40代、50代!中高年でも婚活したい!婚活のすすめ

孤独と戦う中高年の婚活におすすめのヘッダー

50歳が近づくと「老後」という言葉が現実のものとして意識されてしまいます。
定年退職したとき、年金をもらい始めたとき、配偶者も子供もいないという事実は辛く、孤独で胸が締め付けられそうです。

この時点までに状況を改善して、支えてくれる人や家族を持つためには婚活しかありません。
今回はアラフォー以降の婚活とその戦略について考えます。人生の残り半分をさらに輝かせるためには、やっぱり結婚した方がいいです!

結婚で得られるもの

まず中年、シニアの結婚で得られるものについて考えます。

第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所によると、結婚のメリット(「図表Ⅰ-1-6 調査別にみた、 各「結婚の利点」を選択した未婚者の割合」)として以下の項目が挙げられています。

男性

中高年の結婚のメリットグラフ

  • 子どもや家族をもてる 35.8%
  • 精神的な安らぎが得られる 31.1%
  • 親や周囲の期待に応えられる 15.9%
  • 愛情を感じている人と暮らせる 13.3%
  • 社会的な信用や対等な関係が得られる 12.2%
  • 経済的に余裕がもてる 5.9%
  • 生活上便利になる 4.6%
  • 親から独立できる 4.0%
  • 性的な充足が得られる 1.6%

女性

中高年の結婚のメリットグラフ

  • 子どもや家族をもてる 49.8%
  • 精神的な安らぎが得られる 28.1%
  • 親や周囲の期待に応えられる 21.9%
  • 愛情を感じている人と暮らせる 14.0%
  • 社会的な信用や対等な関係が得られる 7.0%
  • 経済的に余裕がもてる 20.4%
  • 生活上便利になる 2.6%
  • 親から独立できる 6.7%
  • 性的な充足が得られる 0.2%

男女で傾向は少し違います。「家族が欲しい」ということは共通していますが、配偶者から得たいものは男性は「精神的な安らぎ」、女性は「経済的な安定」なのかもしれません。
これは収入の男女差にもよるのでしょう。

ただし、アラフォー以上の中年婚活の場合、孤独の辛さがあり、また、この年齢ならば結婚で親から独立や社内での信用はあまり関係ないと思います(結婚要素を抜きにして地位は確立しているはずです)。


一方でこういうニュースもあります。
「一度も働いたことない40~50代大卒娘」を抱えた高齢親が増加中

女性について述べていますが、男性も同様です。
親がいるうちは無業、ニートでも生きていけますが、親が亡くなれば社会的に即死です。「不良物件」を結婚して引き取りなさい、というわけではありませんが、結婚して生計を一つにすることで生きていけるかもしれません。

まぁ、そういう人は「婚活」をすることもないと思うので、本記事も読まないと思いますが、中年独身者の場合、単に安らぎとか「温かい家庭」だけではないもっと切迫した事情を抱えるケースもあるということです。

中年からの結婚は難易度が高い事実

中高年で結婚確立が下がるイラスト
「35歳を過ぎると3%しか結婚できない」という噂がありますが、これは事実ではありません。
五年に一回実施している『国勢調査』などをもとにまとめるとこういう数字になります。

25歳~29歳の人が5年以内に結婚できる確率

男性34.5%
女性43.0%

30歳~34歳の人が5年以内に結婚できる確率

男性26.3%
女性29.3%

35歳~40歳の人が5年以内に結婚できる確率

男性7.1%
女性9.6%

45歳~50歳の人が5年以内に結婚できる確率

男性3.2%
女性3.5%

アラフォーを過ぎても数パーセント結婚できる可能性はあります。
しかし、50歳になってしまうと「生涯未婚率」(*)の起点年齢になってしまいます。ここから結婚することもありますが、アラフォー以上、アラフィフやアラカンになると相当厳しいと思ってください。

もはや条件がどうこう言っている場合ではないんです。孤独で苦しい老後になるかどうかは今のがんばりにかかっています。

(*)生涯未婚率
50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合のこと。
2015年の国勢調査の結果、男性で23.37%、女性で14.06%となった。
つまり男性の四分の一は生涯結婚できなそう。
孤独に生きて孤独に死んでいく、そういう人が当たり前になる時代が目の前です。
これは良くないです。
孤独に生きたくない人は、温かい家庭を築く権利はあるはずです(もちろん、孤独に生きたい人はそれもアリです)。


アラフォー以上の婚活について留意点

アラフォー以上では結婚できる可能性が大幅に下がるという現実のデータの中で、相手への条件を上げ続けるのは全く得策ではありません。

結局結婚できなかった場合のリスクをヘッジするためにも、大幅に妥協しなさいとは言いませんが、60点あれば結婚を考えてもいいでしょう。

結婚の条件、相手に求めるものに条件を付けて取捨選択しないと、ますます独身をこじらせてしまいます。こじらせて悪化させたら当然結末は悲劇になります。

最初に挙げた「結婚のメリット」ですが、中年(シニア)婚になりますので、必ずしも「子供が欲しい」ということではないと思います。
女性には年齢的なリミットはどうしてもありますからね。


男性も「絶対に子供が欲しい」と言って若い女性ばかりをターゲットにしていてはキモイおやじとして嫌われてしまいますね。


ナイスミドルになればいいじゃないか、と思うかもしれませんが、ナイスミドルになるような余裕のあるお金持ちはほとんど既婚であるということを忘れないでください。芸能人の結婚のような事例は本当に稀なんです。

一方女性も、男性に対して過剰な期待はしないでください。収入が高い人はいるかもしれませんが、メタボだったりハゲていたり、全然女性に対する接し方がなっていない、要はモテない感じの人しか残っていない可能性があります。それでも生きていくためには、結婚して夫の稼ぎを頼りにするしかないかもしれません。

この年まで結婚せずに残ってしまっていることについては、男女ともに「自己責任」として婚活上の不利益は甘受してください。それも自戒したうえで、中年からの婚活でおススメのものを紹介します。

なお、離婚してしまった人や死別した人は、逆にアラフォー以上の中年婚活の場合は「一度結婚できた人」としてむしろポイントが高いです。子連れなのかどうかでも変わってきますが、基本的に以下で紹介する婚活をしていただければ問題ないと考えてください。

中年男女の婚活戦略

ターゲットの選定

中年(シニア)の婚活に当たってはターゲットの選定が重要です。も
ちろん、ハイスペや容姿がいい人狙いもありですがそれだけではうまくいきません。

男性→女性の場合

  • バツイチ
  • シングルマザー
  • 子供がいらないなら年上

あたりも対象にしてください。離婚歴がある人は「一回は結婚できた」わけですので、結婚生活の本当のところも知っていますし、過剰な期待を男性にはしないはずです。女性にいろいろ導いてもらう、でいいではありませんか。

女性→男性の場合

  • 経済的に豊かな人
  • 多少外見が良くない人
  • ハゲやメタボ

イケメンハイスペ、ナイスミドルなどは婚活市場にはまず残っていません。いても離婚歴ありなら、遊び人で捨てられるリスクがあります。

やはり多少モテない感じでも誠実そうな人をここでは選ぶべきです。「生理的に無理!」という人でない限りは一回くらい会ってみてもいいでしょう。


行う婚活の選定

中高年向きの婚活サイトもありますが、本気で結果を出さないといけないわけで、一番結婚に至る可能性が高く、各種証明書の提出も不可欠な結婚相談所が第一選択肢になります。

中高年、シニア限定婚活パーティーは時間とお金に余裕がある場合の「バッファ」と捉えてください。資源は集中的に結婚相談所に投下します。

1.結婚相談所
2.婚活パーティー

で差が開いて

3.婚活サイト
になります。

遊びでは結婚相手は見つかりません。
そこはよく意識してください。

おススメ結婚相談所

それでは当サイトおススメの結婚相談所を紹介します。

楽天オーネットスーペリア


公式/中高年の婚活は「スーペリア」‐結婚相談所の楽天オーネットが運営<

大手結婚情報サービス(マッチング型結婚相談所)「楽天オーネット」系列の婚活サービスです。楽天オーネットは年齢関係なく誰でも入会できましたが、こちらは

  • 男性:50歳~
  • 女性:45歳~

という年齢制限があります。

アラフォーではなくアラフィフからの結婚相談所になりますが、楽天オーネットの実績やノウハウを生かした運営をしています。この年齢制限から「子供が欲しい男性」の入会は排除されます。

孤独は嫌で、一緒に老後を穏やかに過ごしたい中年以上の男女のマッチングをする結婚相談所になります。
楽天オーネットにはないお見合いセッティングサービスもありがたいですね。

茜会


40代・50代・シニア・中高年の婚活・結婚情報なら茜会【公式】

独自の会員組織を持つ中高年・シニア婚活の大手結婚相談所です。「茜会だけの会員」で運営しています。

入会資格は

  • 男性:40代~
  • 女性:30代~

なので「楽天オーネットスーペリア」よりは若く、アラフォーからこちらで婚活できます。
ただし、会社としては50代、60代の結婚サポートに力を入れているのが特徴です

毎月希望に合った会員を紹介し、茜会サロンでお見合いをします。お見合いのセッティングはカウンセラーが行います(IBJに近いシステムです)。合わせて、婚活パーティー多数を開催しています。

  • 月会費:8000円~
  • お見合い費:5000円
  • 成婚料無料

なので、成婚退会時の経済的な負担がないのがありがたいです。ただし、全国各地に会員組織はなくて、事務所があるのが東京、大阪、横浜なのでその近辺在住の方が中心になります。

Msブライダル・ジャパン東京/シニアブライダル


大人世代の結婚相談所 M’s(エムズ)ブライダル・ジャパン 帝国ホテルタワー本店


熟年・高齢結婚を応援する再婚・結婚相談所|シニアブライダル東京

東京丸の内の帝国ホテル近くのタワーに事務所を構える結婚相談所です。
系列には中高年以外にもユニークな結婚相談所を運営しています。

  • ブライダル・ジャパン」:40代~60代
  • シニアブライダル」:60代以上

が対象ですが、会員データベースは共通なので、相互に紹介される可能性があります。
成婚料アリの結婚相談所になります。

東京メモリー・仲人縁結び


中高年の婚活なら結婚相談所【東京メモリー・仲人縁結び】

首都圏を中心に展開する仲人型結婚相談所で、独立した独自の会員データを持っています。検索システムで条件検索をするのではなく、仲人の方からの紹介に基づいてお見合いをセッティングしていきます。

入会条件

  • 男性:40歳以上
  • 女性:35歳以上
  • 入会金:30000円
  • 月会費:3000円
  • お見合い費:3000円~6000円
  • 成婚料:150000円

安い価格で婚活できます。

中小の仲人型結婚相談所

上に挙げた三つの結婚相談所は大手ですが、IBJなどの結婚相談所ネットワークに加盟する中小の結婚相談所で、中高年に強いところに入るのもありです。筆者はIBJの会員だったのでわかりますが、50代、60代どころか80歳を過ぎた人も入会しています。

ベテラン仲人の尽力と長年築き上げたド孤児のネットワークで孤独な中年を結婚まで導いていきます。

仲人型で検索上位のところを3つ挙げておきます。

1.B*zelm


50代・60代からの出会い | 結婚相談所ブライダルゼルム【東京・銀座】/a>

2.結婚相談NPO「ブライダルサポーター」(※)


結婚相談NPO ブライダルサポーター

※IBJのデータを使用しない「昔ながらの結婚相談所プロジェクト」(中高年限定)もあります。(紙ベースのやり取りです)

3.結婚相談所アイビジョン


シニア・中高年・熟年結婚支援サービス | 結婚相談所アイビジョン

ほかにも「結婚相談所 中年(oシニア)」で検索するとお近くの結婚相談所が出てくるはずです。一度相談に行ってきてもいいでしょう。

結婚相談所ではなく、婚活パーティーを行っているところですが
いくつになっても恋したい!シニア世代の出会いをサポート | シニア婚活なども検索すると見つけることができます。

辛い老後を送らないためにも、苦しい生活から逃れるためにも、是非婚活をしてください。
結婚できないマイナスよりも結婚した後のプラスの方がはるかに大きいはずです。


辛い孤独な中年男女でも結婚!苦しい老後に向けての婚活のすすめと戦略 まとめ

  • 中年になると独身者が結婚できなくなるのは事実
  • 結婚して支えあわないと老後が辛く苦しいものになってしまう
  • 中年未婚非就業者が孤独死する危険が今後発生する
  • 相手の表面だけ見ずに我慢できるところは目をつぶることも結婚には必要
  • 経済的な辛さから逃れるための結婚でもいい
  • 男性は結婚相手を「若い人」に固執しない
  • アラフォーからの中年婚活は「結婚相談所」をメインにする
  • シニア、中年婚活専門の結婚相談所も多い
  • 結婚し孤独ではなくなるのが最大のメリットである
あわせて読みたい!