女性のメール術 男性を虜にするメールの駆け引き

百人一首にはたくさんの愛が詠まれています。
はるか昔から愛を言葉に乗せて届ける習慣があったのですね。 時は移り、現代ではメールと便利な機能が使われています。 しかし人の心は時空を超えた共通性があります。

平安時代の女性は短歌を気持ちの駆け引きを道具として上手に使っていました。 現代に生きる女性たちは、メールでそんな駆け引きをしているのでしょう?

メール

目次
1可愛い少女を演じる
2知的なオトナをアピール
3落ち込んでいる姿を想像させる

可愛い少女を演じる

最初は無邪気な少女のように、肩の凝らない軽い内容を送ります。
食べて美味しかったもの、職場で起こったちょっとしたハプニング、飼っている動物のエピソードなど、楽しげな文章を短めに。

そして「この前話題のカフェの前を通ったけれどカップルで満席だった。 ひとりで入るのは寂しいから誰か一緒に行ってくれたらいいな!ぁ」などという、さりげなく相手が誘いやすい、また自分が誘いやすい一文を盛り込むことを忘れません。

彼の得意そうな分野の質問を混ぜるとスルーできる男性は少ないので高確率で返信が期待されます。

この段階で「じゃあ一緒にいってみようか」となることも多いんですよ!

知的なオトナをアピール

次の段階では少しオトナの部分を見せます。 一人の人間としての感じ方、生き方、仕事に関する姿勢などを、媚びずにサラッと送ってみせるのです。

可愛い少女を演じたメールとのギャップを感じさせることが狙いですが、送られた男性は「どっちの顔が本当の彼女なんだろう」と興味を抱くに違いありません。

「前から見たかった景色をひとりで見てきまし た!」などと言われたら、誘ってくれたらよかったのに!と、思わず言ってしまいませんか?

落ち込んでいる姿を想像させる

頃合いをみて、今度は突然落ち込んだ様子の憂いをおびた、静かなトーンの文章を送ってみます。

可愛らしく、大人っぽく、そしていつも明るい彼女の元気がないとなると、気にならない男性はいません。
「何かあった?どうした?」と気になり、思わず駆けつけてしまいたくなることでしょう。

メール

いかがでしたか?
送信する文章にはどれも男性の気を引くキーワードが隠されています。
何気ないようで実は深い計算がされているのです。 でも、こんな細かな駆け引きのメールを送るのは、それだけあなたに振り向いてほしいということ! 女心、気付いてあげてくださいね!