかもしれないですね。

 

⇒エクシオの公式ページへ

 

ハワイで結婚するためのおススメ婚活6選

EMCLUB

http://www.emclub.net/ 
ハワイ在住のアメリカ人男性との結婚をサポートする結婚相談所になります。

@希望に合った条件の男性を紹介します

 

A双方がOKならばハワイかアメリカでお見合いをします(つまり女性が現地へ行きます)

 

B交際は各自で行います。男性が日本に来ることもあるでしょうね。

 

C結婚の意思が固まれば成婚となります。

費用

費用はドル換算になります。また、サービスによって複数のコースがあります。

 

登録しているハワイの男性は、日本円換算で年収1000万円以上の人が多く在籍しています。

 

会費総額

$5,500〜$1,800、つまり20万円〜60万円くらいかかると思ってください。その他都度払いのコース(紹介されたら費用発生)もあります。紹介=お見合い成立ではないので注意してください。

 

特徴

  • 徹底したサポート(専任担当者が相談に乗る)
  • 結婚後の永住権取得などの手続きもサポート
  • 男性会員のスペックが高い(医師、弁護士、パイロットなど高収入)
  • アメリカ国籍ないしアメリカ永住権を持っている男性のみ
  • 男性の身元調査を徹底している

つまり、いざ結婚したら相手はアメリカ人ではなく、ハワイに永住することができなかった。夫の本国へ帰ることになってしまった、ということがない、というわけですね。

 

日本人や日本への理解がある親日家ばかりだそうです。

マッチメイキング・ハワイ

http://matchmakinghawaii-jp.com/
こちらも、日本人女性とハワイ在住のアメリカ人男性の結婚をサポートする結婚相談所です。大きなシステムは「EMCLUB」と同様です。

 

特徴的なのは、ハワイ在住の日本人女性も大丈夫だということ、実際にハワイで会う前にEメールやSkypeなどで男性とやり取りができるということです。大金を出してお見合いに行ったが、すぐに断られてしまったというリスクを減らすことができます。

 

費用

やはりドル建て換算で、基本料金($500)に加えて、詳細される男性のステータスに応じた都度払いになります。

 

紹介される男性

スター会員(年収2500万円以上) 1人当たり+$300
ムーン会員(年収2500万円未満) 1人当たり+$250
スカイ会員(年収1200万円未満) 1人当たり+$200
ベーシック会員(年収600万円まで) 1人当たり+$100

 

その他、一定のレベル以上の男性の紹介を保証する「定額コース」もあります

 

例えば

 

「ダイヤモンド会員」$5,500
ムーン会員様7名、スター会員様3名紹介
その他完全サポート付き

約60万円で10人の紹介、これをどう考えるかでしょうね。

 

特徴

  • メールサポート(1年間36回/月3回まで)
  • メールでの紹介(
  • 恋愛カウンセリング(スカイプ・電話・オフィス)
  • エゴグラム(心理テスト)を利用したアドバイス
  • 独自の「I-Radarシステム」による恋愛偏差値の測定と分析

EMCLUBが相手の男性の質を保証する傾向にあるのに対して、マッチメイキング・ハワイはハワイの男性と結婚できるように、女性側の「婚活力」を上げるプログラムが充実していると言えるでしょう。

 

いくらお見合いできても、そこでうまくアピールできなければダメですからね。

ハワイ・マリッジ

http://www.hawaii-marriage.com/
婚活パーティーの大手「エクシオ」(エクシオジャパン)が運営する、ハワイでの結婚をサポートする結婚相談所になります。

 

会社側主導で、旅行会社と相談してまずハワイへの渡航計画を立ててハワイに行ってもらいます。そこで会社が選んだ3名〜5名の男性とお見合いをするという流れです。

 

必ずしもこちらから選べないこと、また日系企業に駐在の日本人やアジア系など必ずしも、現地の人や白人ではない人とお見合いをする可能性があるということです。

 

ハワイに永住したいという希望がかなわない可能性があるのが、上の2つの結婚相談所とは決定的に違うところです。

 

費用

[入会金] 280,000円(税込)
[成婚料] 100,000円(税込)

 

+都度の渡航費ですね。

 

「ハワイと縁がある人と結婚したい」くらいの感覚でいて、現地の方でハイスペックな男性と出会えたらラッキー、くらいの感覚でいるといいかもしれません。

ハワイアンブライダル

http://www.msbridal-japan.jp/hawaii/index.html
東京丸の内に事務所を構える結婚相談所のサービスの1つになります。現地のハイクラスな男性とお見合いができますが、費用は結構高めになります。

 

現地男性の年収によって

スタンダードプラン(男性会員年収7万ドル〜8万ドル未満の方を紹介)

デート1回 35,000円
デート3回 96,000円

 

ダイヤモンドプラン(男性会員年収8万ドル以上の方ご紹介)

デート1回 45,000円
デート3回 115,000円

 

など差があります。詳細は相談所に問い合わせてみてください。日本の会員はかなりハイクラスの人が多い結婚相談所のようです。

日本仲人連盟(NNR)

http://www.nakodo.co.jp/
IBJなどと同じ「仲人型結婚相談所」なのですが、オプションとして国際結婚に特化したコースがあります。こちらは、国際結婚を希望する女性向けというよりも、国際結婚を希望する男性向けのプランになります。もちろん、普通の日本国内での日本人との結婚を希望する人の結婚相談所だけでも使えますし、そちらがメインです。あくまで「オプション」です。

 

ハワイに限定してはいませんし、メインは中国や東南アジアの人ですが、中にはハワイの人もいる可能性があります。

 

費用

男性が国際結婚したい場合

女性に一切負担をさせません。現地への渡航費用、お見合い代、食費、交通費等、自分+女性にかかる費用を全て負担します。合わせて、成婚料も通常の(日本人)のケースの10倍(!)になります。

 

HPでは350万円と書いていますが、それだけでは足りない可能性もありますし、パスポート費用等は別、また、NNRへの入会金などは別途支払います。

 

女性が国際結婚したい場合

男性の場合とは違い、基本的に折半します。HPには120万円と書かれています。ハワイの男性がいるかどうかは分かりません。

 

・・・要は、このコースは通常の婚活ではどうにもならない男性が、(主にアジアの)外国人女性でもいいから結婚させてくれ!という悲痛な声に応えたもののようです。日本国籍を得ていい暮らしをしたい外国の女性と「WIN-WIN」になるから成立するものなので、「ハワイの人と結婚したい」だとリスクが高いかもしれません。

もし考えている場合は、事前にNNRの人とよく相談してください。

USマッチドットコム

婚活サイト「マッチドットコム」の英語版です。日本語版に登録している外国人は、日本人と結婚したい日本語ができる日本在住の人がほとんどですが、英語版ならば外国に住んでいる人が基本です。

 

つまり、ここに登録して「ハワイ在住」で検索すれば、ハワイに住んでいて結婚したい人が見つかります。これならば、日本の男性もハワイの女性と結婚できるかもしれません。
求められるのは英語力と将来のプラン。日本人とは結婚したくない、考えていない人もたくさんいますから通常の婚活サイト以上に苦戦は仕方がないかもしれません。

 

ただし、上で書いた結婚相談所以外で探すとなるとこれしかないように思います。また日本の男性がハワイの女性を探したい場合は、実質これだけにあるかもしれません。もし、英語力に自信があるならば、USマッチドットコムに登録してみるのもいいと思います。

以上がハワイで婚活する方法の6つでした。

 

ただ、本当に本気で結婚してハワイに移り住みたいと思っている場合、最初の2つ「EMCLUB」と「マッチメイキング・ハワイ」なのかなと思います。

 

ハワイで婚活!テクニックとオススメ婚活サイトと結婚相談所 まとめ

ハワイで婚活まとめ

 

  • 基本的に日本在住の日本人女性とハワイ在住の現地男性の結婚をサポートする
  • 渡航費用などは自分で支払う
  • ハワイには高スペックな男性もいて個別に紹介される
  • 結婚しても日本国籍のままでいられる
  • 婚活する方法はいくつかあるが特に「EMCLUB」と「マッチメイキング・ハワイ」がおススメ
  • 男性の場合、「USマッチドットコム」などで辛抱強く探すしかない
  • 日本人男性に特化したハワイ婚活サービスはない

 

⇒まだ結婚してない!って人は外国人と出会う方法も解説中

婚活サイト&アプリ 結婚相談所
婚活パーティー 街コン・合コン

アラサー婚活ランキング アラフォー婚活ランキング
再婚婚活ランキング 恋活ランキング